庭木の剪定の大切さ(X’massワークショップの告知あり)

今週は、とあるお庭の整備を行いました。

ご自分で好きな木を植え、これまでずっと手入れをされていたのですが、ご事情があって、手を掛けられず伸び放題に。今回は、一度リセットする意味で伐採抜根もしつつ、大掛かりな剪定をさせていただきました。

伐採したのは、今後も到底手に負えないであろう育ちすぎた木。ある木などは、初めは50cmにも満たないほどの苗木だったそうですが、十数年たって6m超えの立派な木に成長。脚立に登っても手が届きませんし、隣地境界を越境する鬱蒼とした葉張りで、幹は根本で直径30cm。

見るからに健康なので切るのには気が引けます。いつものように、まずは感謝と陳謝のお清めをお客様と一緒にして作業にかかりました。

 

+++++++++++

 

同じ針葉樹で十数年たっても、それほど幹が太らない場合もあります。例えば、ディアガーデンの生け垣のレイランドヒノキ。もう植えてから12年経ちますが、直径は根本の一番太いところでも10cmです。

その差は何でしょうか???要因は様々ですが、目に見えてわかるのは、葉の量の違いです。私は毎年剪定して、風も通るように枝を調整しています。生け垣ですからコンパクトに整えています。

剪定せずに葉を伸ばし放題にすると、たくさん光合成できるので、栄養がどんどん運ばれ、すくすくと成長します。幹も太ります。庭木も放っておくと山の木のようになります。でも庭は山と違って広さが限定されるので、そこに納まるように樹高や葉の量をこまめに調整しながら、付き合っていくものなのです。だからこそ身近に高木を植えられるとも言えます。

透かすと台風の時にも風を逃してくれますし、病害虫も発生しにくくなります。見た目の圧迫感が減り、足元も明るくなるので草花も育ちます。いいことだらけです。

 

+++++++++++

 

例えば、代々引き継がれたお庭で「毎年剪定するのはわかっているけれど、代金がバカにならないのよね~」という方は、思い切って今の生活にあう庭に変えることをお勧めします。

元の庭の体裁を残しながら、木を減らし、地被植物を減らし、見た目も気分的にもサッパリと!負担にならないお庭に変えられます。長い目で見ると、そちらの方がお得で、本当に気に入った木と長く付き合えると思います。

実は今回、お庭の整備を終え、お客様からいただいた言葉が「ものすごくスッキリして庭のストレスから解放されました」でした。それを伺って私もすごく嬉しかったです。これからはまた以前のように「癒しの庭」になることを願っています。

 

++++++++++

 

話はごろっつと変わりますが、

毎年恒例のクリスマスワークショップの告知、もう見ていただけましたか???

 

 

今年の予定は次の通りです。

■ディアガーデンのお客様:11月28日(水)29日(木)

■ビジター様:11月30日(金)12月1日(土)2日(日)

詳しくはコチラ→クリスマス・スワッグづくりワークショップのご案内

 

皆様にも作っていただくスワッグ。デザインの一部に、実は今回剪定した枝を使わせてもらっています。通常なら処分してしまうところ、あまりに生き生きと美しいものですから、出来ることなら良いイメージで生かしてあげたい・・・そんな風に思いました。

お陰でミスティーグリーンの雰囲気ある上品なスワッグになりました。

皆様のお宅にもきっと似合うと思います♡

 

 

危険なブロック塀を解体するなら補助金を利用しよう!

大阪府北部を震源とする地震で、倒壊したコンクリートブロック塀の下敷きになり、小学生が亡くなるという痛ましい事故は記憶に新しいところ。この事故をきっかけに、ブロック塀の耐震化が大きな社会問題となっています。

ブロック塀を設けるに当たっては、その工法が建築基準法で定められているのですが、建物と違ってお役所による確認手続き等もないので、必ずしも正しい施工がなされていない場合もあるのが現状です。

チェックポイントを参考に、今一度自己点検を行いましょう。

  → 国土交通省資料:ブロック塀点検のチェックポイント

  点検の結果、危険性が確認された場合には、付近通行者への速やかな注意表示等や改善、撤去等を行ってください。

撤去したいのはやまやまだけど、費用面が問題で・・・と、二の足を踏んでおられる方もおられるかもしれません。そんな方にお知らせしたいです。

いま、地方自治体で、ブロック塀改修工事に対する補助が続々とはじまっているのをご存じでしょうか?ディアガーデンのある近江八幡市も、ようやく!という感じですが、10月30日に補助金制度の発表がありました。

