KEEP CALM and ENJOY GARDEN YOGA

テレワーク中の運動不足解消にとヨガをされる方も多いとか。

ヨガに必要な最小の広さは約2平方メートルです。マットが敷ければどこでも出来るし、見様見真似でも身体に効いている感じがするのがいいですよね。

そしてヨガは、私が唯一続いている運動習慣でもあります。はじめたきっかけは、仕事で無理が祟ってギックリ腰になったこと。あんな痛みは二度と味わいたくない、負荷なくインナーマッスルを鍛えられないかと考えていたとき、ちょうど流行っていたのがヨガでした。

それからはや12年以上経過、ずっとDVDを見ながらの自己流だから、全くサマにもなっていませんが、変わらずヨガが好き。これからも庭の工事現場に立ち続けるとしたら、体幹や柔軟性、筋力などは維持しなければなりませんので、ゆるりと続けていきます。

 

++++++++++++

 

5月に入り気温が一気に上昇。庭の緑が目に染みるほどに冴えています。

こんな時期は、テラスに向いた窓を開け放ち、朝の清々しい空気を感じながらヨガをしたら、本当に気持ち良い。呼吸をするたび、伸びをするたびに、身体の細胞が喜んでいる感じがします。

夜にいつも暗い部屋を更に暗くして、じっくりと身体を解すようにやるヨガも格別ですが、こんな風にお日様を感じながらする太陽礼拝がやっぱり一番気持ちいい。

 

五月晴れの朝。窓を開けてヨガマットをテラスに向けて。

 

本当は庭にマットを敷いてやればいいんでしょうけど、日焼けや後片付け、埃やらも気になるので、上の画像のようにギリギリのところまでマットを持って行ってやっています。

それでも空は見えるし、鳥の声が聞こえたり、木漏れ日などもチラチラと見えますから、ほぼ外にいるのと変わらない。

実は以前にも実家で同じようなことを↓

 

これは2016年に撮った私の実家でのヨガ風景。マットを前栽に向けて行いました。床が自然素材の畳だから、更にリラックスできます。

 

元々、ヨガは川のほとりのように大地のパワーを受けやすい自然に囲まれた場所、もしくはそれに近い場所で行うのが良いとされています。庭はそれに近い場所っていうのに当てはまると思います。「庭ヨガ」なんて言葉もあるくらいだから。

 

++++++++++++

 

皐月、山吹、花水木、藤、薔薇、初夏は色々な木が花盛りです。

ディアガーデンでは、前庭に面した道路植栽の皐月が満開。もう少しすると皐月と同じ色の紫蘭やオキザリスが咲いて、エゴの木の花も咲いて。

 

KEEP CALM(落ち着いて・冷静に)。私は庭ヨガと庭仕事を楽しもうと。そしてこの眺めはディアガーデンの事務所から見た皐月。濃いピンク、薄いピンクが混植されています。

 

今年のGWを我慢ウィークと言った人がいます。なるほどね。

でも、自宅の庭を愛でるのは、自宅で庭仕事をするのは、有難いことに制限されていません。

この季節を楽しもうではありませんか。

 

 

LINEスタンプに「ディアガーデンの庭日和メッセージスタンプ」が登場!

 

ディアガーデンオリジナルのLINEメッセージスタンプが出来ましたのでお知らせします。

 

新型コロナウィルス感染防止対策で外出もままならないこの頃。

親しい人にもなかなか出会えない状況の中、コミュニケーションに役立つ楽しいツールになれば、と作ってみました。

どうぞご利用ください♡

 

スタンプ概要

「ディアガーデンの庭日和メッセージスタンプ」

庭仕事や庭でのハッピーなシーン、庭に住むかわいい生き物たちなどを描いたディアガーデンならではのスタンプです。

販売開始:本日 2020年4月26日(日)0:00~

販売価格:100コイン/250円(16スタンプ入り)

LINEアプリ内のスタンプショップ または LINE STORE にてご購入できます。

https://line.me/S/sticker/11528971

 

++++++++++++

 

ところで皆様「メッセージスタンプ」ってご存知でしょうか?

LINEが2020年03月30日にスタートした最新系スタンプで、なんと!スタンプに、自分の好きな文字を入れて送ることができるのです。

まるで普段のメッセージを送るように、スムーズにスタンプを送信することができちゃう。もはやスタンプとは言えない⁈なんてことも囁かれていますがw

ひとつのスタンプで色々なメッセージを送ることができます!カードのように使っても。

 

16個全てマブチの書き下ろしイラストです。

モデルになったのは、ウチの看板犬だったコーギーや、よく遊びに来てくれたオカメインコ、庭で見るカエルやトカゲ、蝶々、憧れのガーデナーさん、私の愛用道具、などなど。

 

スタンプの原画。お絵描きソフトやペンタブを持っていないのでやっぱり手書き。水彩と色鉛筆で着色しています。

 

いつもお庭の図面やイメージパースを描いているので、絵を描くことは好きなのですが、なんせ初めて作りましたので、いたらない部分もあるかもしれません。

でもそこは笑って!何とかうまく使っていただけば嬉しいです。←丸投げ(^^;

 

++++++++++++

 

そして、そして。

ディアガーデンのお客様限定の特典もご用意しました!

