夏におすすめ簡単デザート

コロナ渦の自粛生活中はホームメイドスイーツが流行ったようで、バターや生クリーム、ホットケーキミックス、イーストやゼラチンなどスイーツ材料が売り場から消えてしまいました。最寄りのスーパーでは、未だにバターやイーストが買えない日があります。

そこで、最近は普通に冷蔵庫にあるものや、手に入りやすい和の材料(黒糖、きな粉、小豆など)で、ホームメイドスイーツを楽しんでいます。

ヒットだったのが「ミルクもち」

材料は片栗粉と牛乳、砂糖だけで、作業時間15分程のお手軽スイーツです。

冷蔵庫でしっかりと冷やしてからいただきます。

 

蒸し暑い日にぴったりの癒しのデザートです。

 

ミルクもちは、モチモチとツルンの間くらいの触感。この日のトッピングはきな粉と黒蜜に餡子です。

 

参考にしたレシピはコチラ→外部サイトへ

あれば何かと活躍する黒蜜と餡子も手作りです。

小豆は水で戻す必要がなく、そのまま煮て最後に砂糖と少しの塩で味付けするだけ。黒蜜に至っては黒糖をただ水で煮溶かすだけ。隙間時間にちゃっちゃと作れるものばかりです。

これらを市販のバニラアイスにトッピングするだけでも、目先が変わって美味しい。

 

頂き物のお手製フルーツケーキ。さっぱりふんわり口当たり良いのはクリームに水切りヨーグルトが入っているから。一切れで大満足の美味しさ。贅沢だ~♡

 

いつも夕食は腹6分とか7分で済ませ、デザートタイムに突入します。

チョコレート数かけ、市販のアイスクリームだけと、お口直し程度の日も多いけれど、たまに夫の出張土産や頂き物、ホームメイドスイーツが登場します。

そんな日のデザートタイムは一応それらしく、空いたお皿やお茶碗をひとまずシンクに移動させて、テーブルをリセットしてからいただくように。

一日のご褒美のような時間です。

まめとかではなく、要は自分が食べたいだけ、デザートを作る面倒を食欲が凌駕しているのでしょう。

 

 

夏越しの大祓-2020

水無月の晦日といえば、夏越しの大祓。正月から半年の間の穢れを祓う神事です。

今年はコロナのこともありますし、例年よりも更に神妙な気持ちで、近所の神社へ参拝しました。

 

夏越しの祓えは、縁のある沙沙貴神社に。ディアガーデンから車で10分程のところ、安土城跡にも程近い場所にあります。門の向こうに茅の輪が見えます。

 

夏越しの祓には、出来るだけ参拝するようにしています。

年越しの大祓は、主婦業が大忙しな時期ですから、なかなか行けないので、せめて年一度だけでも。

それに、6月に参拝することで、半年の節目になると言いますか、ここで身も心も清らかになったつもりになって、残りの年月をしっかり生きようと思えます。私にとっては、まさに儀式です。

どの神社でも行っておられると思いますが、沙沙貴神社では、自分の身についた罪や穢れ・厄を「人形代(ひとかたしろ)」に移し、それを持って茅の輪をくぐります。

人形(ひとかた)が描かれた紙で、住所氏名を5人分書けるようになっています。ウチには前もって送って下さるので、家族の名前を書き、それぞれ息を3回吹きかけてもらいます。

くぐったあとは社務所に持っていき、初穂料を納めます。直接茅の輪をくぐれない夫は、後で祈祷してもらえる、ということだと思います。人形代って、なかなか便利なシステムですね。

因みに初穂料を納めると「疫神斎(えきじんさい)」という黄色い小さな護符が貰えます。私はこの護符を疫病(いまならコロナかな)除けに玄関にさりげなく貼っています。こちらでは初穂料を沢山納めると色々な護符がいただけるようです。

 

雨の大祓となりました。くぐっている時は傘なしでもギリギリOKだったのですが、次第に降りが強くなって。今年の茅の輪は何故か小さめ。

 

茅の輪くぐりを終えて、少し境内を散策しました。

沙沙貴神社は、「百華園」として季節折々に花が咲く鎮守の森づくりに取り組まれているそうで、前に来た時より花壇の面積が増えていました。

今頃は紫陽花、半夏生や桔梗、姫檜扇、御柳(ギョリュウ)、瑠璃柳などが見頃。どの植物もいい波動を受ける影響か?単に梅雨時期だから?瑞々しく元気いっぱいに茂っていました。

 

本殿裏手の小道。雨に当たって緑が生き生きとして。

 

紙風船のような蕾と、星型の花といえば桔梗です。

 

姫檜扇の花、橙色の鮮やかなこと!薄暗い雨の中、目を惹きます。

 

夏越しの祓のあとは、水菓子「水無月」も外せません。これもまた近所、たねやさんで購入したもの。6月26日~30日だけの期間限定品です。

 

水菓子の水無月は、ただいま冷蔵中。夕食のデザートとしていだだくつもり。楽しみです。

さて、夏越しの大祓が終わると、明日はもう7月。

いよいよ夏本番ですね。

 

 

梅仕事-2020

今年も梅の実が出回り始めました。

ちまちまと10年程続いている梅仕事。特に理由はないけれど、梅干しの在庫もたくさんあるし、今回はお休みしようと半ば考えていました。

ところが、先月レモン酒を仕込んだ残りのホワイトリカーが1L弱余っていて、何とも使いようがなく・・・。仕方がない、久しぶりに梅酒でも仕込むかと、2Lサイズの青梅を0.5Kgだけ買おうと出掛けました。

そうしたら、梅酒用の青梅の近くに4Lサイズの南高梅が何気に置いてあるではありませんか!4Lってかなり大きいです。いいなぁと思って手に取ったのが運のツキ。熟し始めた甘酸っぱい香りが鼻をくすぐり、あっさり誘惑に負けました。

やれやれ。

「まぁいっか、やっぱり今年も(梅干しを)漬けよう」

 

4Lと立派な梅。1Kgだけ買ってしまいました。仕込む前にしばし飾って姿と香りを楽しみます。

 

材料さえ揃えば、仕込むのはアッいう間。何だったらグダグダ考えている時間より短いくらいです。

今年も紀州梅園さんの「おうちで作る白干梅干レシピ」を参考に仕込みました。ポイントは重し。ビニール袋に水を入れたもので、梅酢が上がると浮いてくる梅を上手い具合に(押しつぶすわけでもなく柔らかーく)押さえてくれます。

この方法でこれまで失敗したことはなく、どうも私には合っているみたい。

 

手前が梅干し、奥が梅酒です。

 

家族が少ないので、仕込むのはいつも2kgまで。

1年寝かしたものをその年に食べきろうと思いつつ、でもまだ手元に2018年に漬けたものが少し残っています。それを見ると、2年も前の実なのに、全く悪くならず、しっとり柔らか。塩の向こうに未だフルーティーな風味さえ感じます。

改めて梅って凄いな、不思議だなって実感しています。

 

 

GWのおうち時間

GWが静かに終わりました。

唯一のお出掛けは・・・食品の買い出しでした。コロナで仕方がないとはいえ、なんとまぁ、です。

で、その買い出しも、以前は、お買い得品で浮かぶ献立をその場で決めてざっくりと買っていました。買い忘れても「別にいっか~、また来よう」という感じで、ものすごくテキトーだったな。

それが今や、最低5日程の献立を事前に考え、買い忘れがないようメモ用紙に書き出し(スマホは菌を持ち帰る可能性があるので紙の方がよいらしい)、空いていそうなウィークデーの昼に一人でササッと行くように。

一気に献立を考えるのは面倒だけれど、諸々効率がいいのは間違いない。電子マネーの活用もして、コロナのお陰で少しは家事のスマート化が出来たかも?

 

++++++++++++

 

GW中のおうち時間、皆様はいかがでしたか?

この辺りは割と天気が良かったので衣替えや寝具替え、インテリアプランツの植え替えなど色々と捗りました。音楽をいっぱい聞いて、映画も見て、本も読んでと、かなりゆっくり過ごせたように思います。

食事も楽しみのウェイトが大きいから、色々やってみました。

 

ある日、スーパーの果物コーナーで国産レモンがお買い得(6個入りが150円!)になっていましたので、12個ゲットして、久しぶりにジャムと果実酒を仕込みました。

 

国産レモンは小ぶりだけどマイルドなお味。皮まで安心していただけます。

 

ジャムに4個、果実酒に6個使って。余った2個は「生絞りレモンチューハイ」にしました。

 

皮は10日経ったら取り出します。爽やかな黄色が可愛いです。

 

++++++++++++

 

さてまた違うある日、綺麗な鯛が並んでいました。鯛の旬は1月~2月だけど、春はたくさん獲れる時期らしくお安い。中くらいのを1尾買って、鯛めしにしました。

切り身でも十分美味しく出来ますが、ここは気分の問題です。

 

軽く炙ってから焚きます。土鍋に丸々入らなくて頭も落とすことに。食卓で焚き上げ、蓋を開ける瞬間が盛り上がります(^m^

 

身を荒くほぐして三つ葉を添えていただきます。出汁がしゅんで美味しくできました。また作ろう。

 

++++++++++++

 

子どもの日は、うちで唯一リモートワークが出来ないサービス業の子も休み。家族が揃ったので、テラスでバーベキューにしました。籠りっぱなしのGWでしたが、庭での食事は気晴らしになって良かったです。

テラスは小さなスペースですが、気が向いたらいつでも寛げるように、色々と考えて作った場所。おうち時間の充実に一役かっています。

 

ダイニングと段差なし&ひと続きのテラスは食器や食材を運ぶのもスムーズです。外用の家具は常に出しっぱなし、生垣などでプライバシーも確保しています。本当に使えるテラスかどうかは、これらの要素が揃ってこそ。

 

GW終盤、テラスDEバーベキューの様子。スタートが夕方だったので防寒対策もして。

 

外食の代わりで近江牛ーっ♪やっぱり柔らかくてしみじみ美味しいな。

 

まだまだ家で過ごす時間がしばらく続きそうです。

ついつい食べちゃいそうなところ、ここらで引き締めていかねば。

 

 

端午の室礼-2020

庭の花菖蒲の葉と近くの畦に生えている蓬を摘んで、端午の節句に因んだ活け込みをしました。

今日は5月5日。奇数が重なる日で五節供のうちのひとつ、菖蒲の節供です。奇数(陽)の重なる日は、めでたい反面、陰に転じやすい・・・そこで、邪気を祓うために、旬の植物から生命力をもらうということで、それぞれの節供には植物が深く関わっているのですね。

人日は七草、上巳は桃、端午は菖蒲、七夕は笹、重陽は菊、というように。

 

今朝の玄関、端午の活けこみです。

 

庭の花菖蒲の葉と蓬、愛想付けにアマドコロを少し加えて。まぁそんなに凝るものではありません。サラリと活けたつもり。

 

本当言うと菖蒲と花菖蒲は別物なので、これで邪気は祓えてはいませんが、玄関に五月の風が吹き込んだかのような涼やかなアレンジになりました。これから夏にかけてはこのように青い葉だけの室礼が増えて参ります。

さて、本物の菖蒲はお風呂にでも入れましょうかね。

 

今日のおやつはやっぱりコレ!柏餅、蓬入りです。

 

年中行事で定期的に邪気を祓っているお蔭か(勝手にそのように思っているのだけれど)心身ともに健康であることに感謝です。

身体のことを見えない何かに頼りきることはあり得ませんが、心には薬もメスも入れられませんので、そういう意味で、禱りやお祓いは安まります。

ひとつ行事を終えるたびに心丈夫になっていくように感じます。

 

 

パンの日に手作りシナモンロール

久しぶりにシナモンロールを焼きました。

以前、アアルトカフェで食べたシナモンロールを参考にして、カルダモンを生地にしっかりと効かせて作ってみました。それにしても・・・たまにしか作らないから、成形のコツをいちいち忘れてて、どうにも不格好な出来。

一体いつになったら覚えるのか⁈

 

カルダモンがシナモンの香りを引き立てています。

 

焼いている時オーブンから漂う、あまーい香りがたまりません。

先月、うちから徒歩1分の所に高級食パンのお店がオープンしました。一度買って食べもしましたが、あのお店に漂う香りは持って帰れない。「おうちの中がパン屋さんみたいになる」ってところが、ホームメイドの良さかと。

 

オーブンの中でギチギチに膨らんだパン達。いい香り~。

 

ふっくらシナモンロール、10個できました。形は相変わらず不揃いですが^^;

 

冷めても、ホイルでくるんで魚焼きグリルで温めると、また焼き立てのようになって。

小さな幸せを感じる瞬間です。

 

++++++++++++

 

さて今日4月12日は「パンの記念日」だそうです。(因みに、パンの日は毎月12日)

何の記念でそうなったかというと、アヘン戦争時に兵糧目的でパンを作ったことに由来するという。生きる残るためにパン、だったのですね。意外にシリアスな由来に驚いています。

アヘン戦争からおよそ180年が経った現在、我が家のシナモンロールは、外出自粛の日々のバリエーション。ある意味兵糧か???

