静と動

暑中お見舞い申し上げます。

酷暑の折からくれぐれもお身体を大切にお過ごしください。

さて、こんな時期に木を植えるなんてことオススメしませんし、滅多に請けないのですが、諸事情によりやらねばならぬこともあります。

というわけで、毎日現場でいい汗かいています。

いま、取り組んでいる工事現場を建物の2階から撮影してみました。見比べてみるとだいぶ整備されてきたのが分かります。

 

今月初旬に撮ったあちこち掘り返し中の現場画像。トラックや重機がひしめいて。花壇もまだ出来ておらず植える場所は限られていました。

19日。だいぶスッキリと見えるのは、アスファルト舗装前で軽く均されたから。道路工事も進んでいます。これから作る花壇枠のアウトラインを書いたので(赤線部分)上からバランスチェックしたときの画像です。

 

現場では作業服に長靴か地下足袋姿。日焼け止めクリームやファンデーションは汗で流れ、代わりに土埃にまみれて、もうきっと性別は不明です。

色々な配置や高さ、立ちを見るために、職人さんと離れてずっと見てるか小走りをしているか、私の中で工事は「動」の仕事です。

その「動」の合間に、花生けの仕事や製図、お客様との打ち合わせなどが入り、そちらは「静」の仕事です。

植物という材料で何かを作り出すのは同じなのですが、それぞれ全く異なる雰囲気なのがこの仕事の面白さ、奥深さを感じるところです。

 

++++++++++++

 

現場から帰宅したら、汚れた服のままディスプレイガーデンの水遣りをします。

水遣りをしながら、雑草を抜いたり、盛りを過ぎた花の切り戻しや掃除をします。もう日が落ちかけている時間帯なので葉水もたっぷり。そしてついでに手袋や長靴についた泥を洗い流して庭に干す・・・ここまでで20分くらいかな。

ディスプレイガーデンの植物はどれもよく根付いているし、乾燥に強い品種を選んで植えていることもあり、夏場でも忙しいときは一日1回の水遣りでも大丈夫。何だったら数日飛ばしてもいけそうな感じです。ただしその1回はたっぷりと遣るし、それぞれの様子を察しながら要所を押えてやっているつもりです。

例年7月中旬には済ませているアジサイの剪定も忘れず。

(剪定方法についてはコチラをご参照下さい→アジサイの剪定とアレンジメント

今年もたくさん花が咲いたので部屋のあちこちに飾りました。

 

剪定した花を寝室の寛ぎスペースに飾りました。茎が短いとどうしてもこじんまりとしたアレンジになってしまいますので、丈のあるフラワーベースに挿して変化を楽しんでいます。

 

インテリアの模様替えもちょこちょこと。

事務所で見飽きた姿見。ある日ひらめいて測ると、キッチンの小窓とほとんど同じ大きさでした。

そこで鏡を窓に見立てて、その小窓に並べて飾ってみると、これがシンデレラフィットというものかしら???

窓に見えるような。

 

キッチンの換気のために設けた小窓(右)の大きさとほぼ同じだった鏡を窓に見立ててかけてみました。

 

見る角度によってはテラスの生垣の緑が写っていい感じ。

 

こういうしょうもない模様替えも時々やるとなんか新鮮~。

 

 

誕生日月間なので。

梅雨明けしたと思ったら猛烈な暑さ到来。

急な暑さは例年のことながら、身体が慣れていないせいか、造園工事の現場に立っていると頭がボーッとして「暑い暑い」ばっかり言ってしまいます。

水分をガンガン摂ってもトイレに行かなくて済むくらい汗をかきます。日陰に居られないこともあり、職人さん共々熱中症に気をつけて作業をしています。

 

++++++++++++

 

さて、7月はワタクシの誕生日月間。

長らく入荷待ち中の品が幾つかあって半ば諦めかけていたのですが、誕生日に合わせてくれたかのように?入荷の知らせが届きました。

それで、今月ばかりは少し散財を許そうかなと。

そのひとつがOFFICINE UNIVERSELLE BULYの水性香水「サモトラケのニケ」。フランスの著名な調香師さん達が、ルーブル美術館所蔵の代表的な作品にインスパイアされ香りを創作した期間限定商品のうちのひとつです。

以前、お店で試して以来気になっていた香りで、久しぶりに香水をつけてみようかなという気持ちになりました。

 

Buly京都BAL店のエントランス。和の佇まいが素敵です。

 

縄暖簾をくぐるとガラリと雰囲気が変わって重厚なインテリアが迎えてくれます。ここはフランス!( オフィシャルサイトより画像をお借りしました)

 

『サモトラケのニケ」とは、前220-前185年頃に作られた大理石彫刻で、翼のはえた勝利の女神ニケが空から船のへさきへと降り立った姿だと言われています。エーゲ海サモトラキ島で発見され、現在はルーブル美術館の「ダリュの階段踊り場」に据えられています。「ミロのビーナス」と共にルーブル至宝の双璧。ご存知の方も多いでしょう。

大きな翼が特に印象的で、力強さと優美さを兼ね備えた理想の女性像。

Bulyのニケは潮風に乗って運ばれたかのような爽やかで高揚感ある香りです。奥に塩っぽさが感じられるのが初めての感覚で、それが今の自分の気分にぴったりハマりました。

 

包装も素敵で。フランス語で誕生日おめでとうって書いてあります。スタッフの方が丁寧に書いて下さるカリグラフィー文字が美しい。

 

包装紙を剥がすと箱にもカリグラフィーで書かれた文字が。

 

手の平に収まる大きさ、ずっしりしていますが、握りやすいので使いやすい。クラシックなデザインのボトルはドレッサーのポイントになります。

 

水性香水って、アルコールが入っていないのでたくさん付けても全然くどくならないところがいいです。髪にも吹き付けたり、なんだったら寝る前に纏ってもいい位しつこくないの。香りの変化はほとんどなく5時間程で消えます。

香りの刺激が脳に伝わるまでの速さは1秒かかるかかからないか位速いらしく、気分転換やストレス解消に役立てたいです。

 

++++++++++++

 

また一つ年を取ることは余り嬉しくないけれども・・・。

色々な経験が積み重なって今の私があることは確かだし、昨年の自分より少しはマシな人間になれているような。

それに、これまで健康に過ごせているのは、丈夫に生んでくれた親のお陰なので、感謝をせねばと思います。

 

 

店舗の造園工事ー地下のお話

目下、取り組んでおります造園工事は、とある店舗さんの改築工事に伴い、玄関周りや駐車場の景観を作るもの。

遅れている建築工事とオープン予定日の狭間でヒーヒー言いながら工程調整をしつつ、出来るところから仕事を進めています。

++++++++++++

個人邸でも商業施設でも言えることですが、造園工事って結局最後の最後なので、いつ着工させてもらえるかは建築工事の進捗次第。

その建築工事って、何故だか大抵遅れるので、コチラの都合通り進まないのはいつものこと。覚悟はしていましたが、今回は道路の拡張工事も絡んでいて、案の上というか、そちらも遅れるでしょ。しかも梅雨末期で大雨だし雷はなるしで諸工事は更に遅れてしまう。

・・・悲惨です。

私や造園工事会社様は、当初の予定に合わせて、材料を手配し人を集めて準備万端なんですが、仕事をさせてもらえない。

「もぅ~~~。知らんで~。間に合わへんで~」

・・・と、頭を抱えたこと、ブチ切れたこと、数知れず。はぁ。

造園関係者なら日常茶飯事的な。いわゆる「造園あるある」みたいな話でした。

 

++++++++++++

 

さて。

植栽現場は別会社の駐車場だった場所です。

アスファルトをめくると、砕石層の下にセメント改良層がありました。これは駐車場路盤の安定のためには必要な処理です。でも植栽するには当然不向きなんですね。このまま植えては水は浸透しませんので根腐れする可能性があります。