各自治体によって補助対象や金額に違いがあります。例えば、近江八幡市の場合は、工事費の23%(上限10万円)が補助されます。参考までに、滋賀県内の補助金制度のある自治体のリンクをいくつか貼っておきますね。

近江八幡市 →守山市 →栗東市 →草津市 →湖南市

※申請は工事着手前に手続きすること。工事着手後の申請は対象にならないので注意です。詳しくは自治体へ直接お問い合わせくださいませ。

 

++++++++++

 

更には、ブロック塀を撤去した後のことも考えなければなりませんね。ほとんどは境界付近に設けてあると思うので、塀がないと、境界があやふやになったり、目隠しがなくなったり、困ることも出てくるかもしれません。

同じように、今度はちゃんと規定に則った構造のブロック塀を作るのも方法のひとつですが、想定外の自然災害の前では、残念ながら、それでも安全とは言い切れないのです。それならば、倒壊しても、まだ被害の少ないものにした方が得策ではないかと考えます。

ディアガーデンの提案する例としましては次の3つ。

1.生け垣を設ける

 

和洋関係なくどのお宅にも合う生け垣。よく手入れされた生け垣は家に風格をもたらします。庭馴染みもバツグン。

 

生け垣は最も安価で出来る塀。生きている塀なので、四季折々表情が変わる機能付きです。しかも設置の際には、嬉しいことに、これまた自治体によって補助金がいただけることがあります(^^b

それに、生け垣なら2m程度の木ですから、万が一倒れても、死亡事故にはならないと思います。撤去も大人が二人もいればすぐ出来ます。傾いている程度なら、再度植え直すことも可能で、修復も簡単。

年に1,2度刈り込みする必要はありますが、緑や花、香りが楽しめて、お庭の背景にこれ以上のものはありません。

 

2.軽微なフェンスを設ける

 

縦格子のアルミフェンス。こちらは三共アルミさんの製品。アルミですがとってもナチュラルに見えますでしょ?色々なデザイン、高さをお選びいただけます。

 

アルミ材や木材で出来た、透過性があるフェンスはいかがでしょうか。費用面では生け垣よりは高くなっちゃいますが、防犯上は生け垣よりも優れています。(不審者が潜むことが出来ない)

いままでブロック塀で陰になっていたところは、日当たりがよくなりますから、植物が植えられたり、咲かなかった花が咲いたりと、ガーデニング面でもメリットが大きいです。

デザインも色々と出ていますから、建物の雰囲気に合わせたデザインをお選びいたします。

 

3.思い切って塀を低くする

 

低い塀で開かれた外構を。樹木と組み合わせることで、よりお洒落に。

 

同じブロック塀でも高いよりは低い方が安定感があります。敷地に余裕があるなら、道路から建物側に少し入って設けると、万が一道路側に倒れても安心かと思います。

いっそブロック塀にせず、かっこよくRCにする、自然で重厚感ある石積みにする、というのも素敵です。低い塀でも、植栽を組み合わせることで、プライバシーも保てますよ。

 

++++++++++

 

いかがでしょうか?

補助金をしっかり役立てて、心配の種だった古いブロック塀を取り除き、素敵にリフォーム。この際ですから、外構のイメージを大きく変えてみるのもいいのでは?

気持ち的にも安心で、きっと潤いを感じたり、明るくなりますよ!

ブロック塀撤去に関すること、生け垣の樹種や、フェンスの種類、概算金額など、わからないことも多いと思います。それらを主役に空間をおしゃれにまとめるには?等々デザイン的なことも含め、ディアガーデンにお気軽にご相談くださいませ。相談無料です。

こちらから→Contact

 

 

ディアガーデンの動画を作ってみました 

夏の疲れが変なところに出て、ウダウダと治らず右往左往しているうちに、何とはなしに・・・ブログの更新が空いてしまいました(^^A

生活や仕事には全く支障のないものなので、誰も気付かなかったとは思います。あとは日にち薬ってな感じで軽く思っていたのですが、その期間がえらく長くて、気持ち的にしんどかったです。思い返すに、夏の間そんなに疲れてたっけ?と自覚が全くないので困ります。今はお陰様で元に戻りましたが、こんな丈夫な私でも不調をきたす程です。今年の夏は相当酷だったのだなぁと。

皆様もそんなことはありませんか?

