半夏生の景色

梅雨末期の長雨がどうにも重苦しいこの頃。明けると共に、猛暑の洗礼が待っていると思うと・・・更に気が重くなります。

ワタクシ、夏は本当に苦手。

でも涼し気な景色に出会うと、精気を取り戻せるような気がします。

今頃によく見かける植物「半夏生(はんげしょう)」はご存知でしょうか?6月中旬から7月に花を咲かせる植物です。

私はこの半夏生が群生している景色を見つけると、いつも清涼な気持ちになります。

見所は何といっても、葉の緑と白のコントラストでしょうか。遠くから見ると、白い部分が雪がかかっているかのようで幻想的で美しい。

 

6月晦日の夏越しの大祓をした沙沙貴神社で。半夏生の花が咲いていました。

 

金地院の池のほとりに半夏生の群生。昨年撮影したものです。

 

半夏生は自生種なので、耐寒性、耐暑性共に高く強健な性質です。

ドクダミ科ですから、乾燥した場所でなければ、地下茎でよく増えます。庭に植えるなら、よほど広い場所か、予め植木鉢に植え付けてから埋めるくらいしないとダメかな

 

料理旅館の前庭で。涼し気な水景に添えられた半夏生。こんな景色を見ると、庭にもいいなぁと思ってしまうけれど。

 

半夏生の葉の白い部分は、ドクダミでいう花の白い部分と同じ役割を果たしているそう。ドクダミの花の白い部分は、葉が変化した苞葉(ホウヨウ)と呼ばれるもので、厳密にいうと花ではありません。花を目立たせ、昆虫を呼び寄せる役割があります。

半夏生の花が終わると、葉が緑になるというのが不思議でしたが、なるほど、受粉を助けるという役目を終えたからなんですね。

しかし、半夏生に惹きつけられる虫の気持ち、わかるなぁ。

 

 

梅雨の中休み、夏至の日に。

この土日は梅雨の中休み。

見頃を迎えたアジサイは、雨の日、うな垂れてしまいますので、貴重な止み間にじっくり鑑賞します。

 

前庭では秋色アジサイ(マジカル系)を育てています。6月21日時点でこんな色合い。ようやく青っぽくなり始めました。これから徐々に青い花が増えていきます。

 

テラスのアナベル、白が際立っています。

 

白い花は暗くなってからも魅力的。暗闇に沈みがちな濃色と違って白は浮き立って見えます。アナベルの白い大きな花房、白斑入りのムラサキシキブやイトススキ、ヤブコウジなどこの場所には白を集めました。

 

アジサイ「アナベル」昼とはまた違った顔。まだ雨粒が残って瑞々しい。なんて綺麗なんだろう。

 

雨あがり。濡れたタイルが鏡のように景色を映して。

 

++++++++++++

 

前回の梅雨の中休みの日、先週だったか。「彩雲」という虹色に光る雲を見ました。

日暈(ひがさ、にちうん)や月暈(つきがさ、げつうん)はよく見ますが、これは初めてだったので、ちょっと感動。気象的にはありふれた現象のようですが、見ると縁起が良いとか。

 

丸印の中に虹色の雲。虹の切れ端が浮いている感じでした。本当はもっとはっきり見えたけど薄っすらとしか映らなくて。

 

いくら科学が発達しても、気象や暦、天体現象などは変えられないから、不可思議なことはそのままに、畏敬の念を持ちつつ、生きていくしかありません。

珍しい現象に何か期待するのも自然なこと。強く期待するのは変だけど、良きことがあるといいな。

 

++++++++++++

 

空の現象がらみでもう一つ。

今日6月21日は夏至、新月、部分日食が重なった珍しい日でした。

新月の日は身体の「浄化」や「解毒」などするとよく、新しいことを始めたり、願ったりするのにも適していると言われています。夏至や部分日食といった現象が重なると、新月の行いがどのようなことになるのか、実験するのも楽しそうです。

さて何を始める?何を願う?

