細切れに秋を愉しむ

秋も深まってまいりました。

このごろは仕事に忙殺されて、せっかくの美しい秋を堪能出来ておりません。

事務所に籠る日が快晴だったりすると、恨めしく思ってしまいます。

そんなときは、シーツとか、カーテン、ソファーカバーなどの大物を洗濯してカラッと乾かす!という大仕事を自らに課し達成感を煽ってみたり、テラスに出て外気に触れ、深呼吸してストレス解消しています。

遊びに出掛けられないけれど、そこは自営業の特権で、隙間時間や移動時間などにちょっとした楽しみを見つけられなくもない。

 

移動中に少し立ち止まって一呼吸。秋の美しい光を受け輝く山、川の流れは夏と違い穏やかで見ていて癒されます。少し色付き始めていました。

 

そしてもうひとつ。造園業という職業の特権も。

現場はもちろん、材料屋さん、視察場所、お客様宅など、行く先々にはたいてい植物があり庭があり自然があります。仕事の緊張感は伴うけれど、それぞれに秋を感じられます。

先日は、とあるお客様宅で素敵な秋のおもてなしに感激しました。

栗の生菓子をいただき、更に、ご亭主がお抹茶を点ててくださったのです。

茶筅を振るときの所作や、久しぶりに見る抹茶色、お茶碗に浮かんだふんわりクリーミーな泡・・・美しいなぁとしみじみ思いました。

 

男性がお茶を点てる姿も素敵ですね。久しぶりにいただくお抹茶、とっても美味しかったです。栗のお菓子も秋を感じられて、すごく贅沢な時間でした。

 

お抹茶をいただきながら、話題は映画「日日是好日」の話になりました。ご亭主が茶道を学ぶキッカケのひとつとなった映画らしいです。

「日日是好日」は森下典子氏の同名エッセイを映画化したもので、茶道を通じて季節の素晴らしさと生きる喜びが静かに描かれた作品です。樹木希林さんの遺作としても知られています。

私はおそらく公開翌年の2019年に見て、その流れで原作も読みました。

それから昨年秋に発売された映画の制作秘話「青嵐の庭にすわる」を読んで、また映画を見返し原作も読み返して、またまた「青嵐の~」を読み返し、映画を見ては原作を読んでと、かなり沼っていたのは今年の初めくらいだったか。

美しい映像、素敵な所作や室礼が存分に味わえます。それに加え「そうそう、季節って、植物って、そうなのよ~」と共感する部分が多く、それを文章や映像で堪能できる3作なのです。皆様にも是非セットでお楽しみいただきたいです。

この作品のことを語れる相手が身近にいたなんて、と嬉しかったです。

 

これはいつぞや夫から。栗と餡の洋風どら焼き。栗のお菓子は年中あるけれど、秋に食べるのが一番美味しいですね。

 

そういえば、うちにもお茶碗と茶筅、茶匙だけはあります。

茶道の心得は全くないのですが、お抹茶飲みたさで、たまになんちゃって点前をしています。最近はそういえば使ってなかったなと思い出しました。

久しぶりに自分でも点ててみよう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください