七夕の室礼に願いを込めて

明日は七夕。

新暦では梅雨末期ですから晴れた夜空は望めない。残念ながらこのあたりは明日も雨予報です。

それはともかく。

七夕の室礼にと「乞巧奠(きこうでん・きっこうでん)」に因んで、五色の糸を玄関に飾りました。

有職造花のデザインを参考にして作ったものです。

実は昨年作ったもの。気に入っているので再登場です。

 

乞巧奠とは
中国古来の風習で、織女星が養蚕や糸、針の仕事を司る星と考えられ、機織の上手な織女にあやかり、特に女子が手芸に巧みになることを願った行事です。乞巧奠は機織だけでなく、日常の針仕事、歌舞や音楽などの芸事、そして詩歌や文字の上達を願う行事へと発展していきます。笹竹を立てるようになったのは江戸時代に入ってから。 五色の短冊に詩歌を書き、手習い事の上達を願う習俗が生まれました。

室礼三千のサイトより抜粋)

 

ものづくりや手仕事が好きなので、暇をみつけては何か手を動かして作っています。

長年やっていると要領は大体分かるんですが、上手く出来るかは別問題。上達するといいなって思います。

それでも「下手の横好き」とはよく言ったもので、こういうことには、本業でないのに時間を忘れて熱中してしまいます。趣味にする程ではないし、それについて詳しくもなければ、上手でもない、でも好きなんです。

完成したものは、見た目がイマイチだったり、見えない部分が雑だったりするのですが、自分好みではあるので愛おしくて。

 

++++++++++++

 

最近の手芸作品は、ルームウェアワンピース。

夏にぴったりの布が手元にあったので作ってみました。パジャマとして着ようかなと思って。

作っている途中に気が付いてしまったのですが…全く似合わない!

可愛い系は似合わないって分かっていても「着心地がラク」「これなら作れそう」という点に目が眩んでデザインを選んでしまって。

結局、姪が着てくれることになり、着丈を変更。なんとか仕上がりました。

 

肩にたっぷりギャザーの入ったワンピース。サラッと軽い生地だし、着ていてラクかなぁと選んだデザインでしたが。

後ろもギャザーがたっぷり。アクセントに細いベルトも作りました。姪にはぴったりでした。

 

作っている過程が楽しいので、それでもいいんです。可愛く出来て、満足、満足。

次なに作ろうかな?

 

 

夏におすすめ簡単デザート

コロナ渦の自粛生活中はホームメイドスイーツが流行ったようで、バターや生クリーム、ホットケーキミックス、イーストやゼラチンなどスイーツ材料が売り場から消えてしまいました。最寄りのスーパーでは、未だにバターやイーストが買えない日があります。

そこで、最近は普通に冷蔵庫にあるものや、手に入りやすい和の材料(黒糖、きな粉、小豆など)で、ホームメイドスイーツを楽しんでいます。

ヒットだったのが「ミルクもち」

材料は片栗粉と牛乳、砂糖だけで、作業時間15分程のお手軽スイーツです。

冷蔵庫でしっかりと冷やしてからいただきます。

 

蒸し暑い日にぴったりの癒しのデザートです。

 

ミルクもちは、モチモチとツルンの間くらいの触感。この日のトッピングはきな粉と黒蜜に餡子です。

 

参考にしたレシピはコチラ→外部サイトへ

あれば何かと活躍する黒蜜と餡子も手作りです。

小豆は水で戻す必要がなく、そのまま煮て最後に砂糖と少しの塩で味付けするだけ。黒蜜に至っては黒糖をただ水で煮溶かすだけ。隙間時間にちゃっちゃと作れるものばかりです。

これらを市販のバニラアイスにトッピングするだけでも、目先が変わって美味しい。

 

頂き物のお手製フルーツケーキ。さっぱりふんわり口当たり良いのはクリームに水切りヨーグルトが入っているから。一切れで大満足の美味しさ。贅沢だ~♡

 