関係個所を大きく掘り取ってもらうことにし、ついでに土壌検査をしました。

長く不毛であった土地、これからどのように土壌改良をすればよいかの目安になります。

店舗の内装と同じくらい植栽にも心血を注がれているお客様ですので、造園工事にも並々ならぬご関心を持たれています。これから埋もれて見えなくなる部分の情報を共用して、納得して前に進めたい、そんな気持ちもありました。

土壌検査は細かくは色々あるのですが、今回は要の3項目です。

  1. 透水試験:排水不良による根腐れ防止のため
  2. 土壌硬度試験:地盤の硬さによる生育不良を防止するため
  3. ph検査:土壌の酸性度を把握し生育に影響のない状態にするため

 

透水性を調べる検査。直径15cm深さ20~30cm程(樹種によって変わりますが今回は元々深く掘れているので30cm程)に何回か水を注ぎ、水が浸み込む時間を測ります。

 

土壌の硬さを調べる検査。硬度計なる測定器具をゆっくりと土に挿して抵抗値を見ます。

 

ph測定器を地面に挿して測定します。デジタルは簡単ですね。造園樹木ではph4.5~8.0の間であれば問題なし。草花や野菜などは個別な値があります。

 

3項目を測定し、植栽土壌としていずれも問題ありませんでした。試験結果をレポートにまとめて、このまま使えそうな土壌ですよと報告。

適量埋め戻して、追加する土(客土)には改良を施しまして、植え付けることになりました。

今回は専用機材を使用しましたが、透水試験にはただ穴を掘って水を流し状態を見てもいいですし、硬度計やph測定器はインターネット等で安価に手に入りますので、個人様でも測定できると思います。気になる方は測ってみて改良のヒントにしてみてください。

 

++++++++++++

 

今回は地下に埋もれて見えない部分にもうひと技、施しています。

地下支柱です。

3mを超える木を植えた場合、根付きやすくするために支柱を施します。

支柱はとても大切。

支柱をせず木が揺さぶられると、折角伸びた新しい根が切られてしまうことになりかねません。運が悪いと台風や嵐などの強風にあおられ倒れてしまうかも。最近の台風の威力はハンパないですから。

強い風に当たらない場所なら、自力で根を張る方がいいので、支柱は要らないかもしれません。そうでなければ普通は支柱をすることをおすすめしています。

大抵、竹や丸杭などを用いて固定することが多く、何だったら木より目立ってしまうことも。取り付けた支柱が腐る頃には根付いてるので、それまでは付けっぱなしにしていただいています。ですので3年以上は支柱がある状態です。

大事なことは分かるんだけど、見た目がイマイチ。不自然なんですよね。

今回は店舗なので、見た目も非常に大事です。そのお店を訪れるお客様に、非日常的な特別な雰囲気を提供したいとお考えなのに、支柱ばかりが目立ってしまってはナンセンスです。そこで見えない支柱「地下支柱」をとリクエストされました。

 

根の大きさに合わせた地下支柱の機材。四方から根を挟んで特殊なテープで強固に固定します。そして埋め戻すと、木自体の重さと土の重さも加わり、もうびくともしません。

 

3m以上の高木がたっくさんあるので、全部に地下支柱をするのは大変です。でも、慣れれば竹の支柱とそんなに手間は変らないような印象です。

一度取り付けると取り外しは恐らく出来ませんが、根の成長を阻害する程の物でもありませんので、そのままで大丈夫でしょう。部分的に腐るような素材を採用している地下支柱もあります。

値段は竹支柱の何倍もしますから、誰もかれもとはいきませんが、見た目重視の方にはいい商品ではないかと思います。

 

地下支柱を取り付け完了。水をたっぷりやって機器が見えないように埋め戻します。

 

見えない部分にお金をかけて下さっているこちらの店舗様。

お店を訪れた方は「こんな大きな木、支柱がないのは何故?倒れない?大丈夫かな?」なんて、普通は考えないでしょう。

ただただ自然な眺めを楽しんでいただけるのではないかと思います。

秘すれば花なり、ですね。

 

 

鎮静の青花

梅雨の最盛期を迎え、ディスプレイガーデンの前庭では青い花が次々と咲いています。

今の時期主役の秋色アジサイの青に合わせて選んだ花たち、青といっても純粋な青花は滅多になくて、厳密には青紫なのですが。

青や紫の花を見ると、涼しさ・爽快さを感じると同時に、落ち着きを感じます。鎮静効果があるんですね。葉の緑には同じ様に精神を安定させたり身体を癒す効果がありますので、青や紫の花を咲かせる植物を見ると相乗効果でとても心が静まります。

実際、前庭を手入れしているとそんな色の鎮静効果をとても感じます。葉や花の柔らかな感触、湿った土の香りと共に上品なフジバカマの香りが漂って。五感は研ぎ澄まされているのだけれど、心や頭はとても静か。

慌ただしく先の段取りばかりしている私に「今を生きて」と植物が言ったような気がします。

 

++++++++++++

 

今年は、秋色アジサイ「マジカルシリーズ(ブルー系)」がたくさん花をつけてくれました。

昨年は弱剪定にとどめましたので、樹高葉張りともにこんもり茂って、花芽も沢山ついたみたい。嬉しいな。

 

 

秋色アジサイという品種は元々切り花として作られた品種だそうで、枝が太くしっかりしています。名にあるように花色がシック(秋色)に変化するのも特徴的なのですが、それを愛でようとすると来年の花が少なくなってしまいます。

秋色の花と来年の花付きとを天秤にかけて、色々と試行錯誤してきましたが、今は来年の花付きを優先させて、他のアジサイ同様7月中には切り戻しています。秋色は切り花として僅かですが楽しめています。

 

 

紫陽花は今月中旬には切り戻さねばならないので、お楽しみはあとわずか。思い残すことなく愛でようゾ。

 

 

++++++++++++

フウロ草「ブルーサンライズ」が今年もふんわり咲いて。昨年の眺めとほぼ同じですけれど。

 

ブルーサンライズは黄緑色の葉なので青花が沈んで見えないという素晴らしい品種です。

 

本当にかわいくてねぇ。

 

青系の花は、他にも斑入りのギボウシやサルビア・ネモローサ・カラドンナが見頃です。

そのうちバーベナ・ボナリエンシス(三尺バーベナ)も咲くはずなんですが。

 

斑入りの葉のギボウシ。薄紫の花が楚々と咲いて。

 

庭で沈みがちな青を見えるようにするためには、白や淡いグレーなどの背景が欠かせません。

白い穂を上げるグラスも何気に青を目立だせる役目があります。

細かな計算が必要な厄介な青花、でもほとんどの人が好きな色なんですよね。

 

サルビアネモローサ、どんどん咲きますので、しょっちゅう切り戻しています。

 

熱海市で発生した土石流災害に心を痛めています。

熱海は5年前、2016年の夏に旅した場所。災害が起こった場所の近くも通ったように記憶しています。

海と山が近くて青と緑がいっぱいで、急な坂が多い土地という印象が残っています。とても癒されたあの場所がいま酷い状況に…。

行方不明の方の発見が進みますように、そして救助作業や復興作業をされている方々の安全を祈ります。

 

 

花生けのお仕事より(6月のまとめ)

ディアガーデンではお庭づくりや外構工事といった建物の外回りのお仕事だけでなく、植物に関するご要望に広くお応えすべく、インテリアプランツの納品や装花室礼といったお仕事も受け賜わっております。

そんな流れで、本年度より株式会社仁々木さまの京都祇園本店に毎月数回お花を生けに通っています。今日はそんなお仕事より6月のまとめをご覧いただきます。

○過去の事例はコチラ→1月2月3月 / 4月 / 5月

 

++++++++++++

 

緊急事態宣言中は営業を自粛されていた仁々木祇園店様。解除後の21日より営業を再開されるのに合わせて、花生けに伺うことが出来ました。

またいつ宣言が出るかも分からない中、お商売にひたむきなお姿を拝見し、私も少しでも貢献できればと思います。

これからも一枝一枝心を込めて活ける所存です。

 

6月中旬【盛り花】

6月の花といえば、やはり紫陽花は欠かせません。

湿気を纏いむせかえるように茂る緑の中にのぞく清らかな青・・・そんな今の時期のお庭や野にある風景を切り取るように活けてみました。

敢えて葉を多めに緑濃く濃く。

 

緑多め。野にあるような紫陽花です。ガラスの器が涼し気。ツワブキの葉は花壇から。

 

6月中旬【掛け花】

私は庭や野の景色を写す花生けが好きです。

それはたぶん庭作りが本業ということもあって、お花屋さんで花を選ぶとき自然とそんな風景が浮かんでくるから。

また、私の花生けのスタートが、自然や草木に対する慈しみの心が礎となる「嵯峨御流」という流派であることも関係しているのかもしれません。

そんなことで、今回の花材には山裾などでよく見る山牛蒡を選んでみました。

秋に毒々しい黒紫色の実をたわわに生らす山牛蒡、今の時期はまだ小さな蕾をほころばせたばかり、実がついていても青くて、まるであどけない少女のようです。

茎のうねりもそのままに活けて。

 

ほんのり紅が入る茎はあの妖艶な実を連想させますが、今はまだ少女のような奔放さある佇まい。

 

 

6月下旬【盛り花】

頻繁に活け変えられないこともあり、すぐ萎れる花より長持ちする葉や枝を生かした方が綺麗に保てるので、夏場は枝物が多くなりそう。

この回はそんな枝物の中でブルーベリーを選んでみました。

 

ブルーベリーの枝をざっくり束ねて。

 

現在、仁々木様の主力商品であるフルーツ大福「菓実の福」にブルーベリーを使った「ブルーベリーの福」が店頭に並んでいます。

(公式サイトでチェックしてみてくださーい。コチラです→「菓実の福」)

熟した大粒のブルーベリーがゴロゴロ入ったムース仕立ての爽やかなフルーツ大福、私も何度かいただきましたが、冷凍のものを半解凍してアイス感覚でいただくのがおススメです♡

お店に来ていただいたお客様に、ブルーベリーってどんな木なのか?どんな風に生っているのか?お話ネタになればいいなぁ、なんて。

 

遠目は何の実か分かりにくいのですが、近づいてよく見ると、コロンとした特徴あるこの形、ブルーベリーって分かると思います。上手く熟すと食べられるかも?!

 

 

6月下旬【掛け花】

今日から7月がスタート。季節は七十二候でいうところの「半夏生(はんげしょうず)」へ。

半夏が生えはじめる頃で、田植えを終わらせる目安にされてきました。

そんな季を映すように半夏生を掛け花として活けました。

葉の半分が白く染まって化粧しているみたいなので「半化粧」なんて書くこともあるそう。とにかく涼しそうな植物です。

参考までにブログで半夏生について詳しく書いた回はコチラ→「半夏生の景色

 

葉の上部分が真っ白な半夏生。

 

水辺に群生する半夏生の様子。ここは南禅寺界隈に建つ金地院。

 

これから梅雨が明けたときの暑さを想像するだに恐ろしい。

7月生まれなのに夏が一番苦手というワタクシ。

また一つ年を重ねることも、蒸し暑さも、避けられないので・・・汗をかくことも嫌いなんだけど、

大人のやせ我慢というか、

自分自身が暑苦しい存在にならないようにね。

何でもない顔して乗り切ってやろうじゃないの。