端午の室礼2021

GWが静かに終わろうとしています。はじまりも確か雨だったような?そして最終日の今日5日も雨。雨しか印象にないGWだから、より静かに感じたのかもしれません。

それにしてもコロナの感染拡大が止まらないのが心配です。GW中はどこへも遊びに行ってはいませんが、仕事や必要な買い物などで出掛けることはあって、もちろん対策はしっかりしているつもりだけど、不安というか…この頃は自分の傍にヒタヒタと迫ってくるような恐怖心を感じるようになってきました。

もっと慎重にならなければと思いつつも、神頼み的なことも一応やっとくか的な端午の室礼です。

 

玄関に花菖蒲をすこし。4月末に活けたときは蕾でしたがすぐ咲いて。花の見頃は短いけれど庭植えでは次々咲くのが魅力です。

 

現在、端午の節句は、男の子が健やかに成長することを願う1日ですが、もとは老若男女問わず邪気を払い、長寿を祈る日でした。

厄除けの飾りには、種々の香料を詰めた薬玉に春の魁として生命力が強いとされる蓬や菖蒲の葉を添えるのが習わしです。この飾りは室内の柱などに掛けます。

菖蒲や蓬を使った飾りは他にも、玄関の庇にたっぷりと飾りつけ厄の侵入を阻もうとする「軒菖蒲」、お風呂にそれらを浮かべて身を清める「菖蒲湯」というのもあって、この日だけで一体どれだけ厄払いするの?と思う程、先人達の徹底ぶりには驚かされます。

我が家には、薬玉もどきを作ろうかなと蓬を摘んできました。

 

蓬は割とどこにでも生えているので手に入りやすい野草。摘んでいる傍からいい香り。菖蒲は端午の節句の前だけスーパーで売られていたりします。

 

厄払いではないけれど、端午の節句のお楽しみ、柏餅は毎年必ずいただいています。

今年の柏餅は、歩いても行ける近場で調達しました。

「和菓子司 近江三方庵」さんです。

 

今年の柏餅は「和菓子司近江三方庵」さん製。以前は工場だけで、販売はしていなかったように記憶していますが(買おうとして入ったら買えませんと言われたので覚えてる)いつの間にか改装されていて工場直営店が出来ていました。

 

こし餡、粒餡、その他に珍しい味噌餡が売られていました。出来立てモチモチ、柏の葉の香りが格別です。何度も嗅ぎたくなる爽やかな香り。

 

 

花生けのお仕事より(4月のまとめ)

ディアガーデンではお庭づくりや外構工事といった建物の外回りのお仕事だけでなく、植物に関するご要望に広くお応えすべく、インテリアプランツの納品や装花室礼といったお仕事も受け賜わっております。

そんな流れで、本年度より株式会社仁々木さまの京都祇園本店に毎月数回お花を生けに通っています。今日はそんなお仕事より4月のまとめをご覧いただきます。

(過去の事例はコチラ→1月2月3月

 

++++++++++++

 

桜の花が散って、草木の青葉がいよいよ目立つ4月初め。華やかな花というより、柔らかな新芽やキラキラ光る青葉を愛でたい気分です。

お花屋さんに行くと、そんな私の気落ちを知っていたかのように素朴な感じの花材が売られていて嬉しくなりました。特に畦でよく見るナズナ、通称ペンペン草に似ているけれど、もう少し丈のある「タラスピ」というお花が可愛らしくて。西洋ナズナなんだって。

アレンジにタラスピを入れると、一気に野の花っぽい雰囲気になりますね~。

 

4月の初め、仕入れたのは左からマトリカリア、柔らかそうな蔓性の葉っぱ(名前忘れました)、クレマチス、西洋ナズナのタラスピ。

4月初旬【盛り花】

そのタラスピとマトリカリア、蔓性の葉っぱを手の中でランダムに束ね、ゴムバンドでくるくる巻いてまとめたら、最後に茎をちょんちょんと切り揃えます。あっという間に小さなブーケが出来上がります。

ウェディングでよく見るチャイルドブーケにピッタリなんじゃないかしら?

素朴だけど可憐なとっても可愛らしいブーケは、小さな片口の器に。

たまにはこんなのもいいかなぁと提案してみましたら、お店の方に大好評でした。

 

ふんわり可憐なブーケ。

誰もが笑顔になってくれそう?ハッピーオーラが出てます。

 

4月初旬【掛け花】

花活けも、和の食材と同じように「はしり」「旬」「名残り」「出会いもの」などを感じながら色々と織り交ぜています。4月の初めだけれども、お花屋さんにはもう早、5月に咲くクレマチスが並んでいました。

仕入れたのはベルの形をした花のクレマチス。濃い紫がシックで和菓子屋さんにも合うかなと。暴れた茎姿は掛け花にすると面白いです。

 

一重なので和の雰囲気でも浮かないかな。自由に伸びる茎をそのまま生かして。

 

4月中旬【盛り花】

初旬に引き続き青葉を愛でたい気分。ディスプレイガーデン(ディアガーデンの展示庭)でも草たちがすくすくと成長していました。その中から増えに増えたアマドコロを何本か手折って持参、生けてみました。

 

柔らかそうな葉は、なんだか美味しそう。サラダに出来そうな感じです。目立ちませんが白い花が咲いています。仕上げに霧を吹いて。

 

4月中旬【掛け花】

掛け花用の花材白ヤマブキも、ディスプレイガーデンで育てているもの。頃合いな枝を選んでカットしきれいに洗って持っていきました。お花屋さんでも白ヤマブキは買えますが、庭で育ったような奔放さはありません。

 

白ヤマブキの花の白は、なんていうか私の中では特別。とても清潔感溢れる白で、毎年春に咲くのが楽しみなのです。

 

庭と言えば、ここ仁々木さんの店先に小さな花壇があります。

今頃はハイノキの白い花がお客様をお迎えしています。

 

2.5mほどのハイノキ。土が少ない花壇で健気に咲いています。

 

4月下旬【掛け花】

この花壇をお作りして2年半ほど経ちますか。

最初に植えたコバノズイナも蕾をたくさん付けています。整枝剪定を兼ねて花材に利用する・・・ということもそろそろ出来るようになりました。

 

庭植えのコバノズイナは花屋さんのより葉っぱが大きめ。ふわりと浮かせて生けています。

 

4月下旬【投げ入れ】

1月~3月はあっという間に過ぎ去りますが、4月は「死ぬほど長い」と揶揄されるように、毎年4月は異常に長く感じます。今年は工事で現場通いしながら新規の打ち合わせもし、花生けは3回通いました。結構慌ただしかったのに、長かった~。

そんな4月もようやく終わり。

GW中に端午の節句があるので、花菖蒲を生けて参りました。この名前の元になった「菖蒲」は、サトイモ科のショウブのことで、アヤメ科であるハナショウブとは全く別モノ。生けるにはちょっとゴツイ感じですので今回は花菖蒲を。

 

スッキリとした草姿をそのまま写して生けたつもりです。花が咲くと違った風になりそうですが。

 

明日からは皐月、爽やかで大好きな月です。

どんな花に出会い、どんな花生けをするのでしょう?実は自分でも分かりません(笑)

年中行事の室礼として生けるのならば、予め思い描いて行くのですが、そうでなければ真っ白な気持ちで仕入れにいって出会いを楽しみ、即興的に生けています。

なので自分でも楽しみ。

装花室礼についてのお問合せ、ご相談はコチラ→ contact

 

 

 

GWステイホームのお供

今年のGWは初日からあいにくの雨模様。

緊急事態宣言が出ている県もあることですし、みなステイホームかと思いきや、旅行や近距離移動などは結構あるようで…。ここ滋賀県では他府県から来られるキャンパー対策として公園閉鎖がGW間際に決まったりと、相変わらず対策は後手後手。前から予想できたであろうにと、何だかモヤモヤしちゃう。

そんな私のGWは遊びに出掛ける予定はなくて、半分以上は仕事で、残りは身内の引っ越しの手伝いで終わりそうです。

 

28-29日にかけては終日降っていたので、テラスにインテリアで飾っているグリーンを出して雨にあてていました。

 

植物にとっては恵の雨。水道水とは比べ物にならない程エネルギーを持っています。

 

そんなわけで事務所で少しでも気分よく過ごせるように、大きなアレンジメントを自分にプレゼントしました。

これをお供にステイホーム。

 

事務所にビバーナム「スノーボール」を飾りました。

 

爽やかなグリーンの花がゴージャス!気分上がります。

 

コロナ禍2年目となる今年は、寝室のインテリアを見直す予定。

ステイホームも長引くと色々と変えたくなりますよね~。新しいレイアウトや家具のことを考えるだけで、ワクワクしています。

秋までには仕上げたいなー。

 

湖東の造園外構工事ー植栽編

琵琶湖の東側の地域のとあるお宅の外構工事(エクステリア工事とも言います)と造園工事、2種類の工事が無事終了。

いま振り返りながら作庭記を書いています。今日は作庭記としては最終回の植栽編です。

それで、あと残すところは完成画像なんですが、実はまだほとんど撮影出来ていなくて、またタイミングを見計らいUPしたいと思います。

工事最終日に何枚か撮ったものを一部先行してInstagramにUPしています。→

既にUPしました工事の様子: 基礎工事編 → コチラ、 石工事編 → コチラ、 床工事編 → コチラ

これからお庭や外構(エクステリア)を作りたいと思われている方、リフォームしたい方の参考になればと思います。

 

++++++++++++

 

作庭記では、これまで構造物を作る作業ばかり書いてきましたが、ようやく植物の登場です。

この日も晴れ渡ってきれいな青空!まさに植栽日和でした。

植えるにあたり、花壇には予め敷地から出た良質土(砂系)と客土(関西では真砂土を客土として使います)を入れ盛っておきました。お施主様は畑をされている関係で「この辺りは砂地だよ」とおっしゃっていて、実際土工事で掘り返して見ても、水はけがとても良いことが分かりました。

それを踏まえ、パートナーの造園屋さんの提案もあって、改良剤はバーク堆肥とネニサンソという真珠岩系パーライトを採用しました。通気性に優れ酸素を十分に補給することからネニサンソという名前がついたみたいです。水持ちがよく、水と空気の配分が理想的で、過湿にならず乾かないということでよく使っています。(水はけが悪く根腐れする危険がある場合は黒曜石パーライトを使います)

 

前庭にドウダンツツジを下ろしているところ。重すぎて男性でも持てない木は、植える場所にユニックで吊って下ろします。

 

今回、植える庭は2ヶ所。前庭と主庭です。

前庭は個人の庭でありながら、道路に接しているので公共的な性格も持ち合わせた庭です。お玄関先でもありますし、出来れば常にきれいに見せたい部分です。

ですので、私は前庭の植栽を設計するとき、常緑低木を必ず入れます。場にあった育てやすい樹種を選ぶと、手入れもしやすく年中緑が楽しめます。目線に近いので、ここにきれいな緑がいつもあると、なんだか整って見えるのです。

常緑といっても高木ばかりだとなんだか暗くて重苦しくなるし、草花できれいに整えるには手がかかり過ぎます。ですから常緑低木が適していると思います。

このお宅の前庭の常緑低木には、サツキツツジを選びました。上の画像で手前に見えている木です。自生植物で根付けば雨さえ当たればよく育ちますし、花後に刈り込むだけでいいので手入れも楽。予め据えた景石に添わせるようにたくさん植えました。和の雰囲気の建物ですのでよく合うはず。

前庭のシンボルツリーは2m越えのビックなドウダンツツジです。秋に見た時は枝だけでしたが、今は花が咲いて葉も芽吹いて・・・植えるとそれはそれはきれいで立派で、場にドンピシャ!上手くマッチしたと思います。

(本文最後にドウダンツツジ含めた画像があります)

 

仕入先には色々な苔類がパレットや乾燥した状態で並んでいます。今回はその中から砂苔を、築山の端と石貼りの目地に植えました。

 

++++++++++++

 

主庭はリビングダイニングに面した庭で、雑木の庭にしたいというご希望でした。

イロハモミジやアオダモ、サルスベリなどの落葉高木を何本かに、アジサイ、ユキヤナギ、トサミズキ、ヒメシャリンバイなどの低木、それに春~秋咲く宿根草などをご提案しました。

こちらのお宅の植物の9割以上は日本の野山で育っている自生種から選んでいます。ただ、アジサイと主庭の宿根草の一部は外来種です。

奥様から「和になりすぎないように」というご希望がありましたので、アジサイは白い「アナベル」に、宿根草ではロシアンセージ「リトルスパイヤー(矮化種)」やベロニカ「ロンギフォリア」をおススメしました。

アジサイ「アナベル」は西洋アジサイですが、細い茎に綿帽子のようなフンワリとした白い花を咲かせどんな庭でも素敵にしてくれます。大きさはコントロールできるし何より丈夫で切り花にしてもいい。私も大好きでディスプレイガーデンで長年育てています(画像はテラスの花壇です)お客様のお庭に大抵おススメしていて100%採用されてるアジサイです。

外来種でもはんなりした優しい雰囲気の植物だから自生種に合うと思います。それに外来種といってもむやみに繁殖せず、大きくなりすぎないので良いかなと思いました。

外来種は何といっても華やかでそそられるのだけれど、自生種を脅かす存在。環境保護の観点からも取り扱いには気を付けているつもり。

 

前庭(砕石敷きの駐車場)から繋がる主庭の植栽の様子。ここは落葉樹を中心とした雑木の庭で、画像はイロハモミジを植えているところです。その奥には先に植えたアオダモが見えます。

 

上の画像からお分かりいただけるでしょうか?木は敷地の周辺に一直線に植えるのではなく、家寄りにも植えたりして、どの角度から見ても並ばないようジグザグに配置して、奥行きが感じられるようにしています。

主庭のシンボルツリーのアオダモは庭の中心に植えてあり、縁側のようなデッキに座ると出るとその清々しい姿が一番に見えます。

前庭の植栽は完成させましたが、主庭の方は広いので、主たるものを植えただけ、ベースを作っただけです。花壇には客土のみで改良剤も入っていない部分がまだ残っており、これからお施主様のお好きなように植えられる予定で、追々サポートしていきます。

どんな風になるのかとっても楽しみです。

 

++++++++++++

 

最後に。

フェンスや門、アプローチ、駐車場などの構造物は庭の骨格となるもの。生活する為になくてはならないものだから、デザインは素敵でありつつ、利便性や耐久性が重要です。造り手は、それら構造物をしっかりと作るだけでなく、建築で出来ていない部分や足りない部分をどう補うか?予算内でディティールをどう納めるか?などに頭を悩ませ神経を使って造っています。

それでようやくいろんな構造物が出来て外構は完成します。

でも家全体を見ると、いまいち殺風景なのです。なんていうか、「家」ではなく「建物」という感じ。私の勝手な見方なんですが、土地にモノが載っているだけ、そんな印象です。

 

工事中の画像ですが、敷地の縁に沿ってブロックを積み、門壁がつき、アプローチがつき・・・外構はほぼ完成の図。構造物が並んでいるだけ、何だか殺風景です。

 

それが、木を植えたり草花を植えたりすると、一気に土地と建物がつながって「家」になるように思います。

上の画像と下の画像を見比べていただくと、私の言うことが何となく伝わるかしら?

 

外構工事につづき、造園工事で植栽完了の図。上の画像と見比べると、雰囲気が全然違いますよね。緑が入るとこんなに建物が生き生きと、そして根付いて見えるんです。

 

これは設計の段階で、いつもお客様にもお話していることで、その時は殆どのお客は私の言うことがピンとはきていないご様子。でも植栽工事が始まって、どんどん緑が足されていくにつれ、建物が生き生きと見えてくるのに驚かれます。

そして植え終わったとき、「家になった、という感じがします!」とおっしゃいます。

 

 

湖東の造園外構工事-床工事編

琵琶湖の東側の地域のとあるお宅の外構工事(エクステリア工事とも言います)と造園工事、2種類の工事が無事終了。

いま振り返りながら作庭記を書いています。

今日は床工事編。次回、植栽工事をUPして完成をご覧いただくつもりです。

完成画像は、一部先行してInstagramにUPしています。→

これからお庭や外構(エクステリア)を作りたいと思われている方、リフォームしたい方の参考になればと思います。

既にUPしました工事の様子: 基礎工事編 → コチラ、 石工事編 → コチラ

 

++++++++++++

 

外部空間の床というと、アプローチ、駐車場、デッキやテラス、花壇以外の裸地、等々。それらの仕上げをどうするか?は、インテリアと同様に大事なことです。

私がデザインするときは、インテリアをコーディネートするように、アクセントにしたい部分の素材を変えたり、建物を引き立てるよう、また全体のバランスが取れるようにカラーコディネートにも気を配っているつもりです。

インテリアと違うのは、耐候性や耐久性のある素材を選ぶこと。造りはだいぶ違って、車が乗っても壊れない強度や、水が溜まらないような勾配が必要です。それでいてどんな年代の方でも安全に歩けるように、植物とも馴染むようにしたいものです。

今日は、洗い出しのアプローチ、アクセントと花壇枠を兼ねた自然石貼り、コンクリート土間の駐車場、砕石敷きという4パターンの床仕上げをご覧いただきます。

まずは洗い出し仕上げから。

洗い出しとは、セメントモルタルに化粧砂利などの骨材を入れて塗りつけ、完全硬化する前に噴霧器やブラシで水洗いして、石の頭を少し浮き出たせるようにする左官工法のことをいいます。石の種類や大きさを変えると違う表情になります。樹脂で固めるので方法もありますが、塊ではがれやすく樹脂部分がカビやすいので私はオススメしません。

アプローチを洗い出しにしたのは、建築デザインと合わせたいとのお施主様のご希望もあったからです。コンクリートだけより割高ですが、こちらの場合は小面積ですし、門壁にも合っていますから、よい選択だったと思います。

 

玄関ポーチにアプローチ階段を追加。基礎をブロックで作って表面仕上げのための下塗りを終えたところです。表面仕上げは建築と同じ砂利を使い洗い出しにして、自然に馴染ませます。階段が門壁の化粧ブロックにかからないよう門壁の基礎を調整しています。

 

庭やエクステリアでは自然石を床材として使うことが多いと思います。滑りにくいですし、植物にも良く合い、仕上がってみるとすごく素敵になります。コンクリートや洗い出しに比べて材料も手間も割高ですから、予算にあわせて面積を調整しています。

自然石でも色々あり、全体の雰囲気や予算にあわせて私の方からご提案することがほとんどです。ここは滋賀県ですので、地元の石や近畿で採れる石がやはり風土に馴染むと思っています。

今回は京都~兵庫に位置する丹波地方で採れた石「丹波石」をご採用いただきました。色合いはベージュ~焦げ茶色で、穏やかな風合いで非常に上品な石です。

 

石選びの際に撮った丹波石の画像。5~10cmくらいの厚みがあります。

 

石の形が不定形なので貼るのはセンスが問われます。そのセンスは目地に現れるのです。四ツ目や芋目地など見た目によくない目地は色々とあり、これを避けて貼るのは口でいうのは容易しするは難しの典型で至難の業。まさに職人技です。自分で選んだ石ならともかく、支給された石を貼る場合は、特に大変だと思います。

この丹波石は、しっかり厚みがあるので、その良さを生かしたく、目地幅は1~2cm内外、深さも1cmは欲しいと職人さんにお願いしました。このように貼ると、石が埋もれずに石の影がくっきり見られ、カッコいいのです。ピンヒールでここを歩く方は恐らくいないので、このような目地でも支障ありません。更に石に営利な角があれば落としてもらい、柔らかな仕上がりに拘っています。

職人さんにたくさんの制約やお願いをしましたが、とてもいい感じに仕上げて頂けたと思います。お施主様にも大変気に入っていただけて良かったです。

 

アプローチ階段の洗い出し仕上げが出来、既存の玄関ポーチと違和感なく繋がりました。つぎに花壇枠兼アクセントとして丹波石を貼ってその目地を整えているところです。深目地で仕上げてもらっています。

 

仕上がりの様子。洗い出しや石貼り、手水鉢、五郎太石、下草や苔、それぞれの素材がいい表情を作ってくれました。床の勾配も適当で引っ掛かりなどなくとても歩きやすいアプローチです。石の目地に苔を貼ったりして遊んでいます。

 

最後に一般的なエクステリア工事でよく見られるコンクリート土間と砕石敷きを。

こちらのお宅の前庭には、車3台がゆったりと停められます。1台の土間をコンクリートで仕上げ、残り2台分は砕石敷きとしました。コンクリートの駐車場は一部アプローチも兼ねており、通常車1台分だと幅2.5mもあれば良いところ3m程あります。ここには軽自動車を停められるそうです。

 

駐車場1台分をコンクリート土間に。型枠を組んで、メッシュ筋を仮置きしたところです。打設するときには、キューブ状のスペーサーを使って鉄筋をかさ上げし、コンクリート厚に対して適当な位置にくるよう調整します。

 

コンクリート土間の表面仕上げは、金コテ仕上げと刷毛引き仕上げが定番。

埃がつきにくいけれど滑りやすいコテ仕上げ、汚れやすいけれど滑りにくい刷毛引き仕上げ・・・どちらも一長一短あり、お好みで選んでいただくのですが、こちらのお施主様には、刷毛引きを選択いただきました。刷毛引き仕上げはタイヤ痕が目立ちにくいということもあります。

 

打設し、表面に刷毛引き仕上げを施したところ。画像で分かるように石貼りを一部コンクリート土間に食い込ませて、石貼りの意匠が上手く駐車場と繋がるよう工夫しました。

 

庭の床と駐車場の一部に砕石を敷いています。どちらも同じ石ですが、庭は粒がそろった単粒で、駐車場の方は粒を不揃いに、と種類を変えています。

不揃いの方が石同士が噛み合うので、より締まって石が散らばりにくい。転圧してもらい、しっかりと固めてありますので、駐車するときタイヤが埋もれたり石が道にばらけたりしずらく、とても停めやすいです。一方、庭の単粒は砕石でも化粧っぽく見えます。

本当にちょっとしたことですが、使用感がUPしたと思います。

 

砂利も場所と用途に合わせて使い分けしています。

 

砂利敷きの話題で、最後に余談なのですが・・・

家づくりの際、建築で予算を使い切ってしまい、外部空間は砕石敷きオンリーで済ませてしまう方がいらっしゃいます。砕石敷きにすると、ひとまず泥を気にせず歩けるし車も停めやすいです。またいつか余裕が出来たらと、床仕上げを先延ばしにされているのだと思います。

しかし「いつか」はなくて、結局ずーっと砕石敷きのまま、というお宅がほとんどです。そういうお宅は土が固いので植物は植えられず、プラ鉢などで育てておられます。殺風景極まりないのですが「まぁ、これでいいか。暮らしに支障はないし」と砕石敷きに慣れてしまうのでしょう。

もしも家づくりの際に、エクステリアをある程度整えたいとお考えならば、最初に予算をしっかり確保することがとってもとっても大事です。建築会社様もそれぞれで、外回りの設計や工事に深入りしない場合も多く注意が必要です。

ざっくりですが、建物に釣り合うエクステリアの目安は建築費の10~15%。敷地の建物以外の面積×1万円と算出していただいても良いと思います。

 

 

新緑にヤマツツジの花が映えるワケ

ついこの間まで桜が咲いていたと思ったら、もう新緑の時期となりました。

「新緑が眩しい季節」なんて形容しますが、冬に比べぐんと光の量が増え、目が慣れていないため、少しの照り返しでも眩しく感じるのだと思っていたら、葉っぱは自ら輝いて(日光を反射しているだけではなく,自ら光を放って)いるのだという。

いま、ディアガーデンの庭(ディスプレイガーデン)もまさに新緑につつまれています。

晴れた日はもう眩しくて眩しくて!

 

こちらはテラスガーデン。イロハモミジの若葉が輝いています。新芽だけでなく影色ですら初々しく感じます。

 

例年4月のディスプレイガーデンは、控えめに白い花(シロヤマブキ、ドウダンツツジ、アマドコロ、ティアレラなど)が咲いています。

5月になるとエゴノキの花が咲いて白のピークを迎えます。

新緑に白は春らしい清らかな配色。でも白色は緑の中に溶け込んでしまい、近くで見ないと分かりません。

そんなディスプレイガーデンに今、なんと赤い花が出現しました!

ヤマツツジです。

 

前庭花壇に突如現れた赤い花、1mほどのヤマツツジです。新緑の中でとても目立っています。

 

実はこのヤマツツジは売り物。

仕入れてから納品するまで、花壇の空きスペースで養生(仮植)しているだけなのです。

空いているところは数少ないので、本当にとりあえず、という感じで植えたのですが、若葉の中で物凄く映えちゃって、思いがけず素敵な眺めになっていました。

何でこんなに映えているのでしょう???

花の色が緑の補色「赤」だから、だと思います。

色相環ってご存知じでしょうか。赤・橙・黄・緑・青・藍・青紫・紫・赤紫など虹色をベースにした色の変化をつなげてひとつの輪にしたものを言い、カラーコーディネートする際によく使うツールです。

色相環で向かい合う色を補色の関係といい、色相差が最も大きいので、お互いの色を目立たせる効果があります。赤-緑,青-橙色などの補色配色は非常に目立ちます。だからヤマツツジの花色が際立って見えたのですね。

そういうことも頭では一応分かっており、それでヤマツツジをお客様にお勧めしたのですが、実際に自分の庭に植えてみてどう感じるかまでは想像出来ていませんでした。これまで他所のお庭や山でこの配色を見ていてもここまでの感動はありません。

何事もやってみなければ本当のところは分からないものです。

 

ネイビーの看板ともマッチしてていい感じ。

 

ヤマツツジの花色は、赤は赤でも朱色っぽい。神社の鳥居や朱肉のあの赤に近く、とても日本的な赤だと感じました。枝姿も大らかで好みです。

春のいっとき、このような眺めもいいものだなぁ。

日当たりの悪いディスプレイガーデンではこんなに咲くことはないでしょうが、今後、もしかすると、ディスプレイガーデンにヤマツツジが数株植わるかもしれません。

 

++++++++++++

 

今の時期、赤系の植物で素敵なのが、もう1種類植わっています。

ヒューケラです。

玄関ポーチの階段脇に植えたオレンジのヒューケラ。新芽がとてもきれいです。

 

緑の中でひときわ目立つ黄色に近いオレンジ。初夏になると、傍に植えたサルビアネモローサ「カラドンナ」が青紫の花を咲かせ補色の配色となります。

 

ヒューケラはまだ花が咲いていませんが、遠目からみると花が咲いたように華やか。これも補色の効果です。

ディスプレイガーデンは、元々、草姿や樹形を優先にコーディネートしているので花いっぱいお花の庭、という雰囲気は目指していません。

日常において、お花だらけの眺めは案外疲れるもの。綺麗に保つのも大変だし、そもそもここは殆どの場所が半陰もしくは陰だから咲きにくくもあります。しかも花の庭は観る人を選びます。ですので、ディスプレイガーデンは元々花の要素は少ないのです。

それでも、初夏を迎えるとピンクの花(シラン、シモツケ、アスチルベ、バラなど)が次々咲き、梅雨以降はブルー系の花が咲いてきます。

花ばっかりにしたくないと言いつつも、咲けばやっぱり嬉しいです。

湖東の造園外構工事ー石据え編

琵琶湖の東側の地域のとあるお宅の外構工事(エクステリア工事とも言います)と造園工事、2種類の工事が無事終了。お引渡しが出来ました。

その作庭過程の様子は工事中に更新するつもりが、体力不足で出来ず(>_<)

これから振り返りながら作庭記をあと2回ほど書いたのち完成をご覧いただくつもりです。途中、全く関係ない話題が割り込むかもしれませんが、宜しければお付き合いくださいませ。

完成画像は、一部先行してInstagramにUPしています。→

これからお庭や外構(エクステリア)を作りたいと思われている方、リフォームしたい方の参考になればと思います。

前回のブログでは、エクステリア工事の基礎を作る場面のことを書きました。→コチラ

今日は沓脱石や景石、水鉢、石組など石を据える様子をご紹介します。

 

++++++++++++

 

工事は天候に左右されることが多いけれど、この現場ではこれまで雨に泣かされたことがありませんでした。

雨が降るのは決まって工事がお休みの日曜日ばかり。月曜日になると回復し、それから土曜日までずーっと晴天が続いていました。こんなにお天道様が味方してくれることは珍しいかも。お陰様で予定より少し早くお引渡しできました。

石を据えていたのはちょうど桜が満開のころでした。

 

現場近くにも桜の木があります。満開を迎えたある日、お昼休みにここでお花見しながらランチをしました。

 

++++++++++++

 

石を据えるような庭づくりといえば、和風のお庭と思われがちです。

しかし、この頃は自然風のお庭で小さめの石を転がしてみたり、若い方でも枯山水風のお庭が好きな方もいらっしゃっいますので、割と需要はあるのかなと思っています。私の作る庭にも度々石は登場します。ただ昔のように、庭作りと言えば「仏間や客間の縁側から見える前栽」という時代から比べると、石のボリュームが減っているのは違いありません。

今回のお客様は、元のお庭にあった石を、新築された家の庭にも使いたいというご要望がありました。予め調べたところ、沓脱石や飛石、後はほとんど土留め用の石のようでした。

 

解体されて仮置き状態の石たち。

 

ご希望を取り入れ、部分的に足りないところは追加したりして、出来るだけお手持ちの石を活かせるように考えたつもりです。

でも既存の石は、前の庭に合わせて持ってこられたもので、それを新しい庭で使うとなると、図面にはアッサリ書けても、実際据えるとなるとかなり難しいものがあります。造園職人さんの技術的センスが問われます。

 