2日でなくなるけど(笑)

 

 

Stay Home Stay Garden

先週の土曜日、テラスの大掃除をしました。

冬の間、屋内に片付けておいた散水ホースを出して、久しぶりに水仕事です。日中の気温が20℃を超えますと、もう苦になりません。

水仕事をしていると、いい大人がついつい水遊び。ちっちゃな虹がきれいに出来たので、その様子をインスタグラムのストーリーズにUPしました。ご存知のようにストーリーズは24時間経つと消えてしまうので、今はもう見られませんが・・・。

ブログにないpicもありますよ~↓↓↓

 

出しっぱなしのテーブルや椅子、ついでにタイルの床も水洗い!この画像と微妙にポーズの違うものをインスタグラムに投稿しています。

 

ブログにもよく登場するこの家具↑は、ドイツのアウトドアブランドのもの。耐候性ラタンを使って固く丁寧に編まれています。

普段は軽く拭いてから使うのですが、網目に埃が溜まるので、時々こうして洗い流しています。年中出しっぱなしで12年余りが経過しましたが、特に劣化は感じられません。上質な家具はやっぱり長持ちするんだな、って実感しています。

 

++++++++++++

 

さて、そろそろお庭で過ごすのにも良い季節となりました。コロナ感染防止で不要不急の外出を控えている中、お庭で過ごす時間に救われていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

私も毎朝お庭に出て、植物の成長を見るのが、いつにも増して楽しみです。

自宅のお庭なら、安全で新鮮な空気を満喫出来ますから、本当に安心してリフレッシュすることができます。

Stay Home  に加え、Stay Garden With Plants・・・

英語にするとなんかスマートですね。

 

テラスのモミジ。穏やかな空に若葉がそよいでいます。

 

まさに赤子の手の平のようなモミジの若葉。先が赤くて透けるように薄い。ねっとりしていて、産毛みたいなのもあります。毎年見てるけれども、やっぱり愛おしいです。

 

ディアガーデンのテラスの空は小さいけれど、この眺めは自分だけのもの。生垣やフェンスでプライバシーが保たれているので、いつでもどんな風にしていても寛げます。

最近は、ここにクッションを持ってきて、自堕落に座って、ただ鳥の声を聴いたり、春の日差しを堪能するだけの時間に癒されています。

そして、そして。

「テラスdeランチ」はじめました~~~。

外食もあまり出来ないし、これもまたいい気分転換になります。

外食って、主婦目線ではラクなのが一番嬉しいけれど、美味しいお料理だけでなく、照明やインテリア、テーブルセッティングや凝った盛り付けなど、雰囲気も含めて楽しんでいたんだなと、家との違いを改めて思います。

でも今は無いものねだりするのではなく、だったらどうする?ってことです。外食したい気分になったら、間接照明を工夫したり、食材を張り込んだり、盛り付けをいつもと変えてみたり。庭があるのなら是非お庭でいただきましょう。普段の何気ないお料理でも、外で食べると本当に何でも美味しく感じます。

 

今年初めてのテラスdeランチは、おひとり様ランチ。

 

ソーセージとブロッコリーを使ったナポリタンです。パスタ系はすぐ出来るから良く作ります。ニンニク入れて、玉ねぎやケチャップを焦がし気味に炒めると、甘みやコクが出ますよね~。

 

今のところ私は、コロナで出掛けられなくっても、実はそんなにストレスに感じていません。

それはたぶん、もともと在宅勤務で、一人が好きで、出不精な性格だから。おうち時間を如何に充実させるかって、そりゃもう、ずっーと前から考え続けて、常に自分の機嫌を、自分で取り続けてきたから。

でも、コレ、実は一人だからリラックス出来てるのかもしれませんね。未だ家族はテレワークが出来ていないので、しかも電車通勤だからもの凄く心配だけど、例えば夫が在宅勤務になったら・・・戸惑うだろうな(@@;