いつも夕食は腹6分とか7分で済ませ、デザートタイムに突入します。

チョコレート数かけ、市販のアイスクリームだけと、お口直し程度の日も多いけれど、たまに夫の出張土産や頂き物、ホームメイドスイーツが登場します。

そんな日のデザートタイムは一応それらしく、空いたお皿やお茶碗をひとまずシンクに移動させて、テーブルをリセットしてからいただくように。

一日のご褒美のような時間です。

まめとかではなく、要は自分が食べたいだけ、デザートを作る面倒を食欲が凌駕しているのでしょう。

 

 

夏越しの大祓-2020

水無月の晦日といえば、夏越しの大祓。正月から半年の間の穢れを祓う神事です。

今年はコロナのこともありますし、例年よりも更に神妙な気持ちで、近所の神社へ参拝しました。

 

夏越しの祓えは、縁のある沙沙貴神社に。ディアガーデンから車で10分程のところ、安土城跡にも程近い場所にあります。門の向こうに茅の輪が見えます。

 

夏越しの祓には、出来るだけ参拝するようにしています。

年越しの大祓は、主婦業が大忙しな時期ですから、なかなか行けないので、せめて年一度だけでも。

それに、6月に参拝することで、半年の節目になると言いますか、ここで身も心も清らかになったつもりになって、残りの年月をしっかり生きようと思えます。私にとっては、まさに儀式です。

どの神社でも行っておられると思いますが、沙沙貴神社では、自分の身についた罪や穢れ・厄を「人形代(ひとかたしろ)」に移し、それを持って茅の輪をくぐります。

人形(ひとかた)が描かれた紙で、住所氏名を5人分書けるようになっています。ウチには前もって送って下さるので、家族の名前を書き、それぞれ息を3回吹きかけてもらいます。

くぐったあとは社務所に持っていき、初穂料を納めます。直接茅の輪をくぐれない夫は、後で祈祷してもらえる、ということだと思います。人形代って、なかなか便利なシステムですね。

因みに初穂料を納めると「疫神斎(えきじんさい)」という黄色い小さな護符が貰えます。私はこの護符を疫病(いまならコロナかな)除けに玄関にさりげなく貼っています。こちらでは初穂料を沢山納めると色々な護符がいただけるようです。

 

雨の大祓となりました。くぐっている時は傘なしでもギリギリOKだったのですが、次第に降りが強くなって。今年の茅の輪は何故か小さめ。

 

茅の輪くぐりを終えて、少し境内を散策しました。

沙沙貴神社は、「百華園」として季節折々に花が咲く鎮守の森づくりに取り組まれているそうで、前に来た時より花壇の面積が増えていました。

今頃は紫陽花、半夏生や桔梗、姫檜扇、御柳(ギョリュウ)、瑠璃柳などが見頃。どの植物もいい波動を受ける影響か?単に梅雨時期だから?瑞々しく元気いっぱいに茂っていました。

 

本殿裏手の小道。雨に当たって緑が生き生きとして。

 

紙風船のような蕾と、星型の花といえば桔梗です。

 

姫檜扇の花、橙色の鮮やかなこと!薄暗い雨の中、目を惹きます。

 

夏越しの祓のあとは、水菓子「水無月」も外せません。これもまた近所、たねやさんで購入したもの。6月26日~30日だけの期間限定品です。

 

水菓子の水無月は、ただいま冷蔵中。夕食のデザートとしていだだくつもり。楽しみです。

さて、夏越しの大祓が終わると、明日はもう7月。

いよいよ夏本番ですね。

 

 

梅雨の中休み、夏至の日に。

この土日は梅雨の中休み。

見頃を迎えたアジサイは、雨の日、うな垂れてしまいますので、貴重な止み間にじっくり鑑賞します。

 

前庭では秋色アジサイ(マジカル系)を育てています。6月21日時点でこんな色合い。ようやく青っぽくなり始めました。これから徐々に青い花が増えていきます。

 

テラスのアナベル、白が際立っています。

 

白い花は暗くなってからも魅力的。暗闇に沈みがちな濃色と違って白は浮き立って見えます。アナベルの白い大きな花房、白斑入りのムラサキシキブやイトススキ、ヤブコウジなどこの場所には白を集めました。

 

アジサイ「アナベル」昼とはまた違った顔。まだ雨粒が残って瑞々しい。なんて綺麗なんだろう。

 

雨あがり。濡れたタイルが鏡のように景色を映して。

 

++++++++++++

 

前回の梅雨の中休みの日、先週だったか。「彩雲」という虹色に光る雲を見ました。

日暈(ひがさ、にちうん)や月暈(つきがさ、げつうん)はよく見ますが、これは初めてだったので、ちょっと感動。気象的にはありふれた現象のようですが、見ると縁起が良いとか。

 

丸印の中に虹色の雲。虹の切れ端が浮いている感じでした。本当はもっとはっきり見えたけど薄っすらとしか映らなくて。

 

いくら科学が発達しても、気象や暦、天体現象などは変えられないから、不可思議なことはそのままに、畏敬の念を持ちつつ、生きていくしかありません。

珍しい現象に何か期待するのも自然なこと。強く期待するのは変だけど、良きことがあるといいな。

 

++++++++++++

 

空の現象がらみでもう一つ。

今日6月21日は夏至、新月、部分日食が重なった珍しい日でした。

新月の日は身体の「浄化」や「解毒」などするとよく、新しいことを始めたり、願ったりするのにも適していると言われています。夏至や部分日食といった現象が重なると、新月の行いがどのようなことになるのか、実験するのも楽しそうです。

さて何を始める?何を願う?

2020年の前半はほぼコロナ一色でしたが、折り返し地点を迎え、後半は各々の希望が叶えられ充実した日々になるよう、まずは願いたい。

個人的には色々と。

何かを始めることや願うことなしに、実現することはありえないから、最初の一歩のきっかけが今日と言う日。

 

 

梅仕事-2020

今年も梅の実が出回り始めました。

ちまちまと10年程続いている梅仕事。特に理由はないけれど、梅干しの在庫もたくさんあるし、今回はお休みしようと半ば考えていました。

ところが、先月レモン酒を仕込んだ残りのホワイトリカーが1L弱余っていて、何とも使いようがなく・・・。仕方がない、久しぶりに梅酒でも仕込むかと、2Lサイズの青梅を0.5Kgだけ買おうと出掛けました。

そうしたら、梅酒用の青梅の近くに4Lサイズの南高梅が何気に置いてあるではありませんか!4Lってかなり大きいです。いいなぁと思って手に取ったのが運のツキ。熟し始めた甘酸っぱい香りが鼻をくすぐり、あっさり誘惑に負けました。

やれやれ。

「まぁいっか、やっぱり今年も(梅干しを)漬けよう」

 

4Lと立派な梅。1Kgだけ買ってしまいました。仕込む前にしばし飾って姿と香りを楽しみます。

 

材料さえ揃えば、仕込むのはアッいう間。何だったらグダグダ考えている時間より短いくらいです。

今年も紀州梅園さんの「おうちで作る白干梅干レシピ」を参考に仕込みました。ポイントは重し。ビニール袋に水を入れたもので、梅酢が上がると浮いてくる梅を上手い具合に(押しつぶすわけでもなく柔らかーく)押さえてくれます。

この方法でこれまで失敗したことはなく、どうも私には合っているみたい。

 

手前が梅干し、奥が梅酒です。

 

家族が少ないので、仕込むのはいつも2kgまで。

1年寝かしたものをその年に食べきろうと思いつつ、でもまだ手元に2018年に漬けたものが少し残っています。それを見ると、2年も前の実なのに、全く悪くならず、しっとり柔らか。塩の向こうに未だフルーティーな風味さえ感じます。