2020年の前半はほぼコロナ一色でしたが、折り返し地点を迎え、後半は各々の希望が叶えられ充実した日々になるよう、まずは願いたい。

個人的には色々と。

何かを始めることや願うことなしに、実現することはありえないから、最初の一歩のきっかけが今日と言う日。

 

 

奥深き庭の世界へようこそ

この頃のディスプレイガーデンは淡いニュアンスカラーが目立って来ました。

早春からこれまでずっと目まぐるしく変化し続け、狭いながらも見飽きることがありません。この庭が出来て13年目ですが、毎年ビミョーにマイナーチェンジを重ねていることもあって、どうなる?どうなる?って楽しみでなりません。

梅雨入り間近の薄曇りの光が庭の撮影には丁度良くて、いくつか撮ってみました。明るい陽射しは、見る分にはいいのですが、撮ると影が強く映ってしまったり、白がとんでしまったりして、感じているように撮るのは至難の業。

でも、こうしてブログ用に何度も何度も撮ることで、季節や天気によって変わる光の美しさ、その空気感を、より感じられるように。

今や、一筋の光であっても、心震わせ泣けそうなマブチです。

なんと安上がりなことでしょう(笑)

 

昨年秋に植えたアスチルベが咲き始めました。ライムやベージュを背景に優しいピンクが涼し気。

 

この↑アスチルベは「ビジョン インフェルノ」という品種。

ライム色の蕾が、徐々に淡いピンクに染まり、そしてその花房はグリーンに変化し枯れません。アジサイ「アナベル」の花房と同じように、夏以降も鑑賞できるというお楽しみ満載の品種です。

小さな庭の場合、鑑賞期間が長い植物を多く植えることも、選択のひとつです。でも、一時の輝きを愛でるために植えるのも、またよし、です。

 

何気ない緑のコーナーだけど、光の具合で、イイ感じに見えることがあります。奥のサントリナがふわりと透けているのが好き。

 

 

テラスのアジサイ「アナベル」もライムの蕾が白くなってきました。3株あるうち、日が当たる株だけてんこ盛りに咲いて、あとは儚げに蕾が上がっています。

 

ディスプレイガーデンは、とにかくめいっぱい植えているから、植物の方も大変だと思う。

古株は堂々と幅を利かせていて、新参株や私の都合で植え替えられた株たちは、光と余白を探し、気を使って、「ひとまずこんな感じかな?」と様子見しながら成長しています。

可愛いです。

そんな様子を俯瞰でみて、今年はここは上手くいったからこのままで、とか、ここは来年もう少し手を入れよう、とか。振り返りが大事。好きな眺めを、絵を描くように、いくらでも作ることが出来る所が、庭の楽しいところです。

そういえば、コロナ自粛中にガーデニングに目覚めた方も多いらしい。

Welcome!

どうか一時の流行りではなく、育て続けて欲しいな。

経験を重ねても、例えば30年のベテランガーデナーや職人さんであっても、たった30回しか、その春を、夏を、経験していないのです。そこが面白くもあり、奥深い世界なのです。

 

 

ナチュラルな植物にはナチュラルな支柱を

梅雨の前の貴重な晴れ間、日向では暑いくらいですが、木蔭に入るとひんやり。爽やかな風も感じられます。

ディアガーデンの庭では、いま、グラス達が思い思いにそよいで、とても気持ちよさそうです。

グラスとは、イネ科やカヤツリグサ科などの草のことを言い、その細長い葉や穂を鑑賞します。花とはまた一味違った魅力があり、ワイルドだったり逆に繊細な感じもして、庭に自然な雰囲気をもたらしてくれます。

 

今朝の前庭。そよそよ、ふわりふわり、とそれぞれに揺れるグラス達。

 

雨がかかるところでは放任で育ち肥料もいりません。

そんな丈夫なグラス達ですが、唯一手を掛けていることと言えば、倒れないように支えを作ること、くらいでしょうか。

大型のグラスだと要らないのですが、ディスプレイガーデンは狭いので繊細な小型か中型種しか植えられないし、日当たりも悪いから骨太には育たず、葉や茎の整理が必要なのです。

びっしりと植えているので、周囲の植物が支えになっている箇所もありますが、ほとんどは目立たないように小枝を使って支柱をしています。

 

こんな風に小枝を地面にクロスに刺して株を支えています。

 

小枝は植えているエゴやモミジなどの剪定枝を再利用したもの。プラスチック製品の支柱と違って、悪目立ちしないところが気に入ってます。

先端を斜めにカットして地面に刺しているだけなんですけれど、これで冬まで十分役目を果たしてくれます。

スッと立ってそよいでいる方が、やっぱりカッコイイ。

 

大型のグラスをこざっぱりさせる方法。

インスタグラムで見つけた、こんな技いかがでしょう↓ なんと葉っぱを編み込んでまとめています(^m^

 

大型のグラスにナイスアイデア!