 

自由に行き来ができるようになった暁には、ワークショップを開催したいと計画しています。

開催の折には改めてご案内いたしますが、ご来店の際に、スマホ等の画面で確認させていただくだけで、参加費よりスタンプ代金をお値引きいたします。

実は、初めは大それたことを考えていたのです。友達追加でスタンプ無料ダウンロード、というのをよく見ますでしょ?ディアガーデンはLINEオフィシャルアカウントもあることだし、もしかして同じように出来るかな?と。

それで、色々調べてみますと、相当な費用(何百万円とか何千万円とか)がかかることがわかり、到底無理だと断念しました (*_*;

その代わりといっては何ですが、この特典を思いつきました。よろしければ、合わせてご利用くださいませ。

 

 

オンライン相談 予約受付中!

 

New Nomalの波を受け、庭作りにおいても柔軟に対応させていただきたく、オンライン相談のご予約を受け付けます。

オンライン相談とは、お手持ちのPCやタブレット、スマートフォンなどを利用して、ご自宅から出ることなく、安心して気軽に相談していただける仕組みです。

専用アプリ「Zoom(ズーム)」を使用します。

小さなお子様がいて時間的にタイミングが合わせにくい、また遠方で移動が大変といった方にとっても、メリットが多いかと存じます。

ウェブミーティングやテレビ電話に慣れていない、という方には、丁寧に説明しながらゆっくり進めて参ります。どうぞご安心ください。

 

 

オンライン相談の例

これまで対面で承っておりましたご相談も、オンラインでお気軽に。是非ご利用くださいませ。

〇お庭づくりのお打合せ

  • 提案書や見積書等の資料についての簡単なお打合せ。
  • お庭や植物に関する疑問点やお悩み相談

また

〇頼むかどうかわからないけれど一度話を聞いてみたい、と言う方もどうぞ。

  • おうち時間を充実させるのにお庭づくりをはじめたい。どんな風にはじめれば?
  • ディアガーデンの庭づくりの流れを知りたい。
  • およその金額は?
  • 出来れば顔を見ながら相談したい などなど。

※その後の営業メールや電話等はいたしませんので、安心してご相談ください。

 

 

オンライン相談の申し込み方法と流れ

  1. 下記「オンライン相談申込みフォーム」に必要事項をご入力の上、お申し込みをお願いします。
  2. 受信後ディアガーデンより、日時や当日のタイムスケジュール、参加方法等を記載した案内メールを送信します。
  3. ご予約日の前に「Zoom(ズーム)」の招待メールをディアガーデンより送信します。
  4. 招待メールに記載のアドレスをクリック、またはミーティングID・パスワード・URLを用いてログインし、オンライン相談が始まります。

 

  【注意事項】

  • お申込みを頂いた方(ご家族)のみ1対1の参加が基本です。
  • パソコン・スマートフォン・タブレット端末等をWi-Fi環境下など、通信状態の良い場所にてご用意ください。
  • 視聴環境により、アプリのダウンロードが必要になることがありますので、事前にご準備をお願いいたします。
  • イヤフォンの着用をおすすめします。
  • 使用するスマホ・パソコン・タブレット、インターネット環境はお客さま自身でご用意ください。
  • オンライン相談会のご利用時にかかる通信料はお客さまのご負担となります。
  • 当日の通信環境の状況により、ご相談を中止・延期させていただく場合がございます。予めご了承ください。

 

 

オンライン相談申込みフォーム

 

++++++++++++

 

「ZOOM(ズーム)」はアプリのダウンロードなしでご利用いただけるサービスですが、専用アプリをインストールすることで、通信環境が安定しますので、アプリのご利用を推奨します。

※専用アプリは無料です。

ZOOM(ズーム)ホームページ

  

 

 

在宅勤務の工夫

3月31日付けで、ディアガーデンのある滋賀県でも、新型コロナウィルス感染拡大が広がっている県への不要不急の往来の自粛要請が出ました。合わせてテレワークや時差出勤、在宅勤務など働き方の工夫をするように、また若年層への注意喚起なども。

昨年までは思いもよらなかった急速なテレワークへの流れの中、強制的に切り替わった方々は、日々ご苦労なさっていることとお察しします。それでも通勤から解放されて時間に余裕が出来る、暮らしや家庭で新たな気づきがあったりと、効用も大きいのではないでしょうか。

私自身は、ご存知のように在宅勤務です。ディアガーデンを創めた当初からずっとですから、もう17年近くになります。

創業当時は一軒家を借りていて、部屋が余っていましたので、他所に事務所を借りるなんて全く考えず、当然のなりゆきで在宅勤務となりました。そのあと、自宅を新築し、その一角に事務所を作り、今に至ります。

 

++++++++++++

 

在宅勤務を長年続けてきて、一番難しいのと思うのは、ON/OFFのメリハリをどうつけるか?環境をどう整えるか?です。

ON/OFFのメリハリは、私の場合、時間で区切ることは難しい。繁忙期なら昼夜問わず働いてしまう性分で、夜ソファで寛いでいても、いいアイデアが浮かぶと事務所に直行してしまう。逆に、仕事の合間に家事をした方が効率的な場合もあります。ただ、朝だけはルーティーン化して、クリーンな環境にリセット後、仕事に入れるようにします。時間の区切りで、唯一切り替えが出来るのはその時かしら。

メリハリをつけるのに、私に一番合っているのは外見を変えること。

服装は、一応ホームウェアというんですか?あまりに寛いだ雰囲気のお洋服は着ないように心掛けています。帽子やサングラスをつけてバックを持つと出掛けられるような・・・そんなコーディネートを心掛けています。色はカジュアルでもきちんと見えるネイビーが多めかな。

朝、着替えたら、顔や手に日焼け止めのクリームを塗るだけでメイクはしません。髪を整えたら、きらっと光る小さなアクセサリーを付けます。

自分にとって快適だけど、程よく緊張感のあって気分も上がるような、そんな外見にすることが、在宅でも仕事モードに入るスイッチかなと思っています。アポなしの来客も、この程度整えておけば、何とかなってるかなと。すっぴんだけど、気にするのは自分だけなので、まぁいっか、です。

 

3年前になりますか、今更どうかしら?と迷いつつ思い切ってあけたピアスホール。これが良かったです。軽いし、付けると少し輝きがプラスされるので気分がいい。画像のピアスは2つに分かれるタイプ。普段は揺れる部分を外して付けています。

 

環境づくりは、第一にワークスペースを確保することから、ですね。これからの住宅はワークスペースを含めた間取りが当たり前になっていくのでしょう。

スペースの大小やスタイルはそれぞれ。そんな中、意外と重要なのが、座る時の向きじゃないかと思います。

部屋の状況によって変わりますが、私は、この頃、窓や入口のドアに向かって、壁を背にして座っています。デスクワーク中にふと目を上げると外の景色や庭木、空がすぐ見えて気分がいいんです。

背景が壁や本棚ですと、私はあまりしませんが、オンライン会議などの最中、家の中が見え過ぎてしまわず安心かと思います。それに、本棚を背にしていると、知的に見えるそうですから、おススメです。

 

今朝の事務所。私の背景は概ねこんな感じです。本以外のものも並んでいて、本棚というより飾り棚っぽいかな。

 

それと、ワークスペースには、小さくとも良いので、是非、植物を飾ってください!と申し上げたいです。

と、いうのも

植物を見ながら作業すると作業効率が1.4倍、幸福感は1.5倍アップするというデータがあります。更に言うと、緑視率10~15%の環境にいる時に、人のストレスが最も減り、パフォーマンスが最も向上するそうです。(過去ログ参考→緑視率?パフォーマンスが最も向上する値

女性の皆様にはこんな嬉しい効果も!観葉植物をデスク周りに置いて、観葉植物の近くで働くと肌荒れが改善するという研究結果が報告されています。これを知って以来、ウチの事務所に緑が更に増えたのは言うまでもありませんw

植物の種類は問わないので、お好みのものを選んで飾ってみてはいかがでしょう。インテリアに制限がないのは在宅勤務のメリットですもの。

 

ハンギングプランツを窓辺に。背の高い観葉植物を飾るのと同じ効果があります。狭い空間や小さなお子様、ペットのいらっしゃるお宅などにおススメの飾り方でもあります。これはポトス。一鉢300円位からどこにでも売っているし育てやすいのでおススメ。

 

私は、事務所のインテリアだけでなく、家全体、特に長く居る1階のインテリアは、しょちゅう変えています。家具はそうそう変えられませんが、観葉植物の配置替えをしたり、年中行事の室礼、フラワーアレンジメントを飾るなど、ちょっとしたことですが。

同じ景色ばかりだと、本当に、ホントーに飽きてくるんですよ。日々の小さな刺激が、在宅勤務にメリハリをつけてくれます。

そういう意味では、アートや音楽、香りは瞬時に気分を変えてくれる優秀なアイテム。

とりわけ嗅覚から脳へは、僅か3秒程で信号が伝わるとされ、それらは自律神経に影響を及ぼします。自律神経を整える=ストレス対策になりますから、ワーキングスペースでの香りは、結構重要だなと実感しています。

音楽は、集中したいとき以外は、アプリでクラシックやインスト曲、映画のサウンドトラックなど流しています。

 

事務所のカウンター。この日は雨で暗かったのでキャンドルでアロマを焚きました。気分によってお線香を焚いた入りもします。

 

その他にも、季節のいいときはワークスペースをテラスに変えて、気分転換してみたり。

それでもどうにもやる気が起こらない時は、スクワットを30回する(身体を動かすとやる気がでるそう)などなど、色々と工夫しながら過ごしています。

 

ディアガーデンのテラスは午後から建物の影になるので、夏は部屋より快適な日もあります。ここでプランを煉ったり、資料に目を通したり。

 

 

これからは益々働き方のバリエーションが増えていくことでしょう。消費の傾向も大きく変わるのかも。

これが日本の暮らしにどのような変化をもたらしてくれるのか?とても興味深いです。

 

 

雑草対策はいまが肝心

春に向かうちょうど今頃に降る雨を、一般的に菜種梅雨といいますが「催花雨(さいかう)」という呼び方もあることをご存知でしょうか。書いて字の如く「花」を「催す(咲かせる)」「雨」という意味です。

植物は、開花や芽吹きに向けて、とても水を欲しがっている時期なので、一日中シトシトと降る催花雨はまさに恵の雨。私は部屋の中の鉢植えにも、催花雨を当ててあげます。朝からずっと夜通し降る、なんて日が理想的で、冷え込まないし、24時間、催花雨の下に放置します。葉っぱがピンピンになりますよ。

それって如雨露でやっても同じじゃないって思うでしょう?雨はただの水ではありません。地上の生きとし生けるもの全ての活動と成長を促す作用があると言われています(詳しくはコチラの回を参照されたし→「雨のポテンシャル」)。

雨上がりに庭に出ると、庭全体が生き生きして見えるのは、こういう訳なのです。

 

++++++++++++

 

さて催花雨上がりにやっておくべき庭仕事は雑草取りです。土が柔らかくなっているので簡単に抜けますし、春にやっておくのが肝心なのです!必ず夏に差が出ますゾ。

雑草取りにはこんなコツがあります。

  1. 鎌で刈るときは、地上部だけを刈るのでなく、土より3㎝下を意識して掻き取るように刈る。発芽するまでの期間が長くなり、雑草の量がグッと減ります。
  2. 根の浅い草は抜かずに土ごと掻きとる方が簡単です。数分で枯れます。
  3. 一・二年草(ナズナ、ハコベ、ヒメジョオンなど)は種ができる前に取り除く。
  4. 宿根草(タンポポ、ヨモギオオバコなど)は出来る限り根を残さず抜く。日が経つにつれ根が張り抜けなくなります。

しゃがんだ姿勢での作業は腰にきます。一気にやろうと思わないことです。そもそも人は植物の繁殖に勝てるわけがないのですから、完璧を目指さず程々に整えば良し!と思ってください。植えた植物の成長の妨げにならなければ、それで良いのです。根を詰めないで気楽にやりましょう。

 

職人さんの草取り用の道具を参考に見せてもらいました。オススメは右から2つ目と3つ目の道具。土ごと雑草を掻き均すので仕事が早い。右から4番目の小さな鎌は扱いやすく地面下3cmを狙いやすい。左から1番目2番目は根を引き抜く道具。

 

雑草は、手入れや水要らずで蔓延ってくれるので、鑑賞するほどでもないけれど緑が欲しい、なんて場所のグランドカバーとして利用しても良いと思います。闇雲に取ってしまうのは惜しいです。イヌフグリやシロツメグサ、ヨモギ、カタバミなどはそれに値するかと。

雑草という言い方が価値がないように感じてしまう一番の要因なんですよね。そんな偏見なしに、じっくり見ると素朴で実に愛らしい。

例えばナズナとか。私はアジサイの鉢でいつの間にか育っていた芽を抜かずにしばらく育てていました。そのうち種が出来そうになり、仕方なく抜いて、でも生き生きと可愛らしい花をたくさんつけているので捨てられず。花瓶に活けて事務所に飾ることにしました。

 

花も可愛いし、明るい黄緑の草も綺麗なら、真っ白な根も綺麗。しかもナズナは食べられます。七草粥にも入れる春の七草のひとつ。

 

通称ぺんぺん草。PCのそばに置いているので、目をあげるとこの子が。それで「可愛いね、可愛いねぇ」ってずっと言ってるの。

 

手入れする場所が広すぎる、または時間的身体的にどうにも無理という場合は、何かで覆ってしまうのがおすすめ。ディアガーデンにご相談ください。面積によって、また現行の下地の状態によって、㎡単価が変わりますのでお見積り致します。

安価な順で

  1. 防草シート+砂利
  2. 土舗装(ディアガーデンの施工例があります→コチラ
  3. レンガや石を敷き詰める

コンクリート舗装という選択もありますが、これは味気ないものですから、お庭にはあまりお勧めできません。透水性もなく環境面から考えても増やしたくない舗装です。駐車場なら・・・やむを得ずってところ。

 

とってもナチュラルな土舗装。コンクリートのように固まっているので雑草が生えません。

 

ガーデナー的な対策は・・・雑草が蔓延る隙間もない程、好きな植物を植えてしまうという!この方法がベストかもしれませんね。

うちのディスプレイガーデンがほぼそんな感じです。

 

ディスプレイガーデン前庭部分の昨年6月の様子。ギッチギチに茂ります。野草っぽいのもデザインの一部。好きで植えたものです。

 

3月末現在の上↑の画像の場所は、芽吹きが始まったばかり。スッカスカですから、今の内にちょこっとだけ生えている雑草の芽を処分しておきます。3ヶ月もするとここまで茂り、もしも雑草の残りがあったとしても、伸びていく空間がほとんどないので、全く目立たなくなります。

今年は若干植栽を変えていますので、また違った眺めになるはずです。楽しみだなぁ。

 

 

今津港の植栽 完成動画UPしました

今津港の植栽工事について3回に分けてお届けしています。最終回は完成した直後の姿を見て頂きます。

 

 

YouTubeで公開中の動画 Dear Garden「The New Work」。

新しく作ったお庭を動画でお披露目するシリーズで今津港の花壇が第1回目になります。

 

++++++++++++

 

出来立てほやほや。水も貰ってしっかりとお掃除もしてもらい、スッキリと気持ちよさそうな植物たちです。

 

建物の玄関付近に花壇の中心を持ってきて、ここに、モミジとアオダモを寄せ植え。グッと視線を集めようという目論見です。下枝がない木を選んだので、ほどよく視線が抜けるはず。

この場所には、観光バスがギリギリまで横付けされることもあるそうで、下枝がないことは重要。なのでボリュームは横というより縦(上の方)に持たせました。お陰でとても伸びやかな雰囲気になったと思います。

高木の足元に配した低木のほとんどは常緑(ヒサカキ・シャリンバイ)ですから、真冬でもこのくらいの緑量はキープされるはず。季節を感じられるように春に咲くレンゲツツジ、初夏に咲く山アジサイも植えました。

空いているスペースには、休眠中でまだ芽吹いていない宿根草の株がたくさん隠れています。何もない今の姿からは信じられないかもしれないけれど、順調に成長すると半年後には1m近く伸びていくものも。

糸ススキで、細くシャープな葉に白い斑が入る爽やかな印象の「モーニングライト」という品種。名の通り穂が赤く、葉色とのコントラストも美しい。一般的なススキは手に負えないほど大きくなりますが、この品種はコンパクトに育つのでおすすめです。

午後から日に当たり乾燥しがちな場所なので、丈夫なグラス類は他にも色々植えていて、夏~秋が楽しみです。涼し気だし、少しの風でも揺れてくれるから植栽に動きが出ます。建築をカッコよく見せてくれるしね。

 

横幅がある花壇、アクセントにちょっとした石と苔を。シンメトリーな建築に合わせた植栽ですが、ここだけ崩してみました。

 

こんな風にガーデンデザイナーは色んな場面を想像し計画します。ディテールを整え、ちょっとした演出を仕込み、植物それぞれの成長を促すよう植え付けます。

ブログの読者さんには分かっていただけますが、何も聞かずこの場に立つと…分かりませんよね〜。仕方ない(笑)

何となくいい感じ、って思っていただけたら成功かな(^^

 

++++++++++++

 

朝7時に事務所を出て、現場には8時半に到着。それからすぐ作業を始めたので、割と早く片付いて、最後にゆっくり撮影タイムが撮れました。iPhoneで動画も何本か撮ったので、編集してYouTubeにUPしました。

全体像や港の景色も映したのでより分かりやすいかと思います。

 

 

それにしても動画編集は久しぶり。チャンネルだけ作って長いこと放置してました(汗)

編集作業は大好きだから、ついやり過ぎちゃうところをグッと抑えて。慣れたらもうちょっとカッコよく出来るかと思うのですが・・・お役に立つような内容でね。

チャンネルを登録していただくと、最新動画のお知らせが受け取れるようになります。これからも新しい庭が出来るたびUPしよう!と、鼻息だけは荒いマブチです。

期待は・・・誰もしてないと思うけれど、もし良ければ登録してくださーい(^^*

 