何トンもある石は重機でないと移動できません。ユニック車やユンボ(バックホウ)で吊って移動させます。安全第一で進めます。画像は沓脱石を移動させているところ。荷台には既存の石、追加の石、混ざって積んであります。これら全部お庭に使いました。

 

石にも表裏があり、一番よい表情をしている部分を「顔」と呼んだりします。場面によって裏と思わるような面をあえて「顔」にして据えることもありますし、パッとしない石でもいくつか寄せたり、大きな石とバランスを取るために使ったり。そのあたりを考えるのが石を据える醍醐味でもあります。

実際やってみると、両手で持てるくらいの小さな石でも、見場よく据えるのは難しいものです。それが何トンもある石なら尚の事大変で、少し高さを変えるだけでも、重機で吊って土を掘り、また石を下ろして・・・という風になかなか簡単にはいきません。

 

沓脱石はお客様の使い勝手を優先して配置。無事据わりました。二つの石は高さが違うけれど建物から降りる高さは同じに調整して据えました。

 

++++++++++++

 

次は仏間縁側の傍にあった縁先手水鉢です。

新しい家にも和室はあるものの実用的に使かう設計ではありません。そこで眺めのポイントとなるようお玄関先で意匠的に使うことになりました。

和に偏らないよう、目立たない感じで据えて欲しいとのご希望でしたので、思い切って半分ほど埋めてしまいました。

 

手水鉢もお客様の手持ちの品。据え直してちゃんと水が落ちるか確認しているところ。手水鉢に溜まった水がオーバーフローする時、ひと所から流れるよう口があります。上手く流れるように据えます。

 

後に鉢の周りに植えた植物が育つと、自然な感じになります。来客時や気分でたまに水を張ったり、花器として見立て花や枝物を活けたりしても素敵です。

ここには軒が掛かっており、雨水が溜まることは少ないでしょう。日々目に付くところろですので、メンテナンスも行き届くでしょうから、恐らくボウフラはわかないのではと思います。

 

++++++++++++

 

次は景石。景色をつくるための石、景観を整えるための石です。

お玄関先や門壁の付近にさり気ない存在感を感じさせたくて、いくつか据えるよう設計しました。

ここの石は追加した石で、溶岩石のような渋い石。ゴツゴツと皺の寄った面、色々な石を抱き込んでいる面、そして以外に滑らかな面もあります。どの面を使うのか、職人さんと個性を見極めて据えました。

この場所は、門壁やアプローチが黒やグレーといったモノトーンの空間ですから、黒い溶岩石が上手く調和しました。

 

お玄関先の坪庭的な場所に1石据えています。玄関側、アプローチ側様々な方向から見て素敵に見えるよう角度が難しいです。でもあまり迷いません。直観で進めていきます。

 

石を据えるときは元からそこにあったかのように馴染ませたいので、結構深く埋めます。石にも根っこ呼ばれる部分があって、それが地面から出ているとなんだか如何にも置きました的に見えてしまうのです。

深く掘れないところで、どうしても根が見える場合は植物や他の石を添えたりして工夫します。大きな厳つい石でも埋めてしまうと意外とそうでもありません。周りに植物があると更に優しい雰囲気になります。

溶岩系の景石は他にも門壁前に2石。主庭にもお客様の石をいくつか据えました。

 

++++++++++++

 

最後に主庭と駐車場を仕切るように設計した石組です。

駐車場からお庭に入れるよう入口も作りました。二つの場所は若干高低差がありますので、低い階段を設けています。階段の両側に一番大きな石を袖壁風に据えたのがポイントです。

 

主庭への入り口となる部分を作っているところ。駐車場との仕切りも兼ねて低い石垣を作ります。(主庭から駐車場へ向いて撮影)大きな石を据えるのに少し地面を削っています。

 

主庭と駐車場との仕切り完成。入口となる階段がいい感じに出来ました。既に据えた沓脱石に向かって飛石を打ってもらい庭の枠組みが大方整いました。(駐車場から主庭に向かって撮影)

 

石を据えるといっても、私は離れてバランスを見たり傍で口出しするだけで、力仕事はほとんどしていません。据えてみて変だったらまたやり直してもらうので、職人さんは大変で、本当に申し訳なく思っています。

力仕事は男性頼みです。重機を使えば男女そう変わらないと思うけれど、細かい部分は手作業になります。私がいくら頑張っても動かせない石でも、男性は軽々と、しかも何回でも動かせるので、やっぱり力の差を感じます。凄い力だなぁと思ってしまいます。自分で出来たら一番いいのですが、こればっかりは仕方がありません。

 

++++++++++++

 

宅地であっても景石を据えたり、石で起伏や段差を付けると、庭に自然の風情が出ます。

石はいつもそこに有りますが、同じ場所にあるからと言って、いつも同じ表情をしているとは限りません。

 

景石の窪みに水がたまり空の景色が映っています。これは水鉢ではありませんが、雨あがりだけ水鉢のようになる石です。それを想定してこう据えるのが造園かな。(別の庭より)

 

日当たり具合や雨でぬれると、全く違う石のように見えることもあります。

 

ひとつの石を味わい尽くすのは庭を持つ醍醐味です。

次回は庭の床、地面の仕上げを色々とご覧いただきます。

 

 

花生けのお仕事より(3月のまとめ)

ディアガーデンではお庭づくりや外構工事といった建物の外回りのお仕事だけでなく、植物に関するご要望に広くお応えすべく、インテリアプランツの納品や装花室礼といったお仕事も受け賜わります。

本年度より株式会社仁々木さまの京都祇園本店に毎月数回お花を生けに通っています。今日はそんなお仕事より3月のまとめをご覧いただきます。

(過去の事例はコチラ→ 1月 2月 )

 

++++++++++++

 

①3月初旬【根洗い】

3月の初め、生花店の売り場ではチューリップの旬が終わろうとしています。

1月の終わりか2月の初め頃の極寒時期から見かけてはいたものの、その鮮やかな花色と実際の季節感が違い過ぎて活ける気にならず、時期を読んで自然な雰囲気のチューリップなら仕入れてみようと考えていました。

そうしているうち、和菓子屋さんに合いそうなチューリップに出会いました。

茎が短くて球根がついたままのチューリップです。

 