無理をしている自覚はないかもしれませんが、季節の変わり目ですからね、労わって下さいね。

++++++++++

そんなウダウダ中、唯一熱中していたのが動画作りなんです。撮り溜めていた画像の中から選りすぐって、ディアガーデンの庭ーディスプレイガーデンーの四季を動画にまとめてみました。

このサイトのサイドバーに、その動画を何気に仕込んでいます(^m^ (PCやタブレットの画面だと右側に表示されています)

 

育てている植物の紹介やそれぞれの場所の解説、庭づくりへの思い、マジカルな瞬間などなど、ギュッギュッと詰め込みました。同じ場所でも季節が違うとかなり雰囲気が変わるところが面白いです。

時間にして2分55秒。結構あっという間です。

ディアガーデンを良く知る方も、初めての方も、きっとお楽しみいただけるのでは。この動画をきっかけに、豊かな庭のある暮らしの一歩を踏み出していただけたらと思います。

では、早速ご覧ください!↓↓↓(注:BGMを付けましたので音が鳴ります)

 

 

動いている庭を見ていただくのもいいなぁと思いましたので、不定期になりますが、また動画を作りたいです。よろしければチャンネル登録をお願い致します。

ブログはまた近日更新しますね。

 

 

残暑お見舞いとお盆間の営業日について  

最近はようやく暑さが一段落した感がありますね。まだまだ油断は出来ませんけれども、立秋を過ぎると夏は夏でも秋に向かう夏という感じで、空気が微妙に変わりました。

それに、いつの間にか夜のBGMもカエルから秋の虫の声に変わっていますね。ぐっすり眠れるようになって、落ちていた免疫力や集中力も徐々に上がってきたように思います。

睡眠の質って大事だなぁとつくづく思った今夏・・・ってもう終わったように書いてますが、まだまだ熱中症には注意が必要ですよね。みなさま引き続き御身体をお大切になさって。

 

 

さてお盆休みに入られた方も多いと思います。

ディアガーデンは、11日(土)・14日(火)・15日(水)の3日間、お休みをいただきます。その他は事務所を開けておりますので、もしよろしければ、お庭づくりやエクステリアのご相談にいらっしゃいませんか?

これから計画しても年内のお引渡しが出来そうです。来春に向けてゆっくり考えるのもいいですね(^^

ご予約はコチラ→contact(お問い合わせフォームからご予約いただくのが確実です)

秋の花を飾ってお待ちしております♡

 

桔梗や吾亦紅、薮蘭など、秋を思わせる草花を涼しげな竹細工の器に挿して。和花は涼しげでいいですね~。

 

濃い色のケイトウも秋を思わせる花。青い花は庭の虎の尾。

 

ディアガーデンの事務所です。18時半、マジックアワーの始まる頃。夕日がちょうどドアを照らして、眩しかったのですけれど、外から見たら、光と木々のシルエットのコントラストが綺麗でした。

 

 

冬至の朝のディスプレイガーデン&FBいいね!100の御礼

冬至の朝、キリッと身が締まる寒さです。

庭に出てみると、白いベールをまとったように霜が降りてました。植物のカタチを丁寧に凍らせた様子が本当にきれいで。こういうのを見つけると、冬っていいなぁと思います。

霜は空気中の水蒸気が、水になることなく、水蒸気からいきなり氷の結晶に昇華して出来ます。空で出来た結晶は雪であり、地上で出来た結晶は霜、ということらしい。

 

杉苔の小さな穂先一本一本が白く凍ってる。

 

霜を纏ったヒューケラのフリルのような葉。

 

 

ディスプレイガーデンでは、薄暗い地上部に、残り葉が最後の彩を添えています。今年の紅葉は一斉に、ではなかったので、全体としての見所に欠けました。それでも個々に見ると、しっかり色づいています。色づかず葉を落とすものはいません。葉の栄養を根に送って、ちゃんとやることやって締めくくっています。

私もやることやって締めくくろう。

 

クジャクシモツケの黄葉(おうよう)。例年より数週間遅い。

 

変なタイミングで芽吹いた葉が残っていて、今頃になって燃えています。

 

ディアガーデンのウェブサイトでは、このようなディスプレイガーデンの様子とか、心にあることを徒然に綴るブログを更新したり、お知らせや施工例をUPしたりしています。

そのサイトの表紙に貼っておいたフェイスブックのいいね!ボタンの数字が、昨日ナント100になっていました!!!