改めて梅って凄いな、不思議だなって実感しています。

 

 

GWのおうち時間

GWが静かに終わりました。

唯一のお出掛けは・・・食品の買い出しでした。コロナで仕方がないとはいえ、なんとまぁ、です。

で、その買い出しも、以前は、お買い得品で浮かぶ献立をその場で決めてざっくりと買っていました。買い忘れても「別にいっか~、また来よう」という感じで、ものすごくテキトーだったな。

それが今や、最低5日程の献立を事前に考え、買い忘れがないようメモ用紙に書き出し(スマホは菌を持ち帰る可能性があるので紙の方がよいらしい)、空いていそうなウィークデーの昼に一人でササッと行くように。

一気に献立を考えるのは面倒だけれど、諸々効率がいいのは間違いない。電子マネーの活用もして、コロナのお陰で少しは家事のスマート化が出来たかも?

 

++++++++++++

 

GW中のおうち時間、皆様はいかがでしたか?

この辺りは割と天気が良かったので衣替えや寝具替え、インテリアプランツの植え替えなど色々と捗りました。音楽をいっぱい聞いて、映画も見て、本も読んでと、かなりゆっくり過ごせたように思います。

食事も楽しみのウェイトが大きいから、色々やってみました。

 

ある日、スーパーの果物コーナーで国産レモンがお買い得(6個入りが150円!)になっていましたので、12個ゲットして、久しぶりにジャムと果実酒を仕込みました。

 

国産レモンは小ぶりだけどマイルドなお味。皮まで安心していただけます。

 

ジャムに4個、果実酒に6個使って。余った2個は「生絞りレモンチューハイ」にしました。

 

皮は10日経ったら取り出します。爽やかな黄色が可愛いです。

 

++++++++++++

 

さてまた違うある日、綺麗な鯛が並んでいました。鯛の旬は1月~2月だけど、春はたくさん獲れる時期らしくお安い。中くらいのを1尾買って、鯛めしにしました。

切り身でも十分美味しく出来ますが、ここは気分の問題です。

 

軽く炙ってから焚きます。土鍋に丸々入らなくて頭も落とすことに。食卓で焚き上げ、蓋を開ける瞬間が盛り上がります(^m^

 

身を荒くほぐして三つ葉を添えていただきます。出汁がしゅんで美味しくできました。また作ろう。

 

++++++++++++

 

子どもの日は、うちで唯一リモートワークが出来ないサービス業の子も休み。家族が揃ったので、テラスでバーベキューにしました。籠りっぱなしのGWでしたが、庭での食事は気晴らしになって良かったです。

テラスは小さなスペースですが、気が向いたらいつでも寛げるように、色々と考えて作った場所。おうち時間の充実に一役かっています。

 

ダイニングと段差なし&ひと続きのテラスは食器や食材を運ぶのもスムーズです。外用の家具は常に出しっぱなし、生垣などでプライバシーも確保しています。本当に使えるテラスかどうかは、これらの要素が揃ってこそ。

 

GW終盤、テラスDEバーベキューの様子。スタートが夕方だったので防寒対策もして。

 

外食の代わりで近江牛ーっ♪やっぱり柔らかくてしみじみ美味しいな。

 

まだまだ家で過ごす時間がしばらく続きそうです。

ついつい食べちゃいそうなところ、ここらで引き締めていかねば。

 

 

端午の室礼-2020

庭の花菖蒲の葉と近くの畦に生えている蓬を摘んで、端午の節句に因んだ活け込みをしました。

今日は5月5日。奇数が重なる日で五節供のうちのひとつ、菖蒲の節供です。奇数(陽)の重なる日は、めでたい反面、陰に転じやすい・・・そこで、邪気を祓うために、旬の植物から生命力をもらうということで、それぞれの節供には植物が深く関わっているのですね。