球根付きの小さなチューリップ。山苔とともに手持ちの盃洗に活けました。薄黄緑の蕾が華美でなく自然な雰囲気です。

 

窓辺で結構咲いたようです。

 

②3月初旬【掛け花】

店内の壁に掛けた花器にはまだ蕾のシデコブシの枝を。

産毛が生えた皮を纏ってすべすべしています。枝先がほんのすこしほころびかけていて春らしい。

 

シデコブシの枝。青空めざして伸びているような~

 

以前住んでいた家の近所で、玄関先にシデコブシが植えられたお宅がありました。

飾り気のないお庭で、その木は自由に枝を広げ、きれいな楕円の樹形になっていました。春になると白い枝先に、薄桃色の花がいっぱいに咲き、それはそれは見事でした。波打った花びらが優美にひらひらと揺れて、当時飼っていた犬と一緒に、飽きずに見上げたものです。

私の中ではシデコブシというとあのお宅の木。

懐かしく思い出します。

 

③3月下旬【投げ入れ】

この日は面白い茎姿の丹頂アリウムを仕入れました。

花壇で育てるアリウムはネギ坊主の部分が大きくて茎も真っ直ぐです。きっと花の生産者さんが工夫して、こんなにクネクネのアリウムを作って下さったんだな。

花に香りはありませんが、茎を切るとネギっぽい香りがします。

 

茎が面白く曲がった丹頂アリウム。奔放に挿してみました。

 

お店の方に「意外にモダンな雰囲気で和に合うね~」と言っていただきました。

 

④3月下旬【掛け花】

大抵の植物は知っているつもりですが(名前は大抵パッと出てきませんが)、もちろん知らない植物に出会うこともあります。

「このヤマブキっぽい木は何ですか?」

葉っぱの雰囲気からしてヤマブキっぽいなぁと思うけれど違うような???

すると生花店の方が「ヤマシラズという木です」と教えてくださいました。初めて聞く名前です。ネットで調べても出てこないので、ひょっとしたら聞き間違いかもしれません。

でも葉のちょっと白っぽい黄緑色がきれいだったので、分からないまま仕入れて、お店の方にもそのまま「ヤマシラズという木だそうです」なんて伝えて生けちゃいました。

 

ヤマブキに似た木に、薄紫の花が咲く都忘れを組み合わせて。

 

「知らず」と名前についた木に、名前に「忘れ」とつく花を添えたのは、たまたまです。

二つの植物の色合いが合うと思って感覚的に合わせただけで、あとで名前を並べてみて面白いと気づきました。

 

++++++++++++

 

仕事上がりに駅へと向かう道すがら、仁々木さんから程近い白川通りを歩きました。

ちょうど桜の花が5分咲きの頃。ちょっとしたお花見気分を味わえました。

 

祇園白川通り。メディアに度々登場する「巽橋(たつみばし)」では、木製の欄干越しから白川のせせらぎと桜がしだれる様子を眺めることができます。

 

京都の街中は人出が戻り始めていて、時期的に卒業旅行なのか?春休みなのか?若い方で溢れていましたけど、この通りは大きな通りから少し外れているからか、まだ疎らでした。

でも本来ならば、祇園の中でもとくに絵になる場所として、桜の時期は特に、世界各国からの観光客も多く混みあっていますのに。

 

柳と桜が石畳を彩って。

 

川のせせらぎ、町家を背景に桜。京都らしい景色です。

 

++++++++++++

 

明日から4月ですね。

和名の卯月は、旧暦の4月に咲く卯の花から来ているそう。卯とはウツギです。

日本全国の山野に見られるユキノシタ科の落葉低木で、5月から6月にかけて咲く花は、派手さはないものの清楚な佇まいで、和の雰囲気にぴったり。ということで、私も盆栽に仕立てて仁々木さんに納品しました。

 

卯の花の盆栽。ウツギでも小型種の姫ウツギです。

 

新暦と旧暦とはひと月ほどのズレがありますが、生花市場の植物は本来の時期よりふた月以上ズレがあります。だいぶ早いのです。ですので、季を先取りして3月に飾ることが出来ます。

和食の世界では、季節を楽しむ食材の取り入れ方として「走り・盛り(旬)・名残り」と「出会いもの」がありますよね。和のお店の装花としては、それに準することも心得ておくべき点のひとつだと思っています。

大抵「走り」の方が多いけれど、時に庭で咲いているその季最後の枝を折って「名残り」として飾ることもあります。走りで仕入れて、事務所で咲かせ「盛り」に再度持って行って飾ることもあります。

こんな風にかなり自由にお仕事をさせてもらえ、私としても楽しんでやっております。

さぁ、卯月はどんな花生けをしましょうか。

 

装花室礼についてのお問合せ、ご相談はコチラ→ contact

 

 

 

自分に少し贅沢を

コロナ禍、外出が減ったこともあり、お出掛け用の服やバッグ、靴などはほとんど買わなくなりました。

ショッピング熱の矛先は、自分だけの時間を少し贅沢に、よりリラックス出来るようなものに向けられ・・・パジャマやボディケア用品を見直しました。

 

++++++++++++

 

最近、ボディケアは、美容というより健康を保つために必要と思うようになってきました。

色々と使ってきて今ハマっているのは、パリの総合美容薬局「Officine Universelle Buly(オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー)」というブランドのオイル。

肌に合うことに加え、ピュアなのに深みがある香りにとても癒されます。入浴後タオル前に使うのが基本ですが、軽いテクスチャーでベタつかず、すぐに服を着ても気になりません。クラシックなボトルのデザインも好みです。

ネットでも買えますが、めちゃめちゃお洒落な実店舗(京都店)で買っています。

 

BULYの京都BAL店。お店の入口は白木の梁や縄暖簾、茶室の意匠を取り入れていて、和そのものなんですが、一歩入るとパリ!このギャップが凄い。外国の方が思う和のミックスが面白く感じますが、インテリアはさすが本場。重厚感あって素敵です。(画像はBULYのサイトより拝借)

 

静かで重厚なインテリアの中で、ゆったりお買い物が出来るのでおすすめです。店員さんは香りのプロなので色々な使い方を教えてくれます。コスチュームもすごく可愛い。

それで、6種類の香りの中から気になった3種類をお試しさせてもらい、時間経過後の香りの変化も吟味して「ローズ・ドゥ・ダマス」という香りを愛用中です。

 

商品包装の際、スタッフの方が鵞ペンを用いたアラベスク紋様で名前、商品名、香り名をしたためてくれます。実際に見るとカリグラフィーって本当に美しい。特別感が凄い!

 

香水は滅多につけないけれど、とはいえ、香りに癒されたい、素敵な香りに包まれたい…そんな気分にピッタリなのがフレグランスブランドのボディオイルでした。

眠りに落ちるときに香って、朝起きるとほのかに残っているような、そんな軽さがいい。

Bulyの香水に興味なくはないのですが。実は既に目をつけてる香りあり。

 

クラシックなガラス製のボトルが素敵でインテリアとしてもいい感じ。結構な量で3ヶ月くらい持つそう。

 

摘みたてのバラの香りとシルクのパジャマに包まれて眠る幸福感・・・♡

それで一日のいろんなことをチャラにしています。

 

湖東の造園外構工事ー基礎工事編

昨年から計画していましたお宅の工事が始まりました。

広い敷地に建っていた2階建ての家を、お洒落な平屋に新築されたお宅で、境界を整えたり門壁やアプローチ・駐車場といった外構工事(エクステリア工事とも言います)と、石を据えたり木を植えたりといった景色を作る造園工事、この2種類の工事をします。

これからお庭や外構(エクステリア)を作りたいと思われている方、リフォームしたい方の参考になるかもしれませんので、工事の様子を追々UPしていこうと思います。

 

++++++++++++

 

さて最初の工程はというと、リフォームの場合は解体工事、新築の場合は土工事から始めます。

今回のお宅は建築工事の前に、元々あったお庭(前栽)の解体工事も済まされていましたので、ほぼ更地の状態から始められました。

コンクリートブロック造の門壁や境界ブロックを設置する場所の土を掘削し、型枠や鉄筋を組みコンクリートを打設するといった構造物の基礎となる部分を作ります。

ブロック塀は近年、地震で倒壊する事故がよく報道されます。建築基準法に則って作ること。万が一、想定外の大地震で倒壊してしまっても、お施主様や通行人の方々に被害が及ばないような設計の工夫をしなければなりません。

この門壁は高さ1.5m程ですが、場所上、控え壁がない方が使いやすいので設けず、かわりに基礎を安定的な逆T型で作ることしました。道路から3m程奥まったところに設置するので、万が一道路側に倒れても敷地内です。家側に倒れてもアプローチの上で建物に当たることはありません。

 

門壁の基礎工事。設置場所を掘り、クラッシャーラン(砕石)を10cm厚敷きつめ転圧してベースを作ります。これだけのスペースでも掘ると凄い量の土が出ていることが分かりますね。

 

門壁基礎工事つづき。クランシャーランのベース+逆T字型の鉄筋コンクリート造の布基礎です。インターホンの配線を引き込む菅も仕込んでいます。

 

今週は上の画像の型枠を外すところまで進みました。この上にブロックを積むのはもう少し先です。

このブロック、かなりカッコいいデザインのブロックなので楽しみです。

 

++++++++++++

 

次は隣地境界線に沿って設けるブロック塀の基礎をご覧いただきます。

隣地は里道といって細い路地になっています。そこに元々ある溝がかなり古く、その溝を固定しているコンクリートもかなり古い。なんなら里道の舗装も危うい感じで、とにかく慎重に慎重に掘削していただきました。

埋められていた土を掘ってみると画像↓のように境界がガタガタ。元の建物にあったものを解体するときにこうなったように思うのですが、ここを、もしも真っ直ぐ削るとしたら公共の溝を壊す危険性もあります。境界問題もデリケートですし、出来る範囲で整え、そおっとこのままブロック基礎を作ります。

 

里道との境界際を掘削。基礎コンクリート用の型枠やブロック積みの配筋をしている最中です。

 

基礎を打設したところです。建物の横に砂利を敷くので土留めとしてコンクリートブロックを2段積みます。

 

出来るだけ境界に寄せるようにブロックを積み、ガタガタ部分もきれいに埋める予定です。

新しく造成された宅地ですと、このようなことはありません。

住み継がれた土地は、他にも色々と気を遣うこともありますが、そこはしっかり対応せねばと思っています。

 

++++++++++++

 

こんな風に構造物の基礎や、木や草花を植える土壌づくりなど、私達の仕事の半分は土の中に隠れてしまい見えません。土の中に構造物を作ると、その体積分以上の土を処分する必要もあります。

見えている塀や土間、植栽に費用が掛かるのは理解されやすいのですが、見えない部分や捨てる部分にも、たくさんの費用と労力が掛かることをご理解していただきたいです。

基礎工事が安価でお座成りでも埋められてしまっては分かりません。見積書の段階で、この部分がしっかり計上されているか確認し、説明を求めましょう。

そのために、ある程度、お客様も勉強されなければならないと思います。

 

++++++++++++

 

土工事の現場はぐちゃぐちゃ、画像も美しくありませんませんが、庭の骨格を支える大事な工程です。

測量してもらって、色々な構造物の高さをしっかり決めていても、掘ってみると上手く合わない場合もあって(建物の関係、劣化した公共物との関係等)、でもその場その場で一番良い処理をしていかなければなりません。

無駄に悩んで職人さんの手を留めることは避けたいし、追加費用を発生しないようにもしなければ。

そんなこんなで、工事関係者みなにも意見を聞きつつ、良い納まり、美しい納まりというんですかね?元からそうするはずだったかのような自然な納まり、何より使い勝手よくお施主様が納得されてお喜びになる納まり、そんな納まりどころをいつも考えています。

 

土工事の工程は、駐車場部分や敷地の他の部分を均したり、まだまだ続きますが、ひとまず今日はここまで。

次回は庭石や手水鉢など据えるところをご紹介できるかなぁと思います。