 

 

今年、ある時から急に増え始めて、年末までに100になると、すごいことだなぁと思っていましたら、現実になって驚いています。フェイスブックでお友達になってくださった方や、フォロワーさんにいただく日々のいいね!も、有難いのはもちろんなのですが(特に毎回反応をくださる方には、もう足を向けて寝れませんって思う位感謝です)

それ以外にも、いいね!をくださった方がたくさんいらっしゃった。どなたかは存じませんが本当に本当にありがとうございます。

今見てみると、また+1で101です。ディアガーデンにご興味を持っていただいて、アクションまで起こしてくださって、もう、ありがとうございますとしか・・・o(TωT )( TωT)o ウルウル

これからも少しでもお役に立てるウェブサイトになるように励んでまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

初めてのスタイルブック完成 

ディアガーデン初のスタイルブックが出来ました!

 

庭で育てた花で作ったブーケを持って、ディスプレイガーデンを背景に撮影。こういうことが「庭と暮らす」醍醐味であり、ディアガーデンが大切にしていることの一つです。表紙のカバーにはそんな意味を込めて。

 

残念ながら書店には並びませんよ~(^^;; それは、近い将来の実現させるとしてw

でも、でも、とっても可愛く仕上がりましたので、お披露目でーす。

コンテンツは次の通りで、これまでのディアガーデンの施工例の中から、敢えてスタイルの違うお庭をピックアップして掲載しています。手前味噌ですが、どれも素晴らしい出来で、私自身すごく気に入っている庭ばかり!

  1. ディアガーデンのディスプレイガーデン
  2. 施工例1:個人邸のモダンな庭
  3. 施工例2:個人邸のナチュラルな庭
  4. 施工例3:個人邸の和庭
  5. 施工例4:モデルハウスの庭
  6. 施工例5:モデルハウスの庭(デッキ)
  7. 施工例6:商業施設の庭
  8. インテリアグリーンの参考例  (全24ページ)

 

中身チラ見せ。ディアガーデンの前庭、初夏と晩秋の様子です。見開きフラットなので写真がとても見やすいの。

 

 

こんなふうに雑貨と一緒に飾りたくて、馴染む大きさにこだわりました。CDより一回り大きめの15cm×15cmサイズ。本棚に飾っても可愛いと思います。

 

植物の組み合わせ方、お洒落な門扉やガレージの例、デッキやテラスの飾り方、照明の使い方、凝ったディティール、インテリアにカッコ良く緑を取り入れる方法などなど、色々な視点から見ていただいて参考になるように、心を込めて作りました。

主に私が営業資料として持ち歩いたり、事務所で打ち合わせする時に使ったりするつもりですけれど・・・、

いきなりですが、ここで告知でーーーす。

2017年度 ディアガーデンにご来店ご相談くださったお客様で、希望された方に、もれなく一冊プレゼントいたします!

お庭を作りたい方や、新築やリフォームでエクステリアを整えたいとお考え中の方、植物を使ったインテリアに興味をお持ちのショップのオーナー様、とにかくいろんな方々に。ディアガーデンのスタイルブックを参考にしていただければ幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

ウェブサイトのメンテナンス 

昨日お昼前くらいから、当サイトへのアクセスが出来ない状態が続いておりましたが、本日無事復旧しましたのでお知らせ致します。ご心配をおかけしてすみませんでした。

現在のデザインに変更して1年。普段は投稿が中心で、メンテナンスといえば、背景を変えたり、サイドバーを変えたりするくらい。あと、アプリケーションの機能を拡張するための追加のプログラムのバージョンUPがありますので、更新ボタンをポチッとすることです。それで、不具合もなく、問題のご指摘も頂戴することなく、閲覧できておりました。

今回の場合ですが、

いつものように、その更新ボタンをクリックしたら、途中でエラーが出て、以後アクセス不可能になってしまったのです。そのプログラムのバグだと思われますが、たまたまサーバーとの相性が悪かったのか、他の小プログラムが変に干渉したのか、恐らくそのあたりが原因かと。ウイルスや侵入等の不正なアクセスはありません。アクシデントでした。