 

髪が長かった頃、こんな風に編んでまとめていたっけ・・・と思い出しました。

 

++++++++++++

 

さて、6月に入って、我が家にもあべのマスクや給付金が届きました。

有難いです♡

自分や周りの安全のため、そして社会経済に貢献するために、大事に使わせていただこうと思います。

 

 

5月最後の週末、来客と雨の緑と

5月最後の週末は、全国的に緊急事態宣言が解かれて迎えた初めての週末でしたね。皆様はどのように過ごされたのでしょうか?

 

土曜日はお客様がいらしてお打合せをしました。

コロナ対策はいつも通り(詳しくは→コチラ)、でも毎回気を引き締めて!緊張感を持ちつつ、お迎えする準備を整えました。

 

事務所の入り口付近にディアガーデンの対策を分かりやすく掲示しております。これは自分への警戒も兼ねています。アルコール除菌スプレーもここに。

 

お客様もキチンとマスクを着けてお越し下さって、事務所に入るときには手指アルコール消毒、私はお客様と向き合わないように座って、それでお打合せスタートです。

新しい日常。そのうちこれがルーティーンとなり、しないと不安・・・そんな風に感じるようになるのでしょうね。

 

事務所の打ち合わせテーブルすぐ傍の小窓はずっと開け放ち換気をしっかり。今は空調も必要なくこれで快適ですが真夏の午後は・・・テラスかな(^^;

 

++++++++++++

 

日曜日は、やっぱりまだ出掛ける気にならなくて、おうちでまったり。

シトシト雨が窓外の緑をクッキリと見せていました。

 

上の画像と同じ事務所の小窓。木のフィルター越しの景色です。すぐ前に歩道があるけれど建物の基礎を高くしているので、通行人の目線は届きません。

 

キッチンの小窓からは木しか見えません。森の中か?と見紛う程の緑量です。これだけ茂るとカーテンやシャッターの役割を果たしてくれます。

 

ダイニングの窓一杯に広がる緑。プライバシー対策と眺めを兼ねた生垣は用の美そのもの。

 

雨や曇りで薄暗い日の緑は、このようにとても濃くクッキリと目に映ります。晴れた日は、葉が透けて木漏れ日がきれいで・・・それぞれにいいものです。

テラスの緑に限ってなんですが、私が一番好きな色合い、そのタイミングは、日が落ちた直後のブルーアワーです。そのときのこの生垣の緑は、青みを帯びて凄くシックないい色合い。本当に素敵なの。それが次第に濃紺に染まっていく様子も美しくて。

(いつか上手く撮れたらお見せしたいです)

でもなんて美しい緑なんだろうとじっくり味わう間もなく、あっという間に暗闇が迫ってきます。北欧の国では、ブルーアワーが、季節によっては何時間も続くそうです。いいなぁ。日本では30分もあるかな?

 

ブルーアワーの終わりは庭の照明が知らせてくれます。暗くなったら自動点灯するもの。この眺めもまた違っていい。

 

さぁ、今日から6月。

気を引き締めて真面目に、でも新しい日常を新鮮なものとして面白がって過ごしたいです。

 

歩道のツツジと前庭

Stay Homeが続く今の状況下で、自暴自棄になったり周りに攻撃的にならず、心身共に健康であり続けるには、日々の暮らしのリズムを崩さないことが大事だそうです。

私自身も色々と不安ではあるけれども、リズムを保ちつつ、やるべきことを坦々とやっていこうと思います。

といっても、私は以前から在宅で、大雑把な時間帯で仕事していましたでしょ。それに加え、最近の家族は、ほぼほぼテレワーク化した者、勤務時間短縮&土日出勤の者といった風に、みんなてんでバラバラ。誰一人として決まったリズムで働いていませんので、このごろは本当に曜日が全く分からなくなってきました(^^;

結局、曜日関係なく毎朝早く起きて、家事ルーティンをこなし、9時過ぎには事務所入りする。これでリズムをキープしています。

 