まぁ、何とかなるさ。刻々と変わる状況にフレキシブルに対応し、プラスに転じていくことが出来るよう、知恵を絞って参りましょう。

 

 

自家製の粒あん

この冬はあんこをよく煮ています。

家族みんな粒あん好きで、以前は缶詰のあんこを買っていたのですが、最近は消費スピードに追い付かなくって、そんなに好きなら大量に仕込んでやるかと、自家製あんこを作るようになりました。

粒あんを添えると何でも美味しくなります。私は特にあんバターパンが好き♡

こっくりとした粒あんと有塩バターの甘じょっぱいハーモニーがたまりません。香ばしいハード系のパンに挟んであるタイプが特に好きで、出先で見つけるとつい買ってしまいます。

 

お粥メーカーで予め柔らかく煮ておいて、仕上げに砂糖と塩少々を入れお鍋で煮詰めていきます。

 

煮る時間がかなり長いため、私は手持ちのお粥メーカーを使います。そうすると、ずっと付いてなくてもいいので気が楽。最後の仕上げはいつものジャム作りの要領です。

あんこ作りは日常で、何度も仕込むから、あんまり手間かけてらんない。私なりの工夫です。

 

北海道産小豆200gを煮ると大き目のジャム瓶3個弱のあんこが出来ます。あんバターパンにして味見。出来立てアツアツを食べられるのは作る者の特権です♪

 

手作りあんこで作る「いちご大福」。求肥はレンチンでOK。意外と簡単に出来ます。

 

学校閉鎖で揺れる3月。トイレットペーパーが無くなるデマまで流れました。昨日スーパーに行くと、案の上というか、棚は空っぽ。そして傍には、最後の数個を買い占めるべくカートに積もうと四苦八苦している年配の女性が。無理やり何個も載せるから落としてばっかりいるんですよ。ホント、滑稽でした。

今はひとり一人が冷静に、慎重に、そしてちょっとのあいだ我慢を共有する時です。

外出がためらわれるこんな時こそ、家の中のことに目を向けてみる。家でも出来るよう工夫をする、そんな良い機会じゃないでしょうか?私はそう捉えます。

 

 

ショップデザイン観察ーCAFE AALTO

新型コロナウィルス肺炎の感染要注意期間ながら、京都で用事があり電車に乗らねばならず、マスクをして行って参りました。

噂どおり静かで、中国人観光客には出会いませんでした。寺町通りのある鳩居堂さんを覗くと、欧米の方がちらほら、日本人客もまばらという感じで、なんだったら店員さんの方が多い。商店街の中には採算がとれないのか「しばらく休業します」と張り紙してあるお店もあって事態は深刻です。

以前なら、歩いていると必ず中国語が聞こえてきたし、バスに乗っても日本人の方が少なかったりして、なんだかなぁと思っていました。静かな京都は落ち着くし、正直、この方がいいな・・・と思わないでもありませんが、経済のことを考えるとそんな呑気なことも言ってられないようです。

 

++++++++++++

 

用事を済ました後、街がこんなに空いているんだったら、噂のカフェ「CAFE AALTO」も空いているかも?と行ってみました。

フィンランドの有名な建築家アルヴァ・アアルトが手掛けたヘルシンキのカフェが昨年12月京都に世界初出店!と聞き、訪れるのを楽しみにしていたんです。

「CAFE AALTO」は映画「かもめ食堂」に登場したことから日本でもとっても有名になったカフェ。ご存知の方も多いと思います。小林聡美さんが演じるサチエと片桐はいりさんが演じるミドリがこのカフェでガッチャマンの歌で盛り上がるシーン、私もすごく印象に残ってます。

本国ではアカデミア書店の2階にありますが、京都ではカプセルホテル「MAJA HOTEL KYOTO(マヤ ホテル キョウト)」の1Fにあります。

 

「CAFE AALTO」はフィンランドの著名なデザイナーによるカプセルホテルの1Fにあります。京都らしく建物の入口はこじんまり&奥に伸びる作りです。格子で囲われモダンながら景観に溶け込んでました。水道のメーターボックスがここまで大きいと玄関マットのようでお洒落に見えます。

 