復旧の作業事態は30分位で済んだのですが、その前段階、サーバー会社とのやり取りに時間がかかってしまいました。ほとんどが待ち時間です・・・( ̄▽ ̄) なんとか復旧できて良かったです。

 

いつもこの場所で作業しています。プランツ達が応援団o(^o^)o

 

実は大昔ですが、OLだったころ、業務上必要だったので、プログラミングの基礎の的なことを勉強したことがありました。どんな経験も無駄にはならないものですね。今のシステムとまた全然違うでしょうが、お陰で変な拒否反応がないのです。「自分には不可能だ」という思い込みがないだけで、なんとかやってみようと挑戦できます。

このサイトを作るときも、大変さは少しはありましたが、ウェブデザインとかめっちゃ面白かったです。基本的に、デザイン関係の仕事は何でも好きなので、ウッカリのめり込んでしまうの。なんでもやりたがる・・・それが自分の悪いところでもありますけれど。

しかし、今回久しぶりに「ヤバっ!」と思いました。心臓がキューッと締め付けれられるような感覚も久しぶり。でも対処出来たので、今度何かあってもきっと大丈夫だと思います。乗り越えると強くなるよね。

 

 

春に新しい挑戦を

今週半ばが卒業式という学生さんが多いようですね。おめでとうございます。新生活に向けての準備も進められている事でしょう。不安と期待が入り混じって、やることだらけで・・・大変だと思います。身近なところでは、5人いる姪のうち3人がそうで、あんなに小さかったのに、立派になって・・・、なーんて、つくづく感慨深いです。

学生さんたちは、何年か毎に節目があるから、半ば強制的に変われるけれど、大人になると「新たな門出」というものがなかなかなく、日々マンネリになりがちです。ずっと同じ環境下では、時に刺激が欲しくなりますので、正直ちょっと羨ましいです。変わらないという選択もアリですが、折角の?春ですから、ちょっと変わりたいです。

冬の間寒くて伸ばしてた髪を、バッサリ切ってしまおうかしら?そんな些細なことも考えつつ、でもやっぱりお仕事で、新しいことに挑戦です。

ディアガーデンは、今春からインテリアの分野にも力を入れることにしました。単に観葉植物を並べるだけではない、新しい魅せ方です。それはまるで、部屋の中に庭を作ったかのような、新鮮で素敵な癒し空間。お洒落で他にないインテリアです。

 

画像をクリックしていただくと詳細ページにアクセスします。

 

ディアガーデンを始めた時から、エクステリアや庭づくりだけにとどまらず、植物に関することなら何でも、ご依頼に合せてやってまいりました。建物の内外問わず、大小にかかわらず、植物と共に暮らすためのノウハウやデザイン、ものづくりをご提供するのが役目だと思っております。

インテリアグリーンにしても、もっとシンプルな形ですが、これまで何回もお客様に納めていました。だから今回の取り組みは、実はとりわけ新しい訳ではありません。時代に合せて更にブラッシュアップさせた進化系と言うべきか。

 

春っぽいテーブルコーディネートに緑をたっぷりいかがでしょうか?

 

商業的なサービスやオフィスでの働き方が多様化する中、自然の少ない都会では、インテリアグリーンは貴重な癒しを得るものとの認識で、とても受け入れられていました。建物に合せた洗練された植栽デザインがなされており、実際そういう空間に入ると、自分が特別な時間を過ごしているように感じます。色々視察していると、その場所で過ごす方たちは、敢えて選んでその場にいるようでした。

一方、滋賀のような自然に恵まれたところですと、デザイン性のない普通の植栽では、当然過ぎて見向きもされません。だってドアを開ければ、そこに当たり前にあるものだからです。結局はどこでもデザイン性のあるカッコイイ植栽が求められてるのです。自宅でなかなか出来ない植栽が、商業施設にあると、それは特別な魅力となるようです。

というわけで、今春からインテリアグリーンの分野もより一層深めてアピールして参りますので、どうかお見知りおき下さいませね。ご縁をいただける方との出会いがすっごく楽しみです。

 

 

花木のススメ

漂う空気に金木犀の香りをほんのり感じられて、なんとも嬉しい朝です。職業病でしょうか?近所の植栽は、見るとなしに何となく把握していて「きっとあのお宅からだわ。」ってわかります。とてもありがたく楽しんでおります♪ そういえば、ディスプレイガーデンのヒイラギモクセイも、いま小さな白い蕾をふくらませているので、こちらの香りも、もうすぐ!( ´艸`)タノシミ~。

金木犀がスッキリ甘いのに対して、ヒイラギモクセイはもっと女性的な香りというか。同じ甘さでも深みがあります。ご近所さんや近くを通る方に、一瞬でも和んでいただけたら嬉しいな。

 

2770970

金木犀の香り、好き嫌いもあるでしょうが、日本の秋を感じさせてくれるもの。独特の芳華はお香と同じ効力を発揮して魔を払うと言われ、厄除けの木として植えられることもあります。

 

花木って、いっぱい咲くと迫力があって、植えて良かったな~と思います。花は大抵小さいのですが、1本に咲くその量たるや!草花の比ではありません。お庭に花木が1本あるといいですよ。お花見が出来ます♡

それに、庭木は個人のものだけにあらず、です。例え塀があろうとも、自分の庭を超えて、行き交う人々をも魅了するものなのです。○○の咲く素敵なお宅、なんて思われているかもしれません。家路につくとき、溢れんばかりに咲いた木に彩られた我が家を眺めながら、近づいていく・・・なんてのも幸せな瞬間です。

でも「うちの木全然咲かないんです。なんで~(?_?)」という方、「植えてしばらくは成長していたんですが、最近元気がなくて。」「何故かてっぺんからどんどん枯れてきて、止まらないんです。」という方、一度プロの診断を受けませんか?樹勢回復の方法はあります!

というわけで、今週末も、引き続き相談会、開催しま~す!*。ヾ(。>v<。)ノ゙*キテネ~。

ディアガーデンでは、庭の手入れはもちろん、女性目線できめ細かな庭づくりをしております。この機会にどうぞご相談ください♡

 

event2016%ef%bd%81%ef%bd%95%ef%bd%94mn_image

詳しくは画像をクリック、プリーズ(*・ω・)ノ

 

これからは、木の植え付けや剪定、コンクリート工事などにもピッタリなシーズンです。素敵な春を迎える準備、今からはじめましょう!

 

 

新月にInstagramはじめます 

今日から9月。新しい月のはじまりで、しかも新月です。同じことを二度書いているみたいですが(^^;)、月の満ち欠けの「新月」のことね。月の作用としては、今日は「浄化」や「解毒」に最適な日であり、何か新しいことを始めるのに適しているそうです。

月が好きな私は、たまにそうやって、月のリズムに合わせてというか、かこつけて、何かやろうとします。そうして、満月の夜には、新月に始めたことがどうなったか、振り返ることもするのです。

それでこの新月に始めたことは、遅ればせながら、Instagram!・・・といっても、まだアカウント作っただけですが(笑)

これまでは専ら見る方でして、自分がするつもりはありませんでした。文章を書くのが面白くなってしまった私には、画像メインで文字が少ないInstagramは、とっても物足りないのよね。twitterもアカウント作ってはみたけれど、文字数が物足りないので、すぐやめてしまった位ですから。

今日、ある方と話していて、イマドキのSNSユーザーのこと、考え方などを色々教えていただきました。Instagramユーザーはfacebookとはまた年齢層も違うようですし、アクティブユーザー数はついにtwitterを越えたそうですね。

こんな風にSNSもどんどん進化していて、いろいろなツールもありますが、ディアガーデンを知っていただくキッカケになるのなら、庭のある暮らしについて考えていただけるのなら、入口は何でもいいのかなと思うようになりました。食わず嫌いは勿体無い。それに、素敵な庭や植物などを見ながら、あれこれ語り合えたらいいな〜なんて淡い期待もします。Instagramの方が、ブログを読んでメッセージ送るよりも、気軽な感じですしね。

 

302970

私は四季折々の植物の美しい姿に心を動かされます。その瞬間をたくさんの方に見てもらって、植物との暮らしを想像できたら、庭がもっと身近に感じられるのかも。この画像は、まだまだ暑い中、シャンと咲いている百日紅の姿。元気をもらえます。

 

そんなことで、これはいいキッカケかもしれない。Instagramやってみようかな~と思った次第です。まぁね、結構軽い気持ち。blogに掲載しきれなかった画像は、これまでお蔵入りだったのですが、活かせそうで嬉しい。実は、一枚載せる為にめっちゃいっぱい撮ってるの(;^_^A

これから追々してUPしていきたいと思いますので、よろしければ覗いてみて下さい。