++++++++++++

 

最近は気温が高い日が増えましたので、晴れていたら起き抜けに庭に出て、朝日を浴びながら深呼吸するのが小さな日課になりました。

その日その日で漂う香りが違っていて興味深いです。

ある朝は、何かの花の香りが立ち込めていました。甘さの中にツンとした感じがあって、これは草花ではなく木の花だ、と思いました。自分が植えたものの香りならすぐ分かりますが、これは自分の庭からではない、ご近所の木かな?歩道のツツジかな?たぶんそのあたりです。たまたま風に運ばれて、うちまで流れてきたのだなぁと。

静かな朝。植物の香りで、感覚が少しづつ目覚めていく感触は、なかなか乙なものです。

 

ディアガーデンのすぐ真ん前にある歩道のツツジは、平戸ツツジという品種。日本中どこにでも植わっていて、5月に濃いピンクや薄いピンクの花を咲かせます。

 

歩道のツツジ越しのディアガーデン。

 

春の前庭は、そんなツツジの花色に合わせて、紫蘭やオキザリスを咲かせています。今年も可憐に咲き揃いました。

前庭はあまりにも狭いスぺ―スなので、閉ざさずに、思い切って通りに開くデザインにしています。道路植栽であるツツジの咲く春は、この通りでは唯一華やかさを感じる季節。そこで前庭と道路植栽をひとつの景観として捉えコーディネートしたもの。

開かれた前庭は街の景観となりますから、自分なりに美しくし貢献したいものです。

 

角度を変えて撮ってみました。

 

花壇のピンクの花たちは、肉眼で見る方が分かりやすいみたい。離れて撮ると、どうも緑に沈んでしまいますね(^^;

もう少し寄って撮ると、こんな感じです。↓

 

ピンクの花が紫蘭。アマドコロやグラス類など混植しています。

 

看板の下はオキザリスが満開です。ブラジリエンシスという品種で和名をベニカタバミといいます。大正時代に帰化したこれまたありきたりの花です。

 

毎年増殖していくオキザリス。縁石のところまで増えて増えて!ここはオキザリスの小道になりそうです。

 

このオキザリスは元々何かの苗にくっついてきたもので、自ら選んで植えたものではありません。

冬の寒い時期に青々と茂ってくれ、夏に他が茂る頃は姿を消します。花も可愛い、雑草除けになるし、世話は要らないのに元気、と一見いいところづくめの植物です。特に気に入っていたわけではないけれど、ツツジとも合うし、そのまま育ててきました。

が、いかんせん繁殖力が半端ない。ウッカリすると他の植物をも埋もれさせてしまう程で、しかも、この頃はテラスの花壇にまで紛れ込んでくるようになりました。

これではいかん!ディスプレイガーデンがオキザリスに支配されてしまう!!!

今年は花後に調整することに決めました。豆粒ほどの球根なので、難しいけれど、思い切って8割処分するくらいの勢いで取り組みます。

ということで、来年はもう少しピンクが減りそうです。

 

 

新緑のディスプレイガーデンにて。

今週は花冷えで、庭に出るのに、いまだ薄いダウンジャケットが手放せません。

それでも植物は次々と葉を広げて、あたりは薄緑に染まっていきます。まだ花はほとんど咲いておらず、ただただ新緑の重なりを楽しんでいます。

本日は、そんなディアガーデンのテラスと前庭をご覧いただきます。

今朝方の空は割と分厚い雲に覆われていて、ときおりその切れ間から差す日差しにタイミングを合わせて撮りました。

まずはテラスから。

ここは、なんといってもモミジが主役。

 

 

新緑のモミジ。この萌黄色のきれいなこと!光が差すと見事なグラデーションに目を奪われます。

 

モミジの足元でティアレア「シュガーアンドスパイス」が咲き始めました。2年目の株です。蕾は薄いピンクですが、咲くと白で線香花火のような花になります。

 

次は前庭へ。

ここは建物の北側にあるので、ほとんど日が当たりません。わんさと花が咲くわけでもないけれど、その分成長がゆっくりで、こじんまりと納まりがいい。

日当たりが悪くとも次々と芽吹いて、見るだけで柔らかいと分かる質感の様々な緑に覆われています。

 

前庭もここにきて一気にボリュームUPした感じ。

 