人日は七草、上巳は桃、端午は菖蒲、七夕は笹、重陽は菊、というように。

 

今朝の玄関、端午の活けこみです。

 

庭の花菖蒲の葉と蓬、愛想付けにアマドコロを少し加えて。まぁそんなに凝るものではありません。サラリと活けたつもり。

 

本当言うと菖蒲と花菖蒲は別物なので、これで邪気は祓えてはいませんが、玄関に五月の風が吹き込んだかのような涼やかなアレンジになりました。これから夏にかけてはこのように青い葉だけの室礼が増えて参ります。

さて、本物の菖蒲はお風呂にでも入れましょうかね。

 

今日のおやつはやっぱりコレ!柏餅、蓬入りです。

 

年中行事で定期的に邪気を祓っているお蔭か(勝手にそのように思っているのだけれど)心身ともに健康であることに感謝です。

身体のことを見えない何かに頼りきることはあり得ませんが、心には薬もメスも入れられませんので、そういう意味で、禱りやお祓いは安まります。

ひとつ行事を終えるたびに心丈夫になっていくように感じます。

 

 

新緑のディスプレイガーデンにて。

今週は花冷えで、庭に出るのに、いまだ薄いダウンジャケットが手放せません。

それでも植物は次々と葉を広げて、あたりは薄緑に染まっていきます。まだ花はほとんど咲いておらず、ただただ新緑の重なりを楽しんでいます。

本日は、そんなディアガーデンのテラスと前庭をご覧いただきます。

今朝方の空は割と分厚い雲に覆われていて、ときおりその切れ間から差す日差しにタイミングを合わせて撮りました。

まずはテラスから。

ここは、なんといってもモミジが主役。

 

 

新緑のモミジ。この萌黄色のきれいなこと!光が差すと見事なグラデーションに目を奪われます。

 

モミジの足元でティアレア「シュガーアンドスパイス」が咲き始めました。2年目の株です。蕾は薄いピンクですが、咲くと白で線香花火のような花になります。

 

次は前庭へ。

ここは建物の北側にあるので、ほとんど日が当たりません。わんさと花が咲くわけでもないけれど、その分成長がゆっくりで、こじんまりと納まりがいい。

日当たりが悪くとも次々と芽吹いて、見るだけで柔らかいと分かる質感の様々な緑に覆われています。

 

前庭もここにきて一気にボリュームUPした感じ。

 

今、咲いているのは、アマドコロと白山吹です。

どちらの花も緑がかった白。特に白山吹の花の白といったら、なんというか、それはもう清い清い白なのです。控えめに咲いているので、よく見ないとうっかり見逃しそう。

 

12月の初めまで長く楽しめる自生植物アマドコロはそこここに。手がかからないので増えるに任せています。

 

大好きな白山吹。日陰でも咲いてくれます。白い花の中で、この花の白が一番好き。

 

ゴールデンウイークの頃、もしくはそのあとには、シランやオキザリスのピンクの花が一斉に咲き、今とは雰囲気が一変していることでしょう。

季節は流れています。

私たちは、季節を追い抜いて進むことも、逆らって同じ季節に留まることも出来ないのです。それでこうして一瞬の光や、風が作る葉擦れの音に励まされて、またある時は、雨音を静かに聞き入ったりして、自分を慰めたりしています。

そうしているうち、気が付くと季節と共に必ず前に進んでいます。

困難な状況も過ぎ去るのは間違いないのだから。疲れているけれども、私達は流れの中にいるのだから大丈夫。

どうにもならない時は、ジタバタせずにただじっとして、変に頑張ったり追い込んだり落ち込んだりする必要はない、自然に身を任せていいのだって思うの。

 

 