そして、店内は・・・

予想通り!めちゃ空いてました~(^^

お昼どきでしたが、お客は、女性2人連れが1組、あとおひとり様が私入れて3~4人。大丈夫かな?と心配になる程の少なさでした。

 

内装は本国と同じにしてあるそう。アアルトデザインのペンダントライト、A330 GOLDEN BELL(1954年)がモダンな華やかさを醸し出しています。

 

壁に本国のカフェの写真が飾られてます。

 

空いているので、店内が見渡せる隅の席に陣取って、じっくり空間を観察。楽しんできました。

このカフェのためにデザインした黒いレザーに真鍮のフレームを合わせた椅子、なんて名前がついているのか知りませんが、座り心地はとっても良かったです。黒と白、そして金というインテリアコーデは、近頃のモダンテイストとはまた違いどこも尖ってなくて、むしろ落ち着いた感じがしました。

 

突き当り、ガラスの向こうに坪庭が。

 

そして店内奥を見ると、本当に僅かなスペースが石庭っぽく設えてありました。ほんのちょっとの空間でも、こんな風に整えてあると、遊び心や抜けが感じられていいな。どんな建築にも必ず庭を付けるところが京都らしいです。

隅に大きな灯籠が竿の部分を取って据えられていました。これはインテリアに合ってるの???私的にはちょっと違和感を覚えましたが、外国の方から見ると日本に来たって感じがしていいのかもしれませんね。

 

++++++++++++

 

フィンランドらしいメニューの中から私がいただいたのは、実は前から決めてたんですけれど・・・、シナモンロールです。

ちゃんと温めて出して下さったので、シナモンの甘い香りが立ち上ってきました。ふわっとした食感にカルダモンが想像以上に効いていて、なるほど、ヘルシンキのカフェもこんな味なのかしらね?今度自分で焼く時カルダモン増し増しで作ってみよう。といっても、さすがにこんなに大きなのは焼けないけれど。

 

直径20cmはあろうか?!とにかくビックなシナモンロールが出てきました。

 

そうそう、海外のカフェ出店といえば、ロンドン発「FLANZE & EVANS」がひっそりと撤退してたーっ( ;∀;) 昨年11月だったみたい。インテリアは可愛かったし、ケーキは海外っぽくコテコテと大きく、見る分には罪がないので楽しく拝見していて、お惣菜も好きだったのに・・・残念です。1年半で撤退って早すぎません?

「CAFE AALTO」はどうでしょうか。他にも食べてみたいメニューがあるので、しばらくは居て欲しいな~。

 

 

Happy Valentines day-2020

最近のバレンタイン事情、友チョコや自分へのご褒美チョコが増えているそうですね。

特別なこともドキドキ感も全くありませんが、今年も家族で食べる生チョコをいっぱい作ります。そしてついでに自分へのチョコも。

 

これは自分のためのチョコレート。

 

年を重ねるにつれ、神経は図太くなり、行動力は増し、こだわりも少なくなり、物事を良い方に考えられて、忘却力にも拍車がかかり・・・お陰で自分のことで思い悩むことが少なくなりました。その反面、自分以外の者やことにやたらと心配をするようになってしまいました。

愛ゆえに心配が止まらないのでして、余計なお世話とわかっていても、どうにも止まりません。そのストレスで免疫が低下しています。自分でも呆れる反面、まだこんな繊細なところがあったのかと驚いたりもして。

そんなとき考え方を変える言葉に出会いました。

相手に譲る、避ける、好きなようにさせる、相手にならない。同じ土俵に立って考えない。そうすれば、イライラや心配事、不愉快な悩みは消え去る、というもの。そして、厄介な問題を持ち込まれたときは「それはそちらの事情ですよね?」と言うと相手も冷静になるとのこと。

愛はあっても、好きなようにさせる、同じ土俵に立って考えないことにしよう。そう思うと、気持ちが軽くなるような~。

 

柔らかくしたホワイトチョコレート(120g)とクリームチーズ(100g)に苺ジャム(大さじ1)を混ぜて丸めたもの。TVおは朝で紹介されていたレシピです。モチモチ触感がいい!

 

結局のところ、私の心配は杞憂に終わり良かったのですが、ちょっと精神的にしんどかった今週。好きな音楽でも聴きながらチョコを食べ、馬鹿な自分を慰めています。

皆様には、どうか愛溢れる一日を。