今、咲いているのは、アマドコロと白山吹です。

どちらの花も緑がかった白。特に白山吹の花の白といったら、なんというか、それはもう清い清い白なのです。控えめに咲いているので、よく見ないとうっかり見逃しそう。

 

12月の初めまで長く楽しめる自生植物アマドコロはそこここに。手がかからないので増えるに任せています。

 

大好きな白山吹。日陰でも咲いてくれます。白い花の中で、この花の白が一番好き。

 

ゴールデンウイークの頃、もしくはそのあとには、シランやオキザリスのピンクの花が一斉に咲き、今とは雰囲気が一変していることでしょう。

季節は流れています。

私たちは、季節を追い抜いて進むことも、逆らって同じ季節に留まることも出来ないのです。それでこうして一瞬の光や、風が作る葉擦れの音に励まされて、またある時は、雨音を静かに聞き入ったりして、自分を慰めたりしています。

そうしているうち、気が付くと季節と共に必ず前に進んでいます。

困難な状況も過ぎ去るのは間違いないのだから。疲れているけれども、私達は流れの中にいるのだから大丈夫。

どうにもならない時は、ジタバタせずにただじっとして、変に頑張ったり追い込んだり落ち込んだりする必要はない、自然に身を任せていいのだって思うの。

 

 

足るを知る、今年のお花見

このあたりでは、桜が半分以上散りました。

今年はお花見も自粛。私は、結局、車を走らせながらとか、気分転換のお散歩途中に1度見ただけです。

 

近くにある八幡堀の桜。お堀を散歩しながら鑑賞できる人気のエリアですが今年は静か。この日はウィークデーなので更に閑散として。

 

桜は同じ様に美しく咲くけれど、花の下に集えないし、じっくり堪能できないし、あぁ何でこんなことに…。と、しばらく落ち着かない日々でしたが、その桜が散り始めたことで、そんなジレンマも無くなって、ちょっとほっとした気分です。

変なの。

 

++++++++++++

 

桜と言えば、NHKのBSプレミアムで放送された「令和を彩る京都の桜」という番組がとても良かったです。ご覧になりました?見逃された方は、オンデマンドで18日まで見ることが出来ます。

令和最初の京都の春、醍醐寺や嵐山などスペシャルな桜の景色をたっぷりと2時間、堪能しまくりました。バーチャルだけど、これもまたお花見です。

花も見ずに何のために生きる

普段からそう思う程の私なので、桜の季節は特別なものでした。

でも、今年のお花見はこれで十分だと、今は自分にとって、足るを知るときなんだって思うようにしてる。

 

++++++++++++

 

コロナによるロックダウンで、世界各地で大気汚染が改善しているそうです。思いがけず澄んだ空気を取り戻した地球。これが一時的で終わるのか?それともこれを機に変われるのか?

変わりたい、私は変わりたい。

溢れんばかりの商品や過度なサービス、スピード、考え直してもいいと思います。

自分に本当に必要なものとは何ぞや?

 

 

パンの日に手作りシナモンロール

久しぶりにシナモンロールを焼きました。

以前、アアルトカフェで食べたシナモンロールを参考にして、カルダモンを生地にしっかりと効かせて作ってみました。それにしても・・・たまにしか作らないから、成形のコツをいちいち忘れてて、どうにも不格好な出来。

一体いつになったら覚えるのか⁈

 

カルダモンがシナモンの香りを引き立てています。

 

焼いている時オーブンから漂う、あまーい香りがたまりません。

先月、うちから徒歩1分の所に高級食パンのお店がオープンしました。一度買って食べもしましたが、あのお店に漂う香りは持って帰れない。「おうちの中がパン屋さんみたいになる」ってところが、ホームメイドの良さかと。

 

オーブンの中でギチギチに膨らんだパン達。いい香り~。

 

ふっくらシナモンロール、10個できました。形は相変わらず不揃いですが^^;

 

冷めても、ホイルでくるんで魚焼きグリルで温めると、また焼き立てのようになって。

小さな幸せを感じる瞬間です。

 

++++++++++++

 

さて今日4月12日は「パンの記念日」だそうです。(因みに、パンの日は毎月12日)

何の記念でそうなったかというと、アヘン戦争時に兵糧目的でパンを作ったことに由来するという。生きる残るためにパン、だったのですね。意外にシリアスな由来に驚いています。

アヘン戦争からおよそ180年が経った現在、我が家のシナモンロールは、外出自粛の日々のバリエーション。ある意味兵糧か???