デスクワークのお供に – Virginia Astley

皆様、ご自宅でいかがお過ごしでしょうか?どうしても出勤しないといけない方は、大変なご苦労と葛藤を抱えていらっしゃることでしょう。本当にお疲れ様です。どうかご無事にと毎日祈っています。

私はといえば、いつもにも増して静かに暮らしています。訪ねてくる方はいませんけど、ディアガーデンは一応通常営業中です。濃厚接触を避けつつ時々は現場も行きます。でもほとんどは、自分に出来ることを探しながら、事務所でおとなしく仕事をしています。

ディアガーデンのコロナ対策→コチラ

それで、こんな時期ですから、離れて暮らす親しい方々とのコミュニケーションに役立てていただけらと思い、あるものを作ってみました。なかなかディアガーデンっぽい?仕上がりになったような。その作業が思いのほか楽しくて楽しくて!ここ数日うっかりのめり込んでしまいました。

上手く運べば、近日中にご報告出来ると思います。分からないけど・・・たぶん。もう言っちゃったけどw

でも、どうぞお楽しみに!

 

++++++++++++

 

さて今日は、私がデスクワーク中に流している音楽の中から、おすすめをひとつご紹介します。

Virginia Astley(バージニア・アストレイ)の1986年のアルバム「Hope In a Darkened Heart」

久しぶりにヘビロテしています。坂本龍一さんのプロデュースで日本で最もヒットしたアルバムです。

当時、彼女の歌声は「イギリスの妖精」「フェアリーボイス」などと形容されていた記憶が。天上から降ってくるような穏やかで優しい曲調は唯一無二で、あのころ一体何度聞いたことでしょう。いま聞いても全く古さを感じさせません。彼女の少女のような透き通る歌声にめちゃめちゃ癒されますよ。ひょっとすると寝ちゃうかもしれません(^m^

もう手元に音源はないけれど、今どきは音楽アプリで気軽に聴けるので、本当に有難いです。お持ちの方は、是非探してみてね。

 

アルバムの1曲目、デヴィッド・シルヴィアンとのデュエット曲「Some Small Hope」をYouTubeで見つけました↓

 

ディスプレイガーデンはすっかり新緑で覆われています。

ここ数日の雨のお陰でしょうか?一気に緑になったように思います。

次回はその様子をお見せしまーす。

 

 

足るを知る、今年のお花見

このあたりでは、桜が半分以上散りました。

今年はお花見も自粛。私は、結局、車を走らせながらとか、気分転換のお散歩途中に1度見ただけです。

 

近くにある八幡堀の桜。お堀を散歩しながら鑑賞できる人気のエリアですが今年は静か。この日はウィークデーなので更に閑散として。

 

桜は同じ様に美しく咲くけれど、花の下に集えないし、じっくり堪能できないし、あぁ何でこんなことに…。と、しばらく落ち着かない日々でしたが、その桜が散り始めたことで、そんなジレンマも無くなって、ちょっとほっとした気分です。

変なの。

 

++++++++++++

 

桜と言えば、NHKのBSプレミアムで放送された「令和を彩る京都の桜」という番組がとても良かったです。ご覧になりました?見逃された方は、オンデマンドで18日まで見ることが出来ます。

令和最初の京都の春、醍醐寺や嵐山などスペシャルな桜の景色をたっぷりと2時間、堪能しまくりました。バーチャルだけど、これもまたお花見です。

花も見ずに何のために生きる

普段からそう思う程の私なので、桜の季節は特別なものでした。

でも、今年のお花見はこれで十分だと、今は自分にとって、足るを知るときなんだって思うようにしてる。

 

++++++++++++

 

コロナによるロックダウンで、世界各地で大気汚染が改善しているそうです。思いがけず澄んだ空気を取り戻した地球。これが一時的で終わるのか?それともこれを機に変われるのか?

変わりたい、私は変わりたい。

溢れんばかりの商品や過度なサービス、スピード、考え直してもいいと思います。

自分に本当に必要なものとは何ぞや?