 

ムック本「小さな家。」

家づくり真っ最中の方、ナチュラルなインテリア好きの方におススメの素敵な本を見つけました。建物と緑の関係性もすっごくいい感じ。参考になりますのでご紹介します。

ページを繰りながら、行きつ戻りつ何度も眺めてはため息。あぁ素敵。これはデジタルではなく紙でじっくり見た方がいいかも。

 

「小さな家。」時をつむぐ、豊かな暮らし(発行:株式会社エクスナレッジ 1,600円+税)

ひと昔前は、少しでも大きな家に住むことが、豊かさの基準の一つでした。けれど、暮らしや住まいの質がよくなったかというと、そうではありません。もう、ものも多く入らないし、家を大きく作ろうという時代は終わりました。これからは身の丈にあった家で、豊かに暮らすことを目指す時代なのです。(序文より引用)

 

延べ床面積48㎡から116㎡の「小さな住まい」の記録

 

小さな家とありますが、掲載されている住まいはどれも狭さを感じさせず気持ちよさそう。共通点は、ライフスタイルに沿った間取りの素晴らしさ、無垢の建具や家具の上品な佇まい、そして視線の抜ける先には溢れる緑、です。

街中であっても、自然を近くに感じられるような暮らし・・・季節や時間で変わる光を楽しんだり、窓外の緑を愛でながら寛いだり、そんなことが当たり前に取り入れられている住まいばかり。背景が素晴らしいのでインテリアも映えるんです。

 

家の中も外も溢れんばかりの緑のお宅。インテリアも素敵ですが緑があると生き生きとして見え暮らしに潤いを感じます。

 

 

私はガーデンデザイナーですから、庭目線で見ますと、

とてもさり気ないのですが、成功の要因として、ご近所の庭や裏山、公園の緑など、借景となりそうな要素を見逃さずうまーく取り込むような窓の切り方や、庭木の配置が伺えます。インテリアと庭の間にもグリーンが配されているので、視線が自然と流れていきます。絵になります。

景色づくりって何気に大事。それがわかる実例でもあります。

 

 

ショップデザイン観察ーCAFE AALTO

新型コロナウィルス肺炎の感染要注意期間ながら、京都で用事があり電車に乗らねばならず、マスクをして行って参りました。

噂どおり静かで、中国人観光客には出会いませんでした。寺町通りのある鳩居堂さんを覗くと、欧米の方がちらほら、日本人客もまばらという感じで、なんだったら店員さんの方が多い。商店街の中には採算がとれないのか「しばらく休業します」と張り紙してあるお店もあって事態は深刻です。

以前なら、歩いていると必ず中国語が聞こえてきたし、バスに乗っても日本人の方が少なかったりして、なんだかなぁと思っていました。静かな京都は落ち着くし、正直、この方がいいな・・・と思わないでもありませんが、経済のことを考えるとそんな呑気なことも言ってられないようです。

 

++++++++++++

 

用事を済ました後、街がこんなに空いているんだったら、噂のカフェ「CAFE AALTO」も空いているかも?と行ってみました。

フィンランドの有名な建築家アルヴァ・アアルトが手掛けたヘルシンキのカフェが昨年12月京都に世界初出店!と聞き、訪れるのを楽しみにしていたんです。

「CAFE AALTO」は映画「かもめ食堂」に登場したことから日本でもとっても有名になったカフェ。ご存知の方も多いと思います。小林聡美さんが演じるサチエと片桐はいりさんが演じるミドリがこのカフェでガッチャマンの歌で盛り上がるシーン、私もすごく印象に残ってます。

本国ではアカデミア書店の2階にありますが、京都ではカプセルホテル「MAJA HOTEL KYOTO(マヤ ホテル キョウト)」の1Fにあります。

 

「CAFE AALTO」はフィンランドの著名なデザイナーによるカプセルホテルの1Fにあります。京都らしく建物の入口はこじんまり&奥に伸びる作りです。格子で囲われモダンながら景観に溶け込んでました。水道のメーターボックスがここまで大きいと玄関マットのようでお洒落に見えます。

 

そして、店内は・・・

予想通り!めちゃ空いてました~(^^

お昼どきでしたが、お客は、女性2人連れが1組、あとおひとり様が私入れて3~4人。大丈夫かな?と心配になる程の少なさでした。

 

内装は本国と同じにしてあるそう。アアルトデザインのペンダントライト、A330 GOLDEN BELL(1954年)がモダンな華やかさを醸し出しています。

 

壁に本国のカフェの写真が飾られてます。

 

