パンデミックで変わった住まい方

パンデミックが人々の暮らしを変化させて3年目に突入。

この間、我が家では夫のリモートワークがすっかり定着しました。初めは何の心の準備もないまま進むので戸惑うことも多かったです。だってこんな暮らしは彼が定年退職した後に訪れるものと思っていましたから。

それでも幸いだったのは、夫婦それぞれに完全個室のワークスペースがあったことでした。お互いのプライバシーが守られたことで波風立てず過ごせていると思っています。

 

私のワークスペース(=ディアガーデンの事務所)です。少し前は正月花を飾っていましたが、今はユーカリのドライスワッグやリースが飾ってあります。しょっちゅうお花やディスプレイを変えることで在宅ワークのマンネリを解消。

 

振り返れば15年前に家を建てたとき、夫の書斎と言う名目で作ったお籠り部屋が、まさか本当に書斎になるとは!思いもよりません(笑)

そういえばもう一つ。以前は犬を飼っていたので、玄関は収納を多めにして手洗い場を設けていたのですが、それが今、室内にコロナ菌を持ち込まないために大いに役立っています。

本当に何が功を奏すか分かりません。パンデミック後、住まい方が変わったとつくづく実感します。

 

++++++++++++

 

一方変わらないのは庭との距離感。庭はパンデミック前からずっと私を慰め楽しませてくれる存在です。

この家の設計は庭と建物が同時進行でした。窓は庭と繋がるように、そして出来るだけ嫌なものをみないように配置したつもりです。

家の設計って外部をどう取り入れるかで暮らしが全然違ってきます。一体どのくらいの方が気づいているでしょう。家の中だけで完結するのってちょっともったいない。豊かなものは外にあります。

遠くに見える山、季節ごとに変わる光の色や風の香り、雨音、鳥の囀り・・・それら外にあってしかも無償で手に入るものばかり。都市や住宅地で自然の恩恵が受けられない、見るものがないならば、なおさら庭に頼るべき。庭は光や風を身近に引き寄せ、暮らしに新たな楽しみを与えてくれます。

 

冬枯れの庭で。餌の少ない野鳥のために自作のバードフィーダーをテラスのイロハモミジの枝先に吊るしています。庭木の枝をザックリと束ねて厚みのあるリースを作りお皿をセット。お皿は意外としっかり固定出来ていて鳥の巣のような雰囲気です。毎日果物を置いて部屋の中から時々観察して楽しんでいます。

 

人工的に作った庭でも、そこには常に命があります。そしてデジタルな情報とは違う、私達のDNAに直接訴える情報が絶えず発信されているのですね。それによって人は癒されるのだと思います。

パンデミック後、日常のデジタル化が一気に進み、人との交流や外出を制限されたことによる閉塞感から、身近に自然を求める方が増えたと聞きます。一時もてはやされた田舎への移住はインフラやら考えるとやはり現実的ではありませんしね。

昨年からディアガーデンでは、おうち時間の充実を求めて庭作りを依頼される方が増えました。

これまでのお客様は時間に余裕がある熟年層中心でしたが、若い層が増えたことも嬉しい変化です。ディアガーデンの前を通りかかって前庭を気に入って下さった方が、ウェブサイトを見てご依頼、というパターンが多いです。

そんな前庭の植物たちも立春を前に、そろそろ動き始めてる様子。

昨年の終わりにいくつか配置替えや入れ替えをしたので、すこーしだけ眺めが変わります。樹々の剪定もし、新たな気持ちでまたお手入れを始めます。

 

春の前庭。

 

初夏の前庭

 

春になったら見にいらしてください。

道路に面したオープンな庭なので通りすがりでもよく見えます。

 

 

冬至、柚子の季節です。

坪庭の椿がポツポツと咲き始めました。

その艶やかな葉は、冬日の僅かな光を受け止め、増幅して、周りを照らしています。

今日は冬至。一年で一番、日の力が弱まる日です。

 

ディスプレイガーデンでも一番小さな庭「坪庭」の数寄屋侘助椿です。優しい色合いで咲き、冬の間、何時でも何度でも私を慰めてくれます。

 

明日から徐々に日が延びて、季節はゆっくりと春へと向かいます。

冬至を表す「一陽来復」は、悪いことが続いた後で幸運に向かうという意味で、この言葉をつぶやくだけで、何か救われたような気持ちになるのは何故でしょう。

物事は気持ちの持ちようで、どんな風にも変わるから、どうせなら明るい方へ。そう思います。

その方が身のため人のため、そう思います。

 

 

毎年、冬至が近づいてくると、義兄が畑で捥いだ柚子と蜜柑を送ってくれます。

今年も有難く柚子風呂に入って温まる予定です。

兄の愛情いっぱい詰まった柚子だから、それはもう効き目があります。

柚子の果皮には良く知られている「リモネン」や「ビタミンC」という成分の他、「α-ピネン」という香り成分が含まれています。これはマツ、ヒノキ、スギなど多くの針葉樹にも含まれる成分と同じ。だから森林浴のようなリラックス効果もあるのですね。

ただ、成分を多く取り込もうすると、ピリピリとした刺激を感じるときがあります。お肌が敏感な方や刺激に弱い方は、柚子をまるごと浮かべるだけの方が良さそうです。

 

++++++++++++

 

柚子は先月もお福分けでいただきました。

いつもなら柚子ジャムにするところですが、最近めっきりパンを食べなくなったので、柚子シロップを仕込みました。

柚子シロップは、下処理はしますけれど、煮ずに氷砂糖で漬け込むだけなので、より簡単です。

 

柚子シロップは専ら柚子茶に。これも風邪予防になりそう。何より美味しいし!

 

植物はその身に太陽をたっぷりと溜め込んだものだから、それを食べるということは、陽のパワーを取り込む行為そのものです。

 

クリスマスワークショップ2021 レポート

12月2日(木)~ 4日(土)の3日間に渡りディアガーデンでクリスマススワッグを作るワークショップを開催しました。

ご参加くださった皆様には心よりお礼申し上げます。

今日のブログは、そんなワークショップのレポートをお届けします。

 

 

今年のクリスマススワッグのテーマは「Bright☆Christmas」

ディアガーデンで育てたレイランドヒノキの深い緑の葉を背景に、シルバーグレーのブルーアイスやユーカリ「ポポラス」の枝葉を重ね、白い実のオーナメントで飾ったふわりと明るいスワッグを作ります。

暗いニュースの多い昨今、アドベントを明るくハッピーな気分で過ごしていただきたい。そんな願いを込めたデザインです。

 

++++++++++++

 

ワークショップの模様、まずはクリスマスの室礼からご覧いただきます。

普段は設計業務や打合せに使う事務所もこのときばかりはそれらしく飾り付けます。

今年のテーマは「Bright☆Christmas」だから、ツリーには輝きや明るさを意識して白やガラスのオーナメントをチョイス。イルミネーションライトもよく見えるよう飾り付けてみました。

 

今年のツリー。アクリル製のベツレヘムの星も買い足しました。照明が当たると輝きが増して素敵なんです。

 

事務所のクリスマスインテリア① ツリーに大きなスターを冠して。カウンターにはスワッグの材料を花束のように飾り電飾で輝きをプラス。

 

事務所のクリスマスインテリア② 窓辺に電飾(明るいので上手く映ってませんが)とスワッグのサンプル。2種の針葉樹でベースを作りふわふわとしたユーカリの葉や南京ハゼの実、バーゼリアでアクセントを加えてみました。

 

BGMにはもちろんクリスマスソングを。

そして香りもこだわって・・・と言いたいところですが、実はスワッグの材料である針葉樹を暖かな部屋に置いているだけで十分でした。たぶんブルーアイスが一番香っているようです。仕入れた時はエグみを感じるくらい強く香っていましたが、少し経つと穏やかになり、甘みのある香りに変化しました。

小さな事務所にいるのにまるで森林浴してるように芳しくて、お客様も皆さん「いい香り~♡」と喜んで下さいました。

ブログを書いている今も壁にスワッグを吊るしたままなので、事務所に入ると爽やかな香りがふんわり漂っていて、とても癒されています。

 

++++++++++++

 

ここからはワークショップの様子を。

参加者様は常連の方や初めましての方、スワッグづくりの経験者や未経験者、本当に様々です。

最初に製作工程やコツなどをお伝えするのですが、皆さん早く作りたくてウズウズ。耳はこちらに向けつつも早速材料を手に取ってどんどん作り始められます(笑)

スワッグづくりは自然の枝の流れを生かしながら束ねていくだけ。リースのようにパーツを都度固定する必要がなく、気に入らなければ何度でも組み直すことが出来ますから、初心者の方でも上手に作っていただけます。

コツは、3方向から見て素敵になるよう立体的に重ねていくこと。基本的には箒型のように形を整えるのですが、丸くなるよう意識して作ると可愛くなります。また、色の重なりや葉の重なりを考えながら束ねると変化が出ます。手前の良く見えるところに実ものを配置すると全体が締まって見えておすすめです。

日々の出来事や会えない間に積もり積もった話をしながら、思い思いに手仕事の醍醐味を感じていただきつつ、1時間程で素敵なスワッグ が出来上がりました。

 

束ねた後の仕上げ。寂しいところがあれば松ぼっくりのオーナメントを付け足したり、リボンを垂らしたりして調整します。

 

お客様がドアに飾った画像をお送りくださいました。

一部ですがご紹介いたします。

 

玄関スペースの外や中、それぞれ好きな場所に飾って下さいました。ありがとうございます♡チュラルなスワッグだからどんなデザインの玄関でも合います。

 

++++++++++++

 

昨年のワークショップではコロナ感染防止の観点から・・・というか、私がビビッてしまい開催するだけで精いっぱいで、お茶の時間は省きましたが、今年はまた復活させました。

とはいえ、全く知らない方とテーブルを囲むのはまだ怖いと思うこともあり、各回1グループ様のみとしました。私もワークショップ中はマスクを外さず、自分自身とテーブルや食器、道具などの消毒の徹底を心掛けました。

何かと気を付けることが多いけれど、お茶の時間はやっぱりリラックス出来るし、より楽しんでいただけると思うので、設けられて良かったのかなと思います。

以下の画像はテーブルの様子です。お客様が1〜2人までは事務所のテーブルで、3人以上は狭い事務所では難しいので、ダイニングの方で召し上がっていただきました。

 

ダイニングテーブルでのコーディネート。

 

テーブルコーディネートのテーマもスワッグやインテリアと同様に「Bright☆Christmas」を意識してまとめました。

シルバーをベースに白やガラスの食器、白いキャンドル、白い花と意識して統一したつもりです。毎年コーデを考えるのが楽しくて、一人で「あーでもない、こーでもない」と何度もセッティングし直しているのですが、過去の画像を見直すと似たり寄ったりかも?食器はこれ以上増やしたくないからいつもティーマ。どうしても同じ様に見えちゃいますね。

一応言うとですね、今年のコーデのポイントは、丸いシルバーのフリンジ付きランチョンマットとテーパーキャンドルです。

 

テラスの見えるダイニングです。ちょうど紅葉の盛り。

 

ご用意したケーキは、ディアガーデンの近く、八幡堀沿いにある「amaimonya Ai」さんで作っていただいたもの。

繊細でお洒落なデザインのケーキを中心に据えるとテーブルが一気に華やぎます。素材の味がしっかりして美味しく、しかも小ぶりながら食べ応えがあるようで、他に用意したお菓子に手が伸びないという方続出。これは想定外で、結局お包みして持ち帰りいただく始末です(^^;

 

歓迎の意をネームプレートに込めて(個人情報なので画像ではお名前を消しています)

 

++++++++++++

 

クリスマスワークショップ開催は今回で10周年を迎えました。

こんなに続けられたのは来て下さる方がいるお陰です。本当にありがとうございます。

ワークショップも本当ならクリスマスだけでなく、季節毎に行いたいと思っておりましたが、新型コロナウィルスが蔓延するなか結局開催には至りませんでした。この頃はまた新たな変異ウイルス「オミクロン株」の出現で、再び不穏な空気が漂っており、全く気が抜けない日々が続きます。

来年はどうなるかなんて誰も分からないけれど、でも私達が出来る予防策は結局基本的なこと。気を付けながら少しづつ行動していけたらと思います。

今年のディアガーデンは、そんなことで、ワークショップは1回しか開催できなかったものの、造園の方は息つく暇もなく走りに走った感じです。

これまでは唯一空き時間だった睡眠時間を削って書いていたブログも、体調管理を優先して寝るようになったため、どうしても更新が減ってしまって。

でも時間は作るもの。やりくりが下手なだけなんですよね。

お伝えしたいことは沢山あるので、12月はもう少しブログの更新回数が増えると思います。

またのぞいてください♡

 

 

クリスマスワークショップ2021のご案内

クリスマス用の飾りものとして大人気の「スワッグ」を製作体験するワークショップを開催いたします。

植物をふんだんに使ったディアガーデンならではのフレッシュなスワッグです。

クリスマスに向けて手作りしてみませんか?

 

 

出口が見えない状況が続いた2021年。年末になってようやく外へ出る機会も増えて参りました。まだまだ油断は許さない状況ではありますが、希望を持てるようになったことは喜ばしいことと思います。

そんな今年のクリスマススワッグのテーマは、「Bright☆Christmas」

ディアガーデンで育てたレイランドヒノキの深い緑の葉を背景に、香りの良い白っぽい葉を重ね、白いオーナメントで飾った、ふわりと明るいスワッグを作ります。

アドベントをハッピーな気分で過ごしていただきたい・・・そんな願いを込めました。

 

昨年のワークショップの様子。昨年はブラウンの木の実をたくさん飾ったリースを作りました。材料は同じでも、作り手の個性溢れる作品が出来上がるところがいいですね。

 

草木の爽やかな香りを感じながら、日頃の忙しさをしばし忘れ、一緒に楽しく作りましょう。

よろしければ、庭づくりやガーデニングについてのご相談も併せてどうぞ。

コロナ感染予防対策もしっかり行い、皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

事務所のインテリアもこのワークショップの間は特別にクリスマス仕様にします。お楽しみに!

 

ワークショップ詳細

日程(全6回)

12月2日(木曜日)①10時00分~12時00分 ②14時00分~16時00分

12月3日(金曜日)①10時00分~12時00分 ②14時00分~16時00分

12月4日(土曜日)①10時00分~12時00分 ②14時00分~16時00分

定員:それぞれの回につき 1グループ

(知らない方と一緒にならないようにします。お友達2~3名・ご家族2~3名、等。お一人様でももちろんOKです。)

場所:ディアガーデン ※2台駐車可。お申込みの際に合わせてご予約下さい。

内容:スワッグ(長さ60cm程)製作体験。お菓子・お茶付

参加費:5,500円(税込)※材料費、お茶、お菓子も含みます。当日受付時に現金にてお支払いください。

持ち物:マスク。持ち帰り時の袋。汚れが気になる方はエプロンや手袋など。 ※道具類はご用意いたします。

お申込み方法:こちらからどうぞ→Contact

※LINEオフィシャルアカウントでお友達登録をされている方はLINEメッセージでのご予約も可能です。

※参加日時、お名前(複数参加の場合は全員分)、参加人数、電話番号(グループの場合は代表の方の番号)は必ずご入力ください。

申し込み締切:定員になり次第 締め切ります。

感染予防措置について:

密度軽減と感染防止のため、各回1グループ様のみとします。
使用するテーブル、道具等の清掃およびアルコール消毒を1開催毎に行います。
会場内は換気を徹底いたします。
講師の手洗い、うがい、手指消毒、マスクの着用を徹底いたします。
お客様もマスクの着用をお願い致します。
当日体調不良の方はご連絡の上ご参加をお控えください。後日花材または完成品をお渡しします。

 

 

リンゴの美味しい季節に「アップルクランブル」

夕飯を早め済ましたある夜のこと。思い立って久しぶりにお菓子を焼きました。

これからが旬のリンゴを使ったクランブルケーキです。

ケーキと名がついていますが、私が気まぐれで作ろうと思うくらいですから簡単なものです。

 

アップルクランブルケーキ。

DearGardenのレシピ

直径27cmの型1個分・5~6人分

  • リンゴ2個
  • シナモン小さじ2弱
  • 砂糖50g(紅玉の場合は80g)

A.クランブル

  • 砂糖50g
  • バター100g
  • 小麦粉200g(全粒粉に置き換えたり、アーモンドプードルを混ぜたり、お好みで)
  1. リンゴは丁寧に洗って、半分は皮付きのまま、半分は剥いて、1cm厚のイチョウ切り。
  2. リンゴを耐熱皿に入れ、シナモンと砂糖を加え、全体を馴染ませるようにして混ぜる。
  3. ボウルにAの材料を全部入れて、手ですりつぶすように混ぜ合わせる。ランダムなそぼろ状になればOK。
  4. 2のリンゴの上に3のクランブルをのせ、200℃に予熱したオーブンの下段で25分~30分くらい焼く。
  5. 表面にこんがり焼き色がついてリンゴがグツグツしてきたら出来上がり。途中に焦げそうならアルミホイルでカバーをする。

私はシナモンが好きなので多めかもしれません。焼くとリンゴがかなり茶色くなります。お好みで調整してください。

我が家ではティーマのスクエアプレート(16cm×16cm)にリンゴ1個、クランブル半量がちょうどいい感じ。残りのクランブルは冷凍保存できますので、次回食べたくなったらすぐ作れるようにストックしておくのです。

 

好きなだけお皿に取って。熱々のクランブルケーキに冷たいバニラソースを掛けていただく。

 

焼き立ては表面がサックサク、リンゴは食感を残しつつもトロトロ。素朴な味ながら格別です。これは買ってくるより、おうちで作る方が断然美味しいと思います。

アッサリとしたバニラアイスや、ゆるく泡立てた生クリームなどを添えていただくと、より一層美味しくいただけます。このときはIKEAのバニラソース「KAFFEREP カッフェレプ」をかけてみました。

手軽に作れるクランブルケーキ、ティータイムにオススメです。

 

 

植生観察とデザインの原点を確認

気が付けばもう10月。

晩秋に予定している工事の準備をしつつ、来春に向けての案件もいくつか動きはじめ、何となく気忙しい日々を過ごしております。

先日は出張で久しぶりに長野県へ参りました。とあるショールームの造園設計のためです。

広い敷地には素敵な建物が建っており、それ以外の部分はほとんど白紙の状態です。お客様のご要望は少なく「後は全てお任せします」とおっしゃいます。最近こういう風に言って下さるお客様が増えて、有難いような~難しいような~。植物や庭のことはよく分からないので「任せます」とおっしゃるのですが、その真っ直ぐなご信頼と期待感たるや・・・かなりのプレッシャーです。

今回の打ち合わせでは、いくつか可能性をお伝えしつつ漠然としたビジョンを掘り起こし、方向性を決めて参りました。

ご期待にお応えするべく力を尽くさねばと思います。

 

++++++++++++

 

他府県で庭を設計するときは、念のためその土地に合う植物を調べたり、その土地に行けるのなら何が育っているのか観察します。隣県ならほぼ変わらない植生も、エリアが変わると若干違ったりするからです。

観察する場合は、移動中の車窓からや個人邸の庭は通りから。時間があれば、公開されている庭園や観光公園、美術館の庭などを訪ねます。

長野県へは壮大な自然に魅了されて、これまで公私合わせると十数回は訪れておりますが、設計の仕事は久しぶりなので、今回改めて、仕事をする場所に程近い松本市で植生の確認をして戻りました。

街中を歩くだけでも、関西では馴染みのない木が普通に植わっていて「へぇー」です。例えば街路樹がカツラだったり、生垣はイチイが圧倒的に多い、等。逆に馴染みのある木が普通に育ってるのを確認すると安心材料になります。

雑木の庭がある「松本民芸館」にも立ち寄ってみました。

 

松本民芸館の門

 

門から一歩足を踏み入れると、見上げる程のケヤキやブナの木。そして足元に様々な雑木が植えられています。

広さは10m×20m位?(適当です・・・)で、木々の他は園路が見えるだけ。まさに用の美というか、とても簡素な庭です。圧倒的な緑に包まれ、鳥の囀りだけが心地よく響いて、何とも気持ち良い空間。ここにいる鳥たちはここが好きなんでしょうね。声がものすごく大きく感じました。

モミジ、ダンコウバイ、クヌギ、クロモジ、ニシキギ・・等々、植えられた木々をメモしつつ散策しました。見知った木が多かったことは良かったです。

 

門と建物の間にある庭。すっきりとしたデザインの、でも味のある園路が2方向に延びており散策できます。

 

土蔵造りの美しい建物に国内外の民藝品がゆったりと展示されています。照明や家具、活けられた花々も美しいこと。

 

ここは、元は、民芸店のオーナー故丸山太郎氏が、柳宗悦氏の民芸運動に共鳴して集めた日本や世界の民芸コレクションを収蔵した私設資料館だったそうです。

展示品の面白さ、そして建築に使われている素材、間取りやディテールに、故人のこだわりが見えてきます。

(民藝品について感じ入ること多々ありましたが、長くなるので端折ります。またいつか)

建築と庭の雰囲気がとても合っていると思いました。

 

++++++++++++

 

長野県はギリギリ日帰りできる距離ではありますが、往復9時間近くかかる移動が身体に堪えるであろうことは、経験より想像できました。

それで今回は一泊させてもらい、翌日午前中いっぱい植生観察に費やして戻ることにしました。

宿は、泊まれる民藝「松本ホテル花月」さんを予約しました。

 

松本ホテル花月さん。松本城へ徒歩5分の場所です。打ち合わせを終えホテルに着いたのは夕方。ライトアップされた外観が美しい。

 

松本ホテル花月さんは、大正ロマンあふれる洋館に松本民芸家具を配した粋なシティホテルです。2016年にリブランドオープンされていて、建築設計は永山 祐子氏、インテリアデザインは濱川 秀樹氏によるものだそうです。

ロビーが超絶素敵でした!

まだあちこち緊急事態宣言中の頃だったので宿泊客はまばら。素敵な空間を長い間独り占めしつつ、ここでもまた観察してしまいました。

 

松本民芸家具が配された重厚なロビー。民藝品がセンス良く飾られて。

 

家具に合わせた壁の色、タイル、照明、天井仕上げ、窓・・・全てがマッチしていてため息です。それぞれの素材の存在感は確かにあるのに出過ぎずバランス感が絶妙。落ち着きます。

 

このタイル、陰影がいい感じに出でて好きだなぁ。ホテル向いの建物の外装にも使われていました。

 

お部屋も松本民芸家具でコーディネートされいて、簡素なのですが十分。大人の雰囲気でした。

直前予約だったのでビジネスホテル並みのお値段になったのにもかかわらず、宿泊客が少ないということで、一人だけどツインルームにアップグレードまでして下さいまして、なんだか申し訳ない気分。でも有難かったです。

Bluetoothスピーカーが置いてあったのも嬉しくて。静かな音楽を流してリラックス出来ました。

 

++++++++++++

 

民藝は「無心の美」「自然の美」「健康の美」そして「用の美」と表現されます。

暮らしの中で使われることを考えて作られ、使われることによって輝く、そんな美を言うそうです。それは私のデザインの目指すところでもあります。用途に即したデザインでないと経年変化に耐えられないと思うからです。

今回の出張は、改めて自分のデザインの原点を確認できた良い機会でした。

 

 

暮らしの近況

7月の造園工事は、自分が思っている以上にキツかったらしく、暮らしの記憶がありません。

オリンピック中継を見ていても5分と目を開けていられませんでした。そういえばデザートのゼリーを左手に、スプーンを右手に持ったまま寝落ちしていた夜もあったっけ (^^;

それでも一応健康状態は良好だし夏バテもないので、ちゃんと作って食べていたみたい?庭の植物も生きているし、仕事の抜かりもないはず。一見普通に暮らしていたようですが、些細なことやちょっとした話のいきさつやなんかが全然思い出せない。不義理もあったんじゃないだろうかと思うと不安になります。

まったく困ったもんです。

それで8月に入り、完工が見えかけたころだったか、気持ちにほんのちょっと余裕が出来たのか大事なことを思い出しました。

「梅、干さなあかんやん! 」

6月に梅干しの仕込みをして、いい感じに梅酢が上がり上手く漬かってるなぁ…と思った記憶はあります。その後、28日の土用の鰻はしっかりいただいておきながら、土用干しをすっかり忘れていたのでした。

別にお盆過ぎてからでも干せばいいのですが、日差しが違うだろうし、天気も変わりやすいので、出来れば土用の間に干したいのです。何とか思い出し干せて良かったです。

 

2021年度の梅干し、無事完成です。これから熟成期間に入り、いただくのは2、3年先かな。

 

毎年、数は少ないながらもコツコツと作り続けて、梅干しのストックがだいぶ出来つつあります。

梅仕事は私にとって暮らしのバロメーター的な存在。気持ちにゆとりがないと上手く運びませんからね。そういう意味で、今年は追熟させすぎたり土用干しを忘れそうになったりと、余裕のなさがしっかり出てしまいました。

 

梅干しといえば素敵な贈り物が届きました。南高梅の中に鯛やマグロなどのほぐし身が入った贅沢な逸品。じっくり味わいたいと思います。ありがとうございます♡

 

++++++++++++

 

さて、お盆期間中は静養、もしくは事務所でゆっくりと内勤予定です。

ここ滋賀県はまん延防止等重点措置が実施中で、このごろは梅雨末期並みの雨が降り続くという予報も出ており、ほとんど家にいるしかない感じですね (^^;

そうそう、ようやくコロナワクチン注射の予約が取れました。地域医療機関での個別接種です。ワクチン接種が終わっても、きっと暮らし方は変わりませんが、気持ち的に少しは楽になるかしらと期待しています。

気持ち的なことを言うと、こんなものも↓

 

これも気持ち的なお守りで角大師の護符を玄関に貼っています。随分前ですがネットで申し込んで郵送してもらいました。こんな感じで壁に直接糊で貼るのが正しい貼り方だそう。本当は玄関の外に貼るのがベストなんだけど上手く貼れそうもないので玄関内に。

 

それにしても大雨つづきで災害が心配です。

昨今の気象は何でも極端で恐ろしい。

植え付けたばかりの庭が心配です。ホントやめて欲しい。

 

 

梅仕事-2021

今年も梅干しの仕込みを終えました。

何とか無事、出来たと思う・・・。今年は上手く漬かるか自信がありません。

梅仕事は素材や天候に自分の都合を合わせていくもの、そして自然が仕上げてくれるものです。自分の都合に合わせて作ると失敗するとか、気持ちに余裕がないと失敗するとか聞きます。今の私は気持ちに余裕がなくて、だから心配。

 

追熟させているところ。追熟といっても2日ほどでいいのに、忙しくて4日もほっといた私(>_<)

 

追熟させすぎて、いくつかの実が痛んでしまいました。痛んだ実は梅干し用には使えません。

傷んだといっても皮に少し茶色い部分が出来たくらいで、腐っているわけではないので、勿体ないし、久しぶりにジャムにすることにしました。

 

梅ジャム作り。綺麗に洗って50℃くらいのお湯で何度か茹でこぼしアクを抜いて(左)皮を剥 き実を潰したら更に裏ごしして(右)グラニュー糖を加えて煮ていきます。

 

梅ジャムは酸っぱめですから、アイスクリームにトッピングしたり、お料理のソースとして使います。お湯や炭酸で割って飲むのも良さそうです。

 

++++++++++++

 

さて、梅干しの方はいつものレシピで(コチラ→「紀州梅園さんの「おうちで作る白干梅干しレシピ

昨今はpm2.5といった大気汚染がとても気になるので、水洗いに加えてホワイトリカーでも洗っています。

仕込んだのは・・・夜中です。

実がどんどん熟してしまうし、その時間しか空いていなくて、でもやらないともう全てがパァになりそうだったので「落ち着いて、丁寧に、丁寧に」と自分に言い聞かせて仕込みました。

半ば自分の都合に合わせてしまったので、さて、上手く出来るか?心配なんです。

でももし失敗しても、悪い例の経験も大事なので。(←もう慰めてる 笑)

 

梅干しを仕込んで2日目。梅酢もあがってきており今のところはいつも通り順調ですけれど。ジャムは3瓶分できました。

 

++++++++++++

 

そうそう、梅仕事を終えた後、昨年仕込んだ梅酒を解禁しました。

 

梅酒、一年間熟成して少し茶色くなっています。黄色いのは同じく昨年仕込んだレモン酒。

 