2日でなくなるけど(笑)

 

 

Stay Home Stay Garden

先週の土曜日、テラスの大掃除をしました。

冬の間、屋内に片付けておいた散水ホースを出して、久しぶりに水仕事です。日中の気温が20℃を超えますと、もう苦になりません。

水仕事をしていると、いい大人がついつい水遊び。ちっちゃな虹がきれいに出来たので、その様子をインスタグラムのストーリーズにUPしました。ご存知のようにストーリーズは24時間経つと消えてしまうので、今はもう見られませんが・・・。

ブログにないpicもありますよ~↓↓↓

 

出しっぱなしのテーブルや椅子、ついでにタイルの床も水洗い!この画像と微妙にポーズの違うものをインスタグラムに投稿しています。

 

ブログにもよく登場するこの家具↑は、ドイツのアウトドアブランドのもの。耐候性ラタンを使って固く丁寧に編まれています。

普段は軽く拭いてから使うのですが、網目に埃が溜まるので、時々こうして洗い流しています。年中出しっぱなしで12年余りが経過しましたが、特に劣化は感じられません。上質な家具はやっぱり長持ちするんだな、って実感しています。

 

++++++++++++

 

さて、そろそろお庭で過ごすのにも良い季節となりました。コロナ感染防止で不要不急の外出を控えている中、お庭で過ごす時間に救われていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

私も毎朝お庭に出て、植物の成長を見るのが、いつにも増して楽しみです。

自宅のお庭なら、安全で新鮮な空気を満喫出来ますから、本当に安心してリフレッシュすることができます。

Stay Home  に加え、Stay Garden With Plants・・・

英語にするとなんかスマートですね。

 

テラスのモミジ。穏やかな空に若葉がそよいでいます。

 

まさに赤子の手の平のようなモミジの若葉。先が赤くて透けるように薄い。ねっとりしていて、産毛みたいなのもあります。毎年見てるけれども、やっぱり愛おしいです。

 

ディアガーデンのテラスの空は小さいけれど、この眺めは自分だけのもの。生垣やフェンスでプライバシーが保たれているので、いつでもどんな風にしていても寛げます。

最近は、ここにクッションを持ってきて、自堕落に座って、ただ鳥の声を聴いたり、春の日差しを堪能するだけの時間に癒されています。

そして、そして。

「テラスdeランチ」はじめました~~~。

外食もあまり出来ないし、これもまたいい気分転換になります。

外食って、主婦目線ではラクなのが一番嬉しいけれど、美味しいお料理だけでなく、照明やインテリア、テーブルセッティングや凝った盛り付けなど、雰囲気も含めて楽しんでいたんだなと、家との違いを改めて思います。

でも今は無いものねだりするのではなく、だったらどうする?ってことです。外食したい気分になったら、間接照明を工夫したり、食材を張り込んだり、盛り付けをいつもと変えてみたり。庭があるのなら是非お庭でいただきましょう。普段の何気ないお料理でも、外で食べると本当に何でも美味しく感じます。

 

今年初めてのテラスdeランチは、おひとり様ランチ。

 

ソーセージとブロッコリーを使ったナポリタンです。パスタ系はすぐ出来るから良く作ります。ニンニク入れて、玉ねぎやケチャップを焦がし気味に炒めると、甘みやコクが出ますよね~。

 

今のところ私は、コロナで出掛けられなくっても、実はそんなにストレスに感じていません。

それはたぶん、もともと在宅勤務で、一人が好きで、出不精な性格だから。おうち時間を如何に充実させるかって、そりゃもう、ずっーと前から考え続けて、常に自分の機嫌を、自分で取り続けてきたから。

でも、コレ、実は一人だからリラックス出来てるのかもしれませんね。未だ家族はテレワークが出来ていないので、しかも電車通勤だからもの凄く心配だけど、例えば夫が在宅勤務になったら・・・戸惑うだろうな(@@;

まぁ、何とかなるさ。刻々と変わる状況にフレキシブルに対応し、プラスに転じていくことが出来るよう、知恵を絞って参りましょう。