空いているので、店内が見渡せる隅の席に陣取って、じっくり空間を観察。楽しんできました。

このカフェのためにデザインした黒いレザーに真鍮のフレームを合わせた椅子、なんて名前がついているのか知りませんが、座り心地はとっても良かったです。黒と白、そして金というインテリアコーデは、近頃のモダンテイストとはまた違いどこも尖ってなくて、むしろ落ち着いた感じがしました。

 

突き当り、ガラスの向こうに坪庭が。

 

そして店内奥を見ると、本当に僅かなスペースが石庭っぽく設えてありました。ほんのちょっとの空間でも、こんな風に整えてあると、遊び心や抜けが感じられていいな。どんな建築にも必ず庭を付けるところが京都らしいです。

隅に大きな灯籠が竿の部分を取って据えられていました。これはインテリアに合ってるの???私的にはちょっと違和感を覚えましたが、外国の方から見ると日本に来たって感じがしていいのかもしれませんね。

 

++++++++++++

 

フィンランドらしいメニューの中から私がいただいたのは、実は前から決めてたんですけれど・・・、シナモンロールです。

ちゃんと温めて出して下さったので、シナモンの甘い香りが立ち上ってきました。ふわっとした食感にカルダモンが想像以上に効いていて、なるほど、ヘルシンキのカフェもこんな味なのかしらね?今度自分で焼く時カルダモン増し増しで作ってみよう。といっても、さすがにこんなに大きなのは焼けないけれど。

 

直径20cmはあろうか?!とにかくビックなシナモンロールが出てきました。

 

そうそう、海外のカフェ出店といえば、ロンドン発「FLANZE & EVANS」がひっそりと撤退してたーっ( ;∀;) 昨年11月だったみたい。インテリアは可愛かったし、ケーキは海外っぽくコテコテと大きく、見る分には罪がないので楽しく拝見していて、お惣菜も好きだったのに・・・残念です。1年半で撤退って早すぎません?

「CAFE AALTO」はどうでしょうか。他にも食べてみたいメニューがあるので、しばらくは居て欲しいな~。

 

 

タネの未来

最近読んだ本の中から、1冊ご紹介したいと思います。

 

 

以前のこのブログでも、タネについてちらっと書いたことがあります。→こぼれ種の強さのワケ

2分ほどで読めるのでご一読いただければと思います。

で、この本。庭作りにおいてタネはいつも興味が尽きない対象で、何気なく手に取った一冊でした。

読むのには2時間程。タネについて現在世界や日本で何が起こっているかが、とても丁寧に分かりやすく書かれてあります。また、著者の小林宙くん(2019年発行。その時なんと高校2年生!)がタネの世界をどう変えていきたいか?何が出来るのか?考えた結果、伝統野菜のタネを流通させるために起業することを決意し、それを実行に移す過程が、彼の生い立ちと共に詳しく書かれてあります。

こぼれ種のブログで取り上げたF1の種、現在販売されているすべての野菜の9割を占めているそうです。ということは、タネは既に農家の手からほぼ離れてしまっており、種苗会社から買っているというのが現状なのですね。

更に遺伝子組み換え食品(GM品種という。是非この言葉も覚えてください)の実情は、思った以上に厄介なことがわかります。これを読むまで知りませんでした。

GM作物は国内でも作られていますが、商品として市場には出てきていません。健康被害を懸念する声が多く、それを押してまで販売するにはリスクが大きいからです。でも社会の風潮が変わったら一気に出回る可能性もあるということです。もしもそうなれば、GMのタネも同じように普及していくだろうと小林君は言います。

GMのタネはF1のタネと違い2代目も同じ出来栄えの作物が出来るよう操作できます。更に怖いのはある特定の農薬しか効かないというような操作も出来てしまいます。営利に重きを置く種苗会社は、次世代も同じものが出来るタネは売れないので、必ず必要になる高い農薬をセットで売って儲けるという策に出ました。GMのタネについては、このパッケージ売りが主流というのですから、なんとも言えません。

GMのタネで、食品アレルギーを起こさないような野菜が作れたり、栄養補助食品的な役割を加えたり、将来危惧される環境変化に負けない作物作りも可能になる、その反面、非常に危険なタネが実際に作られていることを知りました。

そんなGMのタネは見かけ普通のタネと変わらないので、農家さんが混乱するのは必至です。隣の畑でGM野菜を作れば花粉が飛んで、GMじゃない野菜と自然に交配してしまうことも心配されています。GMのタネで出来たかどうかわからない野菜の表示責任はどうなるのでしょう?