ごくごくたまーにですが、夕方、仕事に一区切りつけてお酒を1杯楽しむことがあります。

カクテルタイムです。

ウイスキーやブランデーをツーフィンガー、ロックでチビチビ。疲れが取れてリラックス出来ます。

そこに、これからは自家製の果樹酒も加わって楽しみが増えました。

 

 

アボカド栽培日記&アボカドアイス

相変わらず仕事に忙殺されている日々ですが、ちょっと息抜きに「そういえばブログに書いてなかったな・・・」と思い出したネタを書きます。

話は2年程前にさかのぼります。

ある日スーパーで何気に買ったアボカドを食べようと割ってみると、それはそれは立派な種が入っていました。直径5cm程ありましたでしょうか。丸々として生命力溢れています。

日常的にリボベジ(→※)している私は「これは芽が出る」と本能的に察知。もしかしたら観葉植物として飾れるかもと、面白半分で育ててみることにしました。

※リボベジとは、リボーンベジタブル(Reborn Vegetable)の略で再生野菜のこと。 捨ててしまう野菜の根やヘタの部分を水につけたり、植えたりして再び育てることです。

 

まずは、根の出る方を下にして、種が少し浸かる程度の水を張った器にセット。

水が切れないよう、また濁らないように気を付けながら様子を見ていました。

 

2019年4月。窓辺に置いて栽培スタートです。「アボカドちゃん、芽を出して」と声を掛けながら。

 

始めのひと月は何も変化がなくて「この種、生きてるんかな?」「やっぱりあかんのかな?」って気をもみました。

でも腐ってもなさそうなので、引き続き置いておくことに。

それからしばらくして、水を変えるとき何気に見ると、形が微妙に変わっていて突起が出来ていました。

 

2019年6月。水に漬けていた方を見ると、なんか出てきそうな突起がありました。

 

「こ、これは根が出るかも!」「生きているみたい、良かった~」

気を良くして、根が伸びやすいように器を変えてあげました。

 

2019年7月。種が割れて、白い根が伸びてきました。種の中に芽らしきものも確認できます。この頃、アボカドちゃんはもうペット状態です。

 

順調に育ってたそんなある日、やらかしました。

水を変えるとき、うっかり床に種を落としてしまったのです。

それで真っ二つに割れてしまいました。・・・あぁ、私ったら何で落とすかなぁ(泣)

もうどうしようもないんだけど「アボカドちゃん、ごめんな、ごめんな」って謝り倒したっけ。

 

2019年7月。折角ここまで育てたのに割ってしまった(´;ω;`) もうダメかもと落ち込んだ日。

 

気を取り直してよく見ると、とってもきれいに割れています。不幸中の幸いというか?芽も根も全く傷ついていません。

ダメ元で土に植えることにしました。

今ついている芽は種の養分を半分しかもらえないけれども、根がでているのだから後は土の養分で何とかなるんじゃないか???ここは種の生命力を信じて出来る限りサポートしようと思いました。

それから2ヶ月↓

 

2019年9月。芽がここまで伸びました。割れた半分からも芽が出てくるかと思って植えてみたけれど、こちらからは何も出ませんでした。

 

 

種の力が苦境を乗り越え見事に成長していきました。

「アボカドちゃん、凄いねぇ」諦めなくて良かったです。

ここまでくるとあとは水遣りをするだけ。霜が降りるまで外で育てました。

 

2020年10月。だいぶ茎が太くなってきました。種は役目を終えて干からびています。

 

育て始めてから2年たった現在、樹高1m程(鉢込み)までに成長しました。

葉が垂れてくると水切れのサイン。たっぷりあげると葉は上向き、ピンピンになって機嫌よさげです。

 

どう?観葉植物っぽいでしょ?

 

スーパーで買ったアボカドの種を植えたら、本当に観葉植物として飾れるまでに育ちました。

途中割ったりしたけれど、病気や成長不良とか異常なところもなく、ただ水遣るだけで育ったので丈夫な植物だと思います。

これを庭に植えて上手くすると、実がなるかもしれませんが、巨大になるらしい。一般の家庭では絶対に植えてはいけない部類の木、やめておきましょう。でも観葉植物としてはなかなか素敵で、元手もかからないのでおススメです。

それで、このアボカドちゃんなんですが・・・実はもう我が家にはいません。

一人暮らしを始めた姪の慰めになるといいなと思いプレゼントしました。ファースト観葉植物として、ちょうどいい大きさ、丈夫さです。順調に育ったら、剪定とか鉢増しとか、またアドバイスしようと思います。

 

++++++++++++

 

アボカドネタでもうひとつ。

最近ハマっている美味しいアイスのレシピをご紹介します。伝説の家政婦志麻さんのレシピを参考にしました。

アボカド好きにはたまらない美味しさ、超おススメです。

 

アボカドアイスの材料。アボカド、ハチミツ、レモン汁少々。たったこれだけ。

 

(材料)

1.アボカド2個

2.アボカド1個につきハチミツ大さじ2~3

3.レモン汁少々(なくてもよいかも?私は欲しい派です)

(作り方)

1.アボカドの種を取り、粗く刻んでから、フードプロセッサーにかける。

2.ハチミツ、レモン汁を加え滑らかになるまで攪拌。

3.保存容器に平らに広げて冷凍庫で凍らせる。

簡単なのに、卵や乳製品を入れていないのに、ねっとり滑らかなアイスが出来ます。ハチミツはたっぷりと。甘めの方がデザートらしくて美味しいです。

 

アボカドアイス。色もそのままでとても綺麗。

 

シンプル&リッチ&ヘルシーなスイーツ。いつも夕食のデザートとしていただきます。こういうの、ちょっとあるだけで満たされます。

 

++++++++++++

 

そうこうしているうちに七十二候は芒種の末候「梅子黄(うめのみきばむ)」を迎えました。梅仕事の時期です。

これはディアガーデンがいくら忙しかろうが、どうしてもやりたい仕事。

折角順調に貯まりつつある梅干しのストックを今年で切らす訳には参りません。という訳で、再来年以降に食べる梅を今年漬けます。

 

ただいま絶賛追熟中。甘酸っぱい香りが部屋中に漂って幸せ。

 

 

久しぶりのホテルランチ&手作りスイーツ

先日、使用期限が迫っていた「コロナに負けるな!おうみはちまんじもと応援クーポン≪第2弾≫」を利用して、久しぶりに家族で駅前のホテル「ニューオウミ」へランチに出掛けました。

こちらのホテルでは、春になると、和洋中いずれかのレストランランチに苺のデザートブッフェがついたお得なプランが出ます。

以前一度、洋(近江牛鉄板焼き)をいただいたことがありますので、今回は中華を予約しました。

(→ホテル・ニューオウミの謝恩ランチ

 

 

大皿一品選べます。私は地元の食材をふんだんに使った黒酢の酢豚をオーダーしました。他に油淋鶏、麻婆豆腐、海老チリがありました。

 

出来立て12種類の飲茶・点心を食べつくし。とりあえず一通りいただきました。揚げ物が本当に出来立てアツアツで美味しかったです。後のデザートブッフェ分も空けておかなきゃと程々に楽しんで。

 

中華で甘いものも。定番の胡麻団子と初めていただく杏仁のクッキー。クッキーは軽い食感でこれまで感じたことのない風味でした。バターではなさそう。

 

近畿の緊急事態宣言が解かれ、それでもすぐには外食という気分でもなく、お持ち帰りすることが多かった我が家。

レストラン、ブッフェ共にテーブルや席の間隔はだいぶ広めにとられていましたので、まずまず大丈夫なのかな?とちょっと安堵。周りの皆さんは大きな声で話すこともなく、モクモクと食べておられる感じで、ウチと同様やっぱり緊張感をもってきておられるんだなぁと思いました。

が、デザート会場は和洋中の客が集まることもあり、密気味で、ドキドキしました。

デザートを選ぶ時は、もちろんマスクをつけねばなりません。デザートはひとつづつ全て小さなトレイに乗せられていて手で直接取るような仕組み。あちこちに手指消毒液が置いてあって、感染対策はされていると感じましたけれども。

以前は何とも思わなかったことが、コロナ禍たまに外食すると、こんなに敏感になるんだと実感しました。

 

ゆったりしたソファが置かれたラグジュアリーな空間でいただく苺スイーツビュッフェ。こういう雰囲気久しぶりでやっぱり嬉しい。一口サイズ&あっさり目なので割と入りました。

 

++++++++++++

 

外食のもう一つのお楽しみは、自分では想像もしない新しい味に出会うことですね。

主婦歴が無駄に長いことから、この味はコレとコレの組み合わせかな?なんて考えながら、じっくり味わっています。

そして食材が手に入り何とか家で作れそう?と思うものに限って、味を覚えているうちに挑戦してみます。

今回は、杏仁クッキーに挑戦しました。

 

手作り杏仁のクッキー。ニューオウミさんでいただいたクッキーより一回り小さいけれど似た味に出来ました。バターの変わりにラードを使うのがポイントでした。アッサリ&サックリ、これは癖になる味です。

 

一回作って気が済んだら、すぐ忘れたちゃったり、こだわっているのか?いないのか?自分でもよく分かりませんが~。

この杏仁クッキーはまた作りそうです。

 

++++++++++++

 

コロナに負けるな?!と、クッキー以外にもスイーツをたまに作っています。

簡単も簡単、混ぜて焼くだけのものばかりです。

 

ド定番のベイクドチーズケーキ。

 

焦がしカラメルがポイントの堅めプリン。パウンド型で作るのは初めて。

 

作る過程も癒されるし、食べても癒されます。

ついでに家族も喜ぶ。

日々こんな小さな喜びの積み重ねで、何とか凌いでいるのですわ。