こういった問題を解決できないうちは、国内ではまだ当分GMのタネは普及しないだろうと小林君は見ています。

しかし、GM作物はスーパーで見かけることはなくとも、私達は既に多く口にしてしまっています。日本は世界最大のGM作物輸入国らしいのです。一部の加工食品や植物油、しょうゆ、また飼料など既に多く流通している、という事実をもっと知らなければいけませんね。

 

++++++++++++

 

タネの公益性を守る法律である種子法という法律があるのですが、それが2018年4月1日で廃止されています。主要作目である「米、麦、大豆」のタネの開発と管理を国が民間に開放しました。ひっそりと、という訳でもなかったのでしょうが、あまり関心が寄せられなかったと思います。それ以降、そういえばブランド米が多く出回ってきたような気がしますが。

主要作物についての管理を国が手放した以上、生産者や消費者は、よぼど真剣に向き合わなければなりません。小林君は企業によって独占されるかもしれないタネや農業の未来に不安を覚え、地方を回って伝統野菜のタネを集め流通させようとしています。

その真摯な思いや行動力、彼を支える周りの人々に、感動します。そこらへんは是非本を手に取って読んでみてください。

 

++++++++++++

 

もうひとつ、GM作物について、海外のドキュメンタリー映画をご紹介します。

たねと私の旅

米国やカナダに遺伝子組み換え(GM)の表示義務がないことを疑問に感じた一人のカナダ人女性が、10年の歳月をかけて記録したドキュメンタリー。
料理家でもある彼女が作る、数々の美味しそうな料理も必見です。

自主上映の映画なので、実はまだ予告しか見ていません。でも海外のGM事情が知れそうな映画だなと思います。

 

++++++++++++

 

小さなタネの大きな問題。

自分は何が出来るのかと改めて考えさせられます。

ひとまずは現状を知ること、そして選ぶことが大事かと思います。

映画「たねと私の旅」の中で『私達は有機的な小規模農業に戻るべきです』という言葉が印象的だったのですが、

小麦や米は無理だけど、自分が食べる野菜は数種でもいいから自分で育てる。それが当たり前な日本になれば、タネの問題は良い方向に向きそうな気がします。

そんなコンセプトで始める庭作りもいいと思う。

 

 

新春若冲詣&2020年見たい展覧会

久しぶりに若冲に会ってきました。

琳派贔屓なワタクシ、今年初めての美術鑑賞が若冲とは、何とも嬉しい♡

京都の若冲とゆかりの寺-いのちの輝き-

 

高島屋京都店で開催中です。2月は大阪店、3月は日本橋店、4月は横浜店と巡回。

 

出展の半分弱は、行きつけの美術館である細見美術館の所蔵品なので、再会を喜びながら鑑賞しました。何度見ても見飽きることはありません。

名刹古寺を訪れずともその所蔵品を一気に観られたことや、若冲が下絵を描いたとされる版画を観られたことが良かったです。特に版画はねー、黒背景で超モダン。やっぱりめちゃめちゃカッコいい。これだけでも一見の価値あり!です。

生き物や自然を描くことが多かった若冲ですが、今展覧会では仏画や人物画も多く見応えありました。特に「釈迦三尊像」はその大きさと緻密な描写、色彩の豊かさ、もう全てにおいて圧倒されました。

 

++++++++++++

 

さて今年もいろいろな美術展を回って感性をチャージします!

近場で興味のある展覧会をいくつか、備忘録も兼ねてご紹介します。

 

  • 来月ハルカスに行くかもしれないのでついでに見るかも。話題になってる展覧会です。あまり興味はないけれども怖いもの見たさ的な。

カラバッジョ展」 あべのハルカス美術館:2019年12月26日(木)- 2020年2月16日(日)

 

記念展は「杉本博司 瑠璃の浄土」。リニューアルした建築デザインや庭園、庭園中に展示される硝子茶室「聞鳥庵」(ベネツィアやヴェルサイユ宮殿での展示を経ていよいよ日本初上陸)を見るのが楽しみ。

 

  • その杉本博司氏関連で細見美術館で開催予定の表具の展覧会。いつか自分の書を表装する時のために数寄者杉本氏のセンスを学びたい。

飄々表具 -杉本博司の表具表現世界-展」:2020年4月4日(土)- 6月21日(日)

 

  • 地元で2番目に好きな美術館MIHOミュージアムで、何年ぶりかしら?若冲の「象と鯨図屏風」に会えるかも?!

MIHO MUSEUMコレクションの形成-日本絵画を中心に」:3月14日(土) – 6月7日(日)

 

  • 昨年10月にオープンした嵯峨野の新名所・福田美術館。まだ行けていないので桜の頃にでも。若冲詣は続くよ、どこまでも!

若冲誕生 〜葛藤の向こうがわ」:3月20日(金) – 6月21日(日)

 

うーん。今年もやっぱり日本美術に偏りそう・・